東京リベンジャーズs62世代メンバーの紹介!魁戦についても解説

東京卍リベンジャーズに登場する「S62世代」。

昭和62年世代の6人で構成されていて「極悪の世代」とも言われています。

今回はそのメンバーであるイザナ、武藤、望月、灰谷兄弟、斑目をご紹介しようと思います。

このメンバーは、少年院で出会い、後に天竺の幹部になります。

また、S62世代が使用していた戦い方「魁戦(さきがけせん)」についても解説したいと思います。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズs62世代メンバーの紹介!

ここでは東京リベンジャーズに登場する「S62世代」のメンバーを紹介して行きたいと思います。

黒川 イザナ(くろかわ いざな)

1987年8月30日生まれ、身長165cm、体重58kgで愛車はCBR400Fで佐野エマの兄。

天竺の総長、元黒龍の8代目総長です。

幼少期のイザナは7歳の時に施設に預けられ、エマは佐野家に引き取られました。

エマは当時3歳だったのでイザナのことを、あまり覚えていないそうです。

その頃、真一郎はエマのことだけではなくイザナのことも気にかけていました。

そしてイザナがいる施設にも足を運んだり手紙のやりとりをしていました。

そんな真一郎のことを家族同然の様に思っていたイザナでした。

真一郎は、将来イザナと万次郎が中の良い兄弟になって欲しかった為、万次郎の話ばかりしていました。

しかし、イザナは万次郎に対し徐々に嫉妬と憎しみの感情を抱くようになっていきます。

挙句の果てには、その唯一の家族を捨て誰のことも信じられなくなったイザナは憎しみを糧に悪の道に突き進んでいきました。

万次郎の事を闇堕ちさせた張本人でもあります。

武藤 泰宏(むとう やすひろ)

通称ムーチョ、元「東京卍會」伍番隊隊長で現「天竺」幹部の1人で、後の「天竺」総長代行です。

東卍では、唯一内輪もめが許されている治安部隊の隊長を努めていました。

ですがその立場を利用し九井を汚い手を使って天竺に引き抜いたました。

実は武藤は天竺の創始者という裏の顔を持っています。

九井や青宗からは“S62世代の亡霊”と呼ばれたおりイザナが一線に戻ってきた為、天竺に寝返りました。

柔道技が得意でやられた相手は、脊髄損傷し下半身不随になるほどの力を持っています。

望月 莞爾(もちづき かんじ)

通称はモッチーで元「呪華武」総長、そして現「天竺」四天王です。

13歳の時に喧嘩を止めに入った警察官をボコボコにし、公務執行妨害で少年院に入りました。

千冬は不意打ちとはモッチーに一撃でやられました。

河田兄弟は昔「双悪」というチームの総長を努めていました。

その「双悪」と対立していたのがモッチーが総長の「呪華武」でした。

ナホヤとモッチーはタイマンで勝負しますが、ナホヤの完敗だったそうです。

「最終決戦」では武道の相手をしようしますが、千冬から不意打ちの蹴りを喰らいます。

ですが、一目置いていた灰羽兄弟が泣いたアングリーに一発でヤラれてしまいます。

それに激怒したモッチーは、アングリーに戦いを挑みますが瞬殺されてしまいます。

灰谷 蘭

「天竺」四天王で灰谷兄弟の兄です。

特徴は、長い髪を三つ編みで縛っており、三ツ谷と望月との中に不意打ちでブロック塀で三ツ谷を襲撃し、手柄を横取りする。

竜胆曰く、いつもいいとこ取りをし、ポーズを決め、すぐ仕切る。

東卍の実力を認めているため、不意打ちでないと潰せるチームではないと語る。

「最終決戦」では八戒と対峙する。

竜胆がソウヤの右腕と左足を折った後は二人で八戒を追い詰めるも、「青鬼」となったアングリーに一撃で沈められる。

万次郎とイザナのタイマンの際に竜胆と共に意識を取り戻し傍観する。

イザナの死亡後はイザナに憧れていたことを伝え、死亡したイザナと意識不明となった鶴蝶の瞼を閉じた。

灰谷 竜胆

「天竺」幹部の1人。灰谷兄弟の弟でメガネをかけており、仕切りたがる蘭に頭を痛めている。

「最終決戦」ではお互い有名な兄を持つソウヤと対峙する。

得意の関節技でソウヤの右腕と左足を骨折させ、蘭と共に八戒を追い詰めるも「青鬼」となったソウヤを甘く見てしまい、また関節技を繰り出そうとしがみついた瞬間一撃で沈められた。

万次郎とイザナのタイマンの際に蘭と共に意識を取り戻し傍観する。

斑目 獅音

元「黒龍(ブラックドラゴン)」九代目総長、現「天竺」四天王です。

左の頭から首にかけて獅子の入れ墨を入れています。

おそらく獅音という名前とかけていると思われます。

黒龍九代目総長時代にマイキー(東京卍會)に潰されました。

また、天竺きっての“狂犬”と言われています。

メリケンサックを使うなど狂気な一面もあるが魁戦では、林(ぺーやん)に一撃で沈められてしまいました。

S62世代の1人ですが、イザナとのやり取りからS62世代の中では一番弱いと思われます。

魁戦についても解説

 

魁戦とは?

“S62世代”が使用していた戦い方。各チーム代表者一名を指名し、その後全面戦争する戦い方で魁戦で勝利したチームは士気が上がる。

 

魁戦は斑目VSぺーやん

「関東事変」では”魁戦”で斑目を一発で沈める。三ツ谷曰く、「ぺーやんはアホだけど腕っぷしなら俺より上だ」とのこと。その後黒川 イザナを見つけ大将首を取ろうとするも蹴りの1発で沈められる。その後、気を失っていたが武道の「絶対に諦めない」という信念に共感し、加勢する。

まとめ

今回は、東京卍リベンジャーズに登場する「S62世代」のメンバーを紹介しました。

昭和62年世代の6人で構成されていて「極悪の世代」とも言われていました。

そのメンバーはイザナ、武藤、望月、灰谷兄弟、斑目で少年院で出会い後に天竺の幹部になります。

また、S62世代が使用していた戦い方「魁戦(さきがけせん)」についても解説しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

\続きが気になる方は電子書籍で読もう/

「東京リベンジャーズ」漫画を安くまとめ買いする方法!電子書籍のおすすめサイト

コメント

PAGE TOP