進撃の巨人マーレ人エルディア人をわかりやすく解説!始祖ユミルとは?

進撃の巨人

進撃の巨人で、登場しているマーレとエルディアという勢力は、いったい何なのでしょうか?

また、始祖ユミルという人物は、いったい何をしてきた人物なんでしょうか?

この記事では、そんな疑問について解説していきますのでマーレやエルディア、始祖ユミルについて知りたい方はぜひ最後までご覧になってみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

進撃の巨人マーレ人エルディア人をわかりやすく解説!

ここでは、マーレ人とエルディア人の解説、そして両国の関係について解説していきます。

マーレ人とエルディア人の解説

進撃の巨人で、マーレ人とエルディア人という言葉が登場しますが、このマーレ人とエルディア人とはいったい何なのでしょうか?

まず、マーレ人についてですが、マーレ人とは世界の大陸を支配している勢力のことです。

このマーレ人は、エレンたちが住んでいる島(パラディ島)の外にある大陸のことになります。

次にエルディア人については、エレンたちが住んでいるパラディ島に住んでいる人類と、外の大陸に住んでいる一部の人間ということになります。

このエルディア人は、巨人になる能力を持っているということになり、巨人のせき髄液を注射されることで巨人になったり特殊な巨人の能力を持つことが可能です。

実際、作中で最初から問題視されている無垢の巨人(壁の外にいる3メートルから15メートルの巨人)は、注射をされたエルディア人だということになります。

そのため、マーレ人とエルディア人には、体の仕組みにおいて決定的に違っているということがわかりますね。

両国の関係について

巨人になることができるエルディア人と巨人になることができないマーレ人ですが、この2つの勢力はどのような関係になっているのでしょうか?

この2つの勢力の関係について簡単に解説すると、この2つの勢力は敵対関係にあることがわかっています。

もともと巨人の力が生まれる前にもマーレ人とエルディア人は、争いを起こしており戦争状態にありました。

しかし、そんな時エルディア人は巨人の力を手に入れてマーレ人を追い詰め、ほかの民族とエルディア人の子どもを産ませるという「民族浄化」を行っていたようです。

それに対して、ある時マーレが反逆を起こしエルディア人から巨人の力の9つのうち7つを奪います。

そして、立場が逆転したマーレは大陸を支配し、エルディア人は一部のエルディア人を残してパラディ島に逃げることになったのでした。

そして、エレンたちが生きている時代には、マーレ人が大陸を支配するようになり取り残されたエルディア人は迫害を受けるまでになっているんですね。

また、マーレ人は過去にエルディア人が行った行為によってエルディア人を強く憎んでおり、中にはエルディア人を人間と思っていない人もいるようです。

始祖ユミルとは?

ここでは、始祖ユミルの解説と、ユミルに巨人の力を与えた「大地の悪魔」について見ていきましょう。

大地の悪魔とは?

大地の悪魔とは、進撃の巨人の中で登場する伝説のことで、巨人の力を始祖ユミルに与えたものだといわれています。

これは、作中の中で大地の悪魔と少女が契約を交わしている絵があるので、伝説としては有名なようですね。

この大地の悪魔については、始祖ユミルと子どもを作ったフリッツ王のことではないのか?ともいわれてるようです。

この理由については、フリッツ王が巨人の力を得ていた始祖ユミルを利用し、世界を侵略していったことが理由にあると考えられています。

他にも、始祖ユミルが死んだ後に娘たちにユミルを食べさせて巨人の力を受け継いでいくようにしていたことも理由にあるのだと言われているようですね。

物語の終盤では、人間だったユミルが 「有機生物の起源」と同化ししている描写が描かれていました。

歴史の教科書では、悪魔がユミルにりんごを渡している絵が書いてありましたが実際の「大地の悪魔」はこのムカデの様な生物でしたね。

始祖ユミルとは?

この記事でも作中でも頻繁に登場する始祖ユミルとは、いったい何なのでしょうか?

始祖ユミルとは、最初に巨人の力を手に入れた少女のことを指しています。

この始祖ユミルは、すべての巨人の起源でありながら、すべての巨人の頂点に立つ存在であることがわかっています。

また、始祖ユミルは死んだ後も巨人の能力をもっている人たちに影響を与え続けていたようで、エレンたちの戦いにも大きな影響を与えていました。

そんな、始祖ユミルは巨人の力を手に入れた後、フリッツ王の命令でマーレを侵略していきましたが、最終的には命を狙われたフリッツ王をかばったことで死んでしまったようですね。

そして、始祖ユミルは死んでしまった後もフリッツ王を愛していたことから、死後2千年たった後も愛の苦しみから縛られていたようですね。

しかし、そんなユミルも最終的にはミカサの手によって、縛られていたものから解放されているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、進撃の巨人のマーレ人やエルディア人とは何なのか?始祖ユミルとはどのような人物なのかについて解説していきました。

マーレ人とエルディア人の関係や始祖ユミルについて、理解して頂くことはできたでしょうか?

進撃の巨人については、他の記事でも解説していますので、興味がある方はぜひ他の記事もご覧になってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

PAGE TOP