鬼滅の刃上弦の参は最後誰が倒す?アカザ死亡は何巻何話

鬼滅

鬼滅の刃で煉獄を倒した人物として登場する上弦の参、猗窩座(あかざ)

鬼滅の刃【映画】無限列車編では、そんな猗窩座の最後については描かれていません。

映画では逃亡し、炭治郎からは「逃げるな卑怯者!」と罵られイメージの悪いキャラになってしまいました。

そのためこの記事では、そんな強敵猗窩座は最後誰が倒すのか?

猗窩座が死亡するのは何巻の何話なのか?といった疑問について解説していきます。

猗窩座の最後について気になる方は、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

スポンサーリンク

鬼滅の刃上弦の参は最後誰が倒す?

無限列車編での最後は、日光から逃げた猗窩座でしたが、最後は誰に倒されるのか解説していきます。

上弦の参と戦うのは炭治郎と富岡

上弦の参である猗窩座と戦うのは、いったい誰なのでしょうか?

これに関しては、最初に戦うのは煉獄ですが、猗窩座を倒すのは炭治郎と富岡義勇となっています。

ここでは、猗窩座VS炭治郎&富岡義勇の対決について解説していきますね。

煉獄を死に追いやった猗窩座ですが、そんな猗窩座に炭治郎と富岡義勇は無限城で再び遭遇します。

そこで猗窩座と炭治郎たちの戦いが始まりますが、最初は猗窩座が炭治郎と富岡義勇を圧倒しました。

しかし、追い詰められている中で富岡義勇に痣(あざ)「強さの証で痣が出現していると上弦の鬼と並ぶほどの強さを引き出せる」が出現。

富岡義勇に痣が出現したことで2人の反撃が始まり、その中で炭治郎は猗窩座が「闘気」を察知していることに気づきます。

その後、炭治郎は「闘気」を消すことに成功し透明の世界に到達したことで、猗窩座の首を斬ることに成功しました。

通常、鬼は首を落とされると死んでしまうのですが、猗窩座は首を強引に接合しようとしたり、再生させようとしたりします。

では、これほどしぶとい猗窩座にとどめを刺したのはいったい誰なのでしょうか?

次は猗窩座の死因について解説していきますね。

上弦の参は最後自決する

上弦の参(猗窩座)は、どのように死んでしまうのでしょうか?

これについては、猗窩座が自ら死を選んでいる(猗窩座の自決)であることがわかっています。

先ほどの解説のとおり、猗窩座は炭治郎の手によって首を斬られてしまいました。

首を斬られた猗窩座は、首をつなげようとしたり首を再生させようとすることで別の何かになろうとするといったようにしぶとく抵抗。

しかし、そんな時猗窩座の前にある娘が現れ、戦いをやめるように言います。

その時猗窩座はその娘が誰なのかはわかりませんでしたが、それは過去に猗窩座の婚約者でもあった恋雪だったのです。

恋雪と猗窩座の関係は次のようになっています。

恋雪とは、猗窩座が人間のときの婚約者で結婚を目前に毒殺をされ死んでしまった女性です。

そして猗窩座は、恋雪を殺した犯人たち67人を素手で全員殺したことで、無惨に目を付けられ鬼にされていました。

その思い出を思い出した猗窩座は、自ら死ぬことを選び自害したことで、無惨の呪いから解放されて死ぬことができたようです。

このことから、猗窩座を殺したのは猗窩座自身であるということがわかりますね。

上弦の参アカザ死亡は何巻何話

ここでは猗窩座の死亡は原作漫画では何巻何話なのか、また猗窩座の評価について解説していきます。

アカザ死亡は何巻何話

悲しい過去を背負って鬼になった猗窩座でしたが、猗窩座の死亡シーンは何巻の何話で見ることができるのでしょうか?

この疑問についてですが、猗窩座の死亡シーンは18巻の156話で描かれていることがわかっています。

しかし、18巻156話は完全に猗窩座が消滅してしまう場面が描かれている部分で、猗窩座との対決は17巻から始まりました。

特に18巻では、猗窩座の過去や感動的な再開についても描かれていますので気になる方やもう一度見たい方は、ぜひ17巻からご覧になってみてくださいね。

猗窩座の評価は賛否両論

猗窩座の評価は賛否両論なのですが、どんな意見があるのでしょうか?

まず、良い評価に関しては猗窩座の過去があまりにも悲しいもので同情してしまったり、戦闘がかっこいいところが人気の理由にあるようです。

猗窩座の過去については、婚約していた女性と慕っていた師匠を毒殺されて絶望するといった非常に悲しい過去を背負っています。

また、かっこいいといった声に関しては、純粋に強さを求めていることや女性を食べるといったことを避けているといった「生き方」がかっこいいといわれているようです。

次に猗窩座の批判的な声については、「煉獄を殺したから」といった理由がほとんどでした。

猗窩座は、煉獄や炭治郎が戦いが終わって一息ついているところに突然現れて煉獄と戦った後、殺しています。

煉獄は人気なキャラクターであったこともあり、猗窩座が登場した時には印象が最悪だったようです。

そのため猗窩座に批判的な意見を持っている方は、猗窩座の過去を見ても煉獄を殺したことが忘れられなかった方なのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、猗窩座は誰が倒すのか?といった疑問や猗窩座の評価について解説していきました。

鬼でありながら人気の登場人物である猗窩座については、他の記事でも解説していますので気になることがある方はぜひ他の記事もご覧になってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

当ブログでは、鬼滅の刃に関する気になる情報を下記にまとめています。

また電子書籍でお得に漫画を読めるサイトも紹介しています。

※登録は簡単、3分で完了します。

\続きが気になる方は電子書籍で読もう/

「鬼滅の刃」漫画を安くまとめ買いする方法!電子書籍のおすすめサイト

>>>関連記事こちらもオススメ!

鬼滅の刃宇髄天元は誰と戦う?倒した・戦った鬼についても

鬼滅の刃宇随天元の奥さん(嫁)は死亡?なぜ3人・雛鶴まきを須磨の身長年齢声優は?

鬼滅の刃俺は煉獄のようにはできねぇの意味は?煉獄と重なる・関係についても

鬼滅の刃宇随天元の性格は優しいしかっこよすぎ!優先順位・命の順序についても

鬼滅の刃宇髄天元はなぜ鬼殺隊に?親や兄弟何人・過去は漫画何巻なのかについても

鬼滅の刃宇髄天元派手にの口癖はなぜ?爪の色やピアスの数・目のマークの意味は?

鬼滅の刃遊郭編で宇随天元は死亡する?なぜ引退したか理由とその後についても

鬼滅の刃堕姫の人間時代や最期は死ぬ(死亡)?だきは弱いのに柱7人殺している

鬼滅の刃宇随天元は失明し左腕切られるがねずこが解毒!能力や実力・鬼殺隊に入った理由

鬼滅の刃宇随天元の最後・ラスト結末はどうなる?若い頃など過去についても

鬼滅の刃宇随天元が鬼殺隊を辞める・離脱理由とその後は?声優の小西克幸についても

鬼滅の刃・堕姫や梅の意味や由来は?だきの花魁の名前・年齡や美人で可愛いの評判も

鬼滅の刃堕姫の髪の色はなぜ黒から銀に?血鬼術や能力・仕事をしていたのかについても

鬼滅の刃梅(堕姫)は侍をかんざしでなぜ刺した?兄牛太郎との最後についても

鬼滅の刃花魁の鬼堕姫(だき)の人間だった頃と最後は?梅の名前の由来と性格についても

鬼滅の刃煉獄の父親はなぜクズ親父?煉獄しんじゅろうの強さ年齢・死亡についても

鬼滅の刃無限列車炭治郎の精神の核で光る小人6人が家族の理由は?伊之助善逸の夢についても

鬼滅鬼滅の刃煉獄杏寿郎の声が大きいのは耳が聞こえないから?いつも笑ってる理由も

鬼滅の刃煉獄死亡は伊之助のせい?煉獄や柱の呼び方・あだ名についても

鬼滅の刃無限列車伊之助が目覚めた・起きた理由は?かっこいい活躍や最後についても

鬼滅の刃魘夢(えんむ)は誰に殺された?倒した技はヒノカミ神楽

鬼滅の刃魘夢(えんむ)人間だった頃は?なぜ鬼になった血気術についても解説

鬼滅の刃魘夢死に際の最後のセリフは悪夢だ!死因や死亡シーンについても

鬼滅の刃下弦の壱魘夢は列車と融合してトーマス化!目の色や文字についても

魘夢はドsでサイコパス!無惨のパワハラ会議で下弦の鬼の中で生き残った理由は?

鬼滅の刃魘夢(えんむ)鬼になる前の前世は?血鬼術・技の名前についても

鬼滅の刃魘夢(えんむ)苦労したのにかわいそう!ビジネスで捉えると準備が凄い

鬼滅の刃映画無限列車で上弦の参あかざ死亡?なぜ突然煉獄の前に現れた?

鬼滅の刃童磨(どうま)と魘夢は似てるけど関係は?ヒソカや真人の共通点についても

鬼滅の刃魘夢の美人でかわいい魅力は?男女の判別は上半身で分かる

鬼滅の刃上弦の参は最後誰が倒す?アカザ死亡は何巻何話

無限列車猗窩座(あかざ)の過去と人間の時の名前は?鬼になった理由についても

鬼滅の刃えんむの声優がすごいし上手い!ねんねんころりのセリフの意味が怖い

猗窩座が煉獄を勧誘した理由!杏寿郎との関係・会話とセリフの全文についても

鬼滅の刃猗窩座の術式展開は呪術廻戦の領域展開に似てるしパクリ?刺青の意味も

鬼滅無限列車猗窩座(あかざ)その後どうなる?誰に負けるのかについても

鬼滅の刃無限列車編最初の鬼2匹は誰の夢?煉獄の夢はなぜ悲しい内容なのか?

無限列車あかざ猗窩座の技は花火?雪の結晶が術式展開の理由

魘夢時間稼ぎの理由と死因は?縄を日輪刀で切ると廃人に最後のセリフについても

魘夢と部下三つ編みの少女の関係は?名前や声優・嫌いと言われる理由についても

下弦の壱魘夢の声が気持ち悪いし嫌い!好きな人はいる?えんむの声優平川大輔についても

スポンサーリンク
鬼滅の刃
スポンサーリンク
あなたにおすすめ

なっちゃんをフォローする
なっちゃんのブログ

コメント

PAGE TOP