鬼滅の刃堕姫の髪の色はなぜ黒から銀に?血鬼術や能力・仕事をしていたのかについても

鬼滅の刃

鬼滅の刃【遊郭編】に登場する十二鬼月の上弦・陸である堕姫(だき)は、素晴らしい美貌に加え美しい髪をしています。

その髪色が途中で、黒から銀に変わったことに疑問を持った方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、なぜ髪の色が変わったのか?また堕姫が使う血鬼術や能力、どんな仕事をして生活していたのかについても解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鬼滅の刃堕姫の髪の色はなぜ黒から銀に?

ここでは堕姫の髪の色が変わった理由、そして覚醒して色が変わったのは原作漫画の何巻何話なのか解説していきます。

堕姫の髪の色はなぜ黒から銀に?

堕姫のしている髪型は実際に似たようなものがあり、日本髪、新日本髪などと呼ばれています。

その名前の通り、日本で古くからある髪型です。

堕姫は蕨姫(わらびひめ)として人間界に潜んでいる時は黒髪をしていましたが、本来の堕姫の姿は銀髪をしています。

堕姫は自分の分身を帯の姿に変えて遊郭の花魁(おいらん)達をさらうために、遊郭のいたるところに帯を潜ませていました。

蕨姫が黒髪の時は分身達が離れていて、能力が欠けている状態なのです。

鬼としての力が完全になるには、全ての帯を吸収する必要があります。

自身の分身である帯をすべて吸収したことで本来の姿になるのため、黒から銀髪になったのです。

その際に、ヘアカラーも黒一色から一気にシルバーに変化します。

覚醒して色が変わったのは何巻何話?

10巻『人間と鬼』第80話『価値』で堕姫は覚醒して、髪色が黒から銀へと変わります。

遊郭中に分裂していた帯が、身体に戻ることで完全状態へ変化します。

完全体になった堕姫を炭治郎は危ないと悟り、仕留めようとして斬りかかりますが、硬度や反射速度が段違いに強化されているので難なく回避します。

戦闘中に建物から『何をしているんだ』と出てきた男性にうるさいわね、と帯を操り建物や人を斬りつけます。

『醜い人間に生きてる価値なんてないんだから仲良くみんなで死に腐れろ』

と言う堕姫に対して炭治郎は怒りをあらわにし、秘技であるヒノカミ神楽で攻撃をしかけます。

散りばめられていた帯を集めることで、自らの身体が完全体に戻り髪色も変わるのはびっくりしました。

堕姫の血鬼術や能力・仕事をしていたのかについても

ここでは堕姫の能力や血気術、そして遊郭でどのように仕事をしていたのか解説していきます。

堕姫の能力や血気術

堕姫の血鬼術は帯を自由自在に操ったり、変化させたりできる能力があります。

炭治郎が使う日輪刀の刃を、かける程の硬さの帯を作り出し攻撃することも可能です。

操る帯の中に人間を閉じ込めておくこともでき、さらに帯は遠隔で操作することもできるので人間を閉じ込められる特性と合わせて、堕姫は人間を食糧として保管していました。

遠隔操作している帯を本体に戻すことで、堕姫は黒髪から白髪の姿に変化させることもできます。

分身している全ての帯は、自身の体の一部なので全てが集まると硬度や反射速度、攻撃力が今までとは比べ物にならないほど強くなります。

攻撃面では、刃物のような鋭い8本の帯で敵の退路を塞ぐように斬り裂く「八重帯斬り」という技も繰り出しています。

無数の帯を交差させ、逃げ場を封じた上に無数の斬撃で攻撃する必殺技です。

恐ろしいことに、堕姫の首を斬っただけでは死なず、兄の妓夫太郎(ぎゅうたろう)と同時に首を斬らなければ死なないという特殊な体質があるため、数多くの柱や鬼殺隊を倒してきました。

堕姫は遊郭ナンバーワンだった

堕姫は堕姫(おちたひめ)という名前のとおり、裏では人間を食べている鬼です。

遊郭には様々な事情を抱える人々が集まり、失踪・駆け落ちなど、突如と人がいなくなることは日常茶飯事に起こっています。

人が消えても詳しい捜査が行われない、そんな治安である吉原の土地柄は堕姫にとっては非常に好都合でした。

堕姫はおよそ10年ごとに顔・年齢・店を変えながら、遊郭に潜んで人を食らい続けています。

炭治郎たちが出会ったときは、蕨姫(わらびひめ)という名前の京極屋の花魁でした。

「姫」という名を好んで使う美人だけど性格の悪い花魁と言われています。

気に食わない相手だったりすると、首を傾けて下からにらみつけてくるような仕草をするため高圧的な態度に見えます。

誰もが振り返る様な美人で、笑顔も可愛いので遊郭ではナンバーワンになるほどの実力があったのだと思います。

まとめ

今回は堕姫の髪色の変化と血鬼術の能力、仕事についても解説しました。

各地に散りばめた、帯を集め完全体へと覚醒した堕姫はやはり強かったです。

自らの血鬼術を上手く活かし、人間を食べたり戦闘に役立てたり頭を使い戦っているのだと思いました。

ナンバーワンになる美貌を持っている鬼に相手をされたら容姿でも翻弄されてしまい、かなり苦戦してしまうと思います。

映像化される堕姫はどんな感じになるのか楽しみです。

 

コメント

PAGE TOP