進撃の巨人エレンが母親を食べさせたのはどうやって?死んだ理由についても

進撃

進撃の巨人の最終話で、エレンの母親であるカルラを食べさせたのは、エレンだという事実が判明しました。

では、エレンはどうやってカルラを食べさせたのでしょうか?また、エレンの母が死んだ理由は何なのでしょうか?

この記事では、エレンが母親を死ぬように仕向けた理由について解説していきますので、詳しく知りたい方はぜひ最後までご覧になってみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

進撃の巨人エレンが母親を食べさせたのはどうやって?

ここではエレンが母親であるカルラをどうやって巨人に食べさせたのか、また食べさせた理由についても解説していきます。

食べさせたのは始祖の力

進撃の巨人の最終巻で、エレンの母親である「カルラ」が巨人に食べられてしまった原因は、主人公のエレンであるという衝撃の事実が判明しました。

しかし、カルラが巨人に食べられていた時エレンは、巨人の力を持っていなかったというのにどうやってカルラを食べさせたのでしょうか?

これについて結論を言うと、エレンがカルラを巨人に食べさせることができたのは、「始祖の巨人」の力が関係していると考えられます。

始祖の巨人とは、巨人の中でも最強の力を持つ巨人で、記憶を操作したり、巨人を操ったりすることができる巨人のことです。

こんなことが可能になったのは、始祖の巨人を通じて「エルディア人(エレンたちの民族)」が何らかの「道」でつながっていることが理由にあるようです。

この能力を使ってエレンは、作中で始祖の巨人の力を自分のものにすることができ、未来や過去に干渉して自分が望む未来になるように仕向けていました。

そのため、エレンは自分の臨んだ未来にするためにカルラを巨人に食べさせたようですね。

エレンの母が死んだ理由

ここではエレンの母親が、死んだ理由について少し深堀りして解説していきます。

食べさせたのは巨人に対する憎悪を抱かせるため

先ほどの解説で、エレンは巨人に母親であるカルラを食べさせたとありましたが、その理由は何なのでしょうか?

これについては、主に3つの理由があると考えられているので、ここでは1つ目の理由について解説していきます。

その理由とは、エレン自身が「巨人に対して憎悪を持つようにしたかったため」というものです。

エレンは、母親を殺されたことで巨人に対して誰にも負けないほどの強い憎悪を持っています。

作中でも、「駆逐してやる この世から 一匹残らず」という言葉や「とりあえず巨人をぶっ殺したい」といったっことを言っていることから巨人に対しての強い憎悪が伝わってきます。

また、訓練兵のときの教官からの評価に「格闘術以外に秀でた目立った特技はないが、他ならぬ努力で成績を伸ばした、人一倍強い目的意識を持つ」という評価までもらっていました。

このことから、エレンが兵士として強くなるために巨人への憎悪が大きな原動力であったため、カルラを巨人に襲わせて、自分自身に大きな憎悪を植え付けたのかもしれませんね。

カルラが食べられ死んだのはベルトルトのせい?

ここでは、エレンがカルラを食べさせた理由の2つ目について解説していきます。

この理由については、ベルトルトが巨人に食べられてしまうことを避けるために巨人をカルラに向かわせたというものです。

ベルトルトとは、超大型巨人で壁を壊した張本人であり壁を破壊した後、巨人化が解除しまいカルラを食べる巨人に襲われそうになります。

しかしエレンは、ベルトルトが死んでしまうと自分が望んでいるような未来にならないため、ベルトルトではなくカルラを食べさせたようです。

これについては、進撃の巨人の最終話でエレン自身が語っているので間違いないですね。

アルミンにも関係が

先ほどの説明で、エレンは巨人に母親であるカルラを食べさせ、巨人に対して憎悪を持つようにしたかったたと解説しました。

それに加えベルトルトが死ぬとエレンが困るというような話をしましたが、その理由はなぜなのでしょうか?

ベルトルトはエレンたちの敵なので、本来であれば死んでしまっても何も問題ないはずだと思ってしまいますよね。

しかし、ベルトルトを食べさせなかった理由には、エレンの親友であるアルミンが深く関係しているんです。

後に、アルミンは超大型巨人であるベルトルトと戦ったことで全身がやけどして瀕死の状態まで追い詰められてしまいます。

その後、巨人になることができる注射で巨人になったアルミンが、ベルトルトを食べたことで力を継承して復活、超大型巨人となって世界を救うことになります。

ここでエレンが、ベルトルトを食べさせなかった理由に戻りますが、エレンにとってはアルミンがベルトルトを食べて力を継承し復活、というシナリオが必要だったのだと考えられますね。

そのため、この戦いの前にベルトルトが死んでしまうと望んでいるシナリオにならないため、壁が壊されたときにはベルトルトを襲わせなかったのだと考えられています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事は、進撃の巨人についてエレンはどうやって母親を食べさせたのか?といった疑問や死んだ理由について解説していきました。

進撃の巨人については、他の記事でも解説していますので興味がある方はぜひ他の記事もご覧になってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

PAGE TOP