鬼滅の刃煉獄の父親はなぜクズ親父?煉獄しんじゅろうの強さ年齢・死亡についても

鬼滅の刃

鬼滅の刃無限列車編の回想と最後の場面、入場特典で貰えた煉獄零巻に父親である槇寿朗が登場します。

柱まで上り詰めた父親の槇寿朗(しんじゅろう)は、なぜ酒浸りのクズ親父になってしまってしまったののでしょう?

また槇寿朗の強さや年齢、死亡するのかについても合わせて解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鬼滅の刃煉獄の父親はなぜ酒浸りのクズに?

ここでは煉獄の父親である槇寿郎(しんじゅろう)の紹介と、なぜ酒浸りになってしまったのか解説していきます。

煉獄の父親槇寿郎とは?

煉獄杏寿郎の父、槇寿朗は息子と同じく鬼殺隊の元炎柱でした。

見た目は息子そっくりで、着物の着方はだらしなく無精髭を生やしていました。

実力は柱になっているくらいなので、かなりのもので剣術も相当な腕だったと思います。

しかし現在は酒浸りで息子の努力を認めないダメ親父となってしまい、命をかけて炭治郎や乗客を守った息子をくだらないと侮辱しました。

『たいした才能もないのに剣士などになるからだ!だから死ぬんだ!』と言い、炭治郎と殴り合いの喧嘩に発端します。

杏寿郎は命を失いながらも炭治郎や善逸、伊之助、乗客全員を救い出しました。

かっこいい勇姿を見みせてくれたにも関わらず、そんな煉獄さんの実の父から侮辱される言葉が出たら、さすがの炭治郎でも怒ります。

現役時代は強くかっこいい父親だったのですが、あるきっかけが原因で酒浸りのクズになってしまいます。

なぜ、そうなってしまったのかは次の項目で解説します。

煉獄の父親なぜ酒浸りのクズになったのか?

煉獄家に伝わる炎柱の書を読んだことが、酒浸りになった一つの原因とされています。

始まりの呼吸の使い手『継国縁壱(つぎくに よりいち)』の存在と実力差を知って痛感しました。

頑張っても縁壱ほどの剣士にはなれず、彼でも首を切ることができなかった鬼舞辻無惨にら到底勝てるわけもないと絶望し、戦意を失ってしまいます。

また妻の瑠火を同時期に病で亡くして、使命も任務も放棄して酒に逃げるようになりました。

自分の無能さに打ちのめされたとき、追い討ちをかけるように最愛の妻が病死してしまいました。

そこからというもの今まで息子の杏寿郎と千寿朗に教えていた剣術も教えることはなくなり、むしろ二人の努力を否定するようになります。

剣士の頃の風格はなく四六時中お酒を飲んで、息子達の努力を否定し堕落する毎日を送っている父親はクズとしか思えません。

しかし、炭治郎が伝えてくれた杏寿郎の遺言によりもう一度、元柱としての誇りを持ち護衛の任務に就きます。

煉獄の父親しんじゅろうの強さ年齢・死亡についても

ここでは、槇寿郎(しんじゅろう)の強さと年齢を考察、そして彼は最後どうなってしまうのか解説していきます。

槇寿郎(しんじゅろう)の強さと年齢を考察

槇寿朗の強さは現役時代は鬼殺隊である炎柱に所属しており、現在の柱と同等とレベルだとされているのでかなり強いと思います。

下弦の弐・佩狼(はいろう)を退けている実績もありますが、実際のところは酒瓶片手に任務についていました。

いつでもトドメを刺せる状態まで追い込みながらも延々といたぶってるうちに、隙を突かれて逃げられてしまったことがあります。

これは鬼殺隊の剣士としては大変な失態だったことでしょう。

また剣術スキルも相当なもので、見習い剣士達に自らの技を熱心に教えていました。

煉獄を侮辱され怒った炭治郎と殴り合いの喧嘩になったが酒飲んでる割に、現役の鬼殺隊に劣らない強さを見せつけました。

槇寿朗の年齢についてですが。時代背景的に男性が夫として子供を授かる年齢が20代半ば頃です。

このことから推測すると、杏寿郎が20歳なので槇寿朗は40代後半くらいだと考えられます。

槇寿郎(しんじゅろう)は死亡してしまうのか?

情熱の柱として任務を全うしていた槇寿朗ですが、現役を退いてからは酒浸りの毎日でした。

別人のようになっていく父を間近で見ていた杏寿郎でしたが「偉大な父親」「尊敬すべき先達」としてずっと敬意を払っていました。

「何が父上を変えてしまったのか」「どうしてそれを教えてくれないのか」と疑問がある一方で、幼い頃の自分や千寿朗、後輩の鬼殺隊達に熱心に稽古をつけてくれた父を「いつかきっと立ち直ってくれる」と信じ続けました。

無限列車編の最後、上弦である猗窩座との戦いで命を落とした杏寿郎は「体を労わってほしい」という遺言残しました。

槇寿朗は、その言葉を炭治郎から伝えられ自らを省みました。

その後は引退した身ではありますが、元炎柱として鬼殺隊に協力し宇髄と共に産屋敷輝利哉の護衛などをこなししました。

そして槇寿朗は最後まで死ぬこともなく、無惨を倒した炭治郎のところにも恥ずかしそうに見舞いに来ている様子が描かれていました。

まとめ

今回は、煉獄杏寿郎の父である槇寿朗について解説しました。

縁壱の存在や愛する妻の死でかなり落ちこぼれてしまった槇寿朗ですが、実力があり息子思いで自らの剣技を一生懸命授けようとしていた姿は父親そのものでした。

息子思いだっただけに、杏寿郎の死はかなりショックだったのではないでしょうか。

杏寿郎や妻も亡くしているにも関わらず、護衛として再び責務を全うしていく姿は、やはりかっこいい父親として千寿朗の目には映ると思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント

PAGE TOP