鬼滅の刃時任無一郎性格が悪い理由!記憶喪失の過去についても

鬼滅の刃に登場する霞柱、時透無一郎。

刀鍛冶の里編では、上限の鬼を一人で倒すという偉業を達成。

しかし、性格に問題があり刀鍛冶の里に住む少年小鉄にひどい言葉を浴びせていました。

今回は「時任無一郎性格が悪い理由!記憶喪失の過去についても」と題して無一郎について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

「鬼滅の刃」時透家とは?両親は死亡してしまう

それでははじめに時任無一郎の家系や両親について解説していきます。

時透家について

鬼滅の刃で出てくる時透家とは、いったいどんな家系なのでしょうか?

時透家とは、鬼滅の刃で柱を務めている時透無一郎の家系になります。

物語の最初では家系について特に触れられていませんでしたが、物語が進んでいくとともに始まりの呼吸を使う剣士の子孫であることが明らかになりました。

また、黒死牟は最強の剣士である緑壱と双子で剣術の天才と呼ばれている人物なので、その子孫である無一郎が天才なのも納得だといえます。

無一郎の両親は死亡してしまう

そんな無一郎は、父親と母親、双子の兄の4人で暮らしていましたが、母親は肺炎、父親は薬草を取りに行って崖から転落、兄は鬼によって殺され死んでしまっていました。

最終的に無一郎以外の家族はすべて死んでしまったので、無一郎にとっては非常に辛い過去になったでしょう。

 

 

「鬼滅の刃」性格のきつい兄有一郎とは?

 

無一郎には双子の兄(有一郎)がいるのですが、どのような人物なのでしょうか?

有一郎は「情けは人の為ならず。誰かのために何かしても、ろくなことにならない。」といった発言や無一郎にきつく当たっていることから性格がきついと言われています。

また、無一郎のことを楽観的すぎると叱っている場面や「無一郎の無は”無能・無意味”」と言っていることからも性格がきついと感じる方が多かったようです。

本当は弟思いの兄

しかし、有一郎が鬼に殺されてしまったときに「神様…仏様…どうか弟だけは助けてください」「弟は俺とは違う心の優しい子です」といった言葉を残しています。

これにより、有一郎は無一郎のことを大切に思っていたこと、無一郎に冷たく当たっていたのは無一郎を守ろうとしていたからだということが明らかになりました。

最初の有一郎の様子を見るとただ関係が悪いと感じる方もいたようですが、死ぬ間際になって有一郎の本心は無一郎のことを大切に思っていたことがわかります。

 

「鬼滅の刃」時任無一郎記憶喪失の過去

無一郎は作中できつい発言をしていることや他のことを考えていることが多いのですが、これは記憶喪失になっていることが原因です。

では、この記憶喪失になった原因は何なのでしょうか?

無一郎が記憶喪失になってしまった原因には、兄の死が関係しています。

 

無一郎と有一郎は両親が死んでから2人で過ごしていたのですが、ある日、家に鬼が来たことによって有一郎は襲われてしまいます。

ここで、無一郎は有一郎が侮辱されたことで怒りを爆発させ、鬼を殺すのですが、有一郎はボロボロの状態になってしまい、最終的には死んでしまう結果になりました。

この時、無一郎もボロボロの状態だったのですが、ギリギリのところで「あまね様」に助けられたことで命は助かったようです。

しかし、実際に兄に蛆がわいて死んでいく様子を見てしまったショックは相当なものだったようで、このショックにより無一郎は記憶喪失になってしまいました。

 

炭治郎の言葉と小鉄を救ったことで記憶が戻る

 

記憶喪失になってしまった無一郎でしたが、炭治郎たちと関っていくことによって記憶が戻っていきます。

まず、最初のきっかけとして炭治郎との会話があります。

ある会話の中で、炭治郎が他の人を助ける様子を見て「なんでそんな人にかまうの?」と質問しました。

それに対して炭治郎は、「人にすることは結局、巡り巡って自分のためになるものだし…」と言いました。

この言葉は有一郎の「情けは人の為ならず…」という言葉に対して無一郎が言ったセリフと同じであったため、無一郎は炭治郎の言葉に大きく反応します。

しかし、そのすぐ後に刀鍛冶の里を襲った上弦の鬼との戦いになってしまい、無一郎が炭治郎と話すことはできませんでした。

また、この戦いの中で無一郎は刀鍛冶の見習いの小鉄が鬼に襲われているところを目にしますが、上弦の鬼を倒すことを優先しようとします。

しかし、ここでも無一郎は炭治郎の言葉を思い出し、小鉄を助け出したのでした。

今までの無一郎であれば小鉄を見捨てて上弦の鬼に戦いを挑んでいたと考えられますが、炭治郎の言葉によって無一郎の考えや気持ちの変化があったと考えられます。

その後も無一郎は小鉄と一緒に上弦の鬼と戦うことになるのですが、ここで無一郎は水でできた壺に閉じ込められてしまったことで呼吸も使えず、絶体絶命な状況になりました。

最終的には小鉄の助けによって無一郎は助かるのですが、無一郎は壺に閉じ込められていた時に過去の記憶を思い出していました。

これにより、無一郎は完全に記憶を取り戻し、さらに強くなって上弦の鬼を倒します。

(※炭治郎の言葉は無一郎の父のが言っていた言葉と同じ)

「鬼滅の刃」時任無一郎性格が悪い理由!

 

 

記憶喪失になっていた時の無一郎は、きつく当たっていることがあったことなどから性格が悪いように見られていました。

しかし、その性格はどこか有一郎に似ているように見えたため、無一郎の性格は無意識に有一郎のことを真似していると考えられています。

そのため、無一郎は記憶喪失の時には無意識のうちに兄を求めていたのかもしれません。

また作中でも無一郎は「記憶のない時の自分は兄に似ていた気がする」と言っており、言葉がきついのは少なからず有一郎の影響を受けていたと考えられます。

 

まとめ

今回は「時任無一郎性格が悪い理由!記憶喪失の過去についても」と題して無一郎について解説しました。

  • 無一郎は始まりの呼吸を使う剣士の子孫である
  • 無一郎は父と母を亡くし双子の兄も鬼に殺されてしまった
  • 兄の有一郎は無一郎にきつく当たっていることから性格がきつかった
  • 有一郎が無一郎にきつく当たっていたのは無一郎のことを大切に思っていたから
  • 無一郎は兄との死のショックとケガにより記憶喪失になってしまった
  • 無一郎は炭治郎の言葉と小鉄を救ったことで記憶が戻る
  • 無一郎の性格が悪いのは少なからず有一郎の影響を受けていたからだと考えらる

 

スポンサーリンク
鬼滅の刃
スポンサーリンク
あなたにおすすめ

なっちゃんをフォローする
なっちゃんのブログ

コメント

PAGE TOP