メイドインアビス映画の問題のシーンとは?エグいグロをネタバレ

 

漫画だけでなく、アニメや映画などの映像でも視聴することができるメイドインアビス。

そんな、映画メイドインアビス「深き魂の黎明」ではPG12からR15+に変更され15歳未満は見れなくなってしまいました。

映画の問題のシーンには、どのような描写が描かれているのでしょうか?

またメイドインアビスの中で、他にはどのようなエグいシーンがあるのかも気になるところです。

この記事では、メイドインアビスの問題シーンやグロいシーンについてネタバレ解説していきますので、興味がある方はぜひ最後までご覧になってみてくださいね。

スポンサーリンク

メイドインアビス映画の問題のシーンとは?

映画メイドインアビス「深き魂の黎明」の問題のシーンは、いくつかありますがここでは特にグロいとされていいる2シーンについて解説していきます。

クオンガタリのシーン

メイドインアビスの映画の問題シーンとして、ネット上でも多く取り上げられているのがクオンガタリのシーンになります。

そのシーンとは、アビスの大穴に生息しているクオンガタリという生物の幼虫に人が寄生しているシーンです。

クオンガタリは、生物に幼虫を寄生させて苗床にして育てるという性質を持っています。

また、クオンガタリの幼虫はただ寄生するだけでなく、寄生した生物の脳を侵して支配にしてしまうといった恐ろしい生物。

そんなクオンガタリに、別の探窟家が寄生されてしまい脳を侵されていました。

主人公たちが見つけた時には、探窟家はすでにミイラ化しており目からは虫が見えたりと、とにかくグロいシーンとなっていました。

探窟家は生きていながら苗床にされている状態なので、首を振りながら「誰?誰?誰?」とつぶやいていたところも怖かったとの声があります。

しかも寄生した探窟家が死なないように、クオンガタリの成虫が自ら口の中に入り栄養になっていました。

クオンガタリは、生きた人間に寄生し苗床にしていたのでグロすぎて衝撃を受けた方も多かったようです。

レグの人体実験シーン

次に紹介するメイドインアビスの問題シーンは、レグが人体実験を受けているシーンです。

レグは作中で、ボンドルドの部下であるアンブラハンズに強制的に人体実験をされたことがあります。

実際の人体実験のシーンでは、レグは両手両足を縛られた状態で右腕を切断されてしまったり、体内から液体(排尿のようなもの)を取り出している様子がありました。

レグは、目が覚めて右腕がないことに気づくと激痛で悶絶するのですが、それでもなお、アンブラハンズは「腹が見たい」「足もほしい」といった発言をして人体実験を続行。

その後レグはナナチとプルシュカによって助け出されたので殺されることはなかったのですが、人体実験のシーンが生々しかったため、話題になりました。

メイドインアビス映画の問題のエグいグロをネタバレ

映画メイドインアビス「深き魂の黎明」では、プルシュカという新しいキャラが登場します。

そのプルシュカについて描かれた描写がかなりエグくてグロいものでした。

2つのシーンについて解説していきます。

プルシュカが解体されるシーン

メイドインアビスの映画のシーンの中でもっともグロく、エグいといわれているシーンは、プルシュカの解体シーンです。

プルシュカとは、ボンドルドという探窟家に育てられた少女で、アビスの大穴の5層に住んでいます。

そんなプルシュカは、ボンドルドと仲良く暮らしていると思っていたようですが、ボンドルドはプルシュカを利用してカートリッジという道具を完成させることを企んでいました。

カートリッジとはボトルタンクのようなものに、無駄なものを省いた体(脳や臓器など)を入れることでアビスの呪いを肩代わりしてくれる道具です。

しかし、呪いを肩代わりするには使用者とカートリッジの中身になった人の間に強い絆があることが条件になります。

そこでボンドルドは、プルシュカに愛情をこめて接することでプルシュカの愛情が自分に向くように育てました。

そしてついに、プルシュカがボンドルドに愛情を向けていることがわかったボンドルドはプルシュカの体を解体してカートリッジに中身を詰めていくのでした。

作中では、プルシュカの解体シーンがしっかりと描かれており、プルシュカの目線から自分の腕や足・臓器が削ぎ落とされるシーンが描かれていました。

そのため、このシーンを見て「やっぱりメイドインアビスはエグい」と感じた方も多かったでしょうね。

プルシュカが幼少期に呪いを受けるシーン

ボンドルドに解体されてしまうことになったプルシュカでしたが、そんなプルシュカは幼少期にも壮絶な出来事を体験していました。

その壮絶な過去とは、プルシュカが過去にアビスの大穴の5層の呪いにかかっていたということです。

5層の呪いは死ぬことは基本的にないものの、とんでもない負荷がかかることには変わりないので、幼少期のプルシュカは精神崩壊を起こしてしまうことになりました。

実際に精神崩壊してしまったプルシュカの様子も作中では描かれており、グロいとまではいかないかもしれませんが、少々怖い描写になっています。

その後は、メイニャというペットと出会えたことで精神崩壊を克服することができましたが、小さな子どもが精神崩壊している様子を見るのがつらい方も多かったでしょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、メイドインアビスの問題のシーンについて解説していきました。

  • クオンガタリのシーンは人間が生きたまま苗床にされていたため、グロいシーンといわれている
  • レグの人体実験のシーンはグロくとても子供には見せられない
  • プルシュカの解体シーンはエグすぎるため問題シーン
  • プルシュカが幼少期に呪いを受けたシーンもグロくはないかもしれないが少々怖くて不気味

メイドインアビスについては、他の記事でも解説していますので興味がある方はぜひ他の記事もご覧になってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
メイドインアビス
スポンサーリンク
あなたにおすすめ

なっちゃんをフォローする
なっちゃんのブログ

コメント

PAGE TOP