東京リベンジャーズマイキーあだ名の由来は?エマとの関係についても

東京リベンジャーズに登場する「東京卍會」の総長・佐野万次郎。

通称“無敵のマイキー”と言われ、誰もが知るカリスマ的存在です。

この“マイキー”のあだ名の由来をご存知でしょうか?

また相棒であるドラケンの彼女“エマ”はマイキーととても深い関係にあるようなのです。

ということで今回は、佐野万次郎が“マイキー”というあだ名で呼ばれている理由。

そして、マイキーとエマの関係についても詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズマイキーあだ名の由来は?

ここでは、マイキーのあだ名の由来について見ていきましょう。

エマがあだ名と深く関係している

エマは幼少期に、祖父の家に預けられます。

母親は、これから遠くに行かないといけなくなったと言い残し去って行きました。

その預けられた祖父の家が、佐野家でした。

道場を営んでした祖父は真一郎、万次郎、エマを呼びます。

そして、これから3人は兄弟と宣言しました。

しかし真一郎と万次郎はエマという外国人のような名前に若干困惑していました。

万次郎はエマの名前ことを「変な名前」と言ってしまい祖父からゲンコツをお見舞いされます。

後日、同じ道場だった場地圭介もエマのことを外国人の様な名前だと、万次郎と同じ反応を示しました。

それから、突然エマは親に捨てられたことを思い出し泣いてしまいます。

それを見た万次郎はあることを思いつきました。

マイキーのあだ名の由来は?

道場で圭介と万次郎は、エマという名前を聞いたきっかけで外国人ごっこ遊びを始めます。

圭介はエドワードの“エド”そして万次郎はマイケルの“マイキー”と言ってはしゃぎ回っていました。

母親に捨てられたエマにどうしても笑顔になって欲しい万次郎は、一人で稽古していたエマに話しかけます。

そして突然「今日からマイキーになる」とエマに宣言しました。

「兄貴の俺がマイキーだったら、一緒だから変じゃねえだろ?これからはずっとマイキーだ、エマ!」

それを聞いたエマは、名前なんて気にしてないと言いつつも表情は満面の笑みを浮かべていました。

それからエマは寂しいと思ったことは一度もないそうです。

マイキーとエマの関係についても

ここではマイキーとエマの関係について見ていきましょう。

エマは二股をしている

エマにはドラケンという彼氏が存在します。

ですが、たまたまエマとマイキーが抱き合っている場面をタケミチは目撃してしまいます。

しかもエマは「マイキー大好き」と言っていました。

その衝撃のシーンにタケミチは、この三角関係がドラケンにバレてしまうと大変なことになる!

と涙目で震えていました。

そんな絶望の窮地に立たされているタケミチの元へ名探偵ヒナが現れます。

ドラケン一途のエマがこんな事をするなんてありえない!

そう思ったヒナとタケミチは二人の尾行をはじめました。

ナオトと情報通の山岸も探偵御一行に加わり喫茶店で仲良くパンケーキを食べる二人の様子を観察しています。

山岸の情報によると、なんとエマはマイキーの家から朝出てきた所を目撃されていたのです。

名探偵ヒナが出した結論はそれは

「完全なる二股です!」でした。

マイキーとドラケンの関係はその後とうなってしまうのでしょうか!?

マイキーとエマは兄弟?

あとは、マイキーとエマの自供と取るだけだと意気込む名探偵ヒナ。

そんな所にバットタイミングで現れたドラケン、タケミチは修羅場を覚悟したでしょう。

ですがドラケンの口から出た言葉は

「妹の誕生日、付き合ってるのか?マイキー」

エッ!?妹???

実はマイキーとエマは腹違いの兄弟だったのです。

正確にいうと父親が同じで母親が違うのです。

そのことは、エマからヒナに話していたようなのですが、ヒナは忘れていたようです。

とんだ“迷探偵”ですね!

その後、ドラケンから誕生日プレゼントのくまのぬいぐるみをもらったエマはとても幸せそうでした。

まとめ

今回はマイキーのあだ名の由来、そしてマイキーとエマの関係について詳しく調べてみました。

妹のエマの為にマイキーというあだ名にしたんですね!

マイキーは昔から優しくかっこいい男ですね!

そんな男がなぜ凶悪な人間になってしまったのか?

何があったのか?気になる所でもあります。

今後の物語のあらすじも気になりまね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

\続きが気になる方は電子書籍で読もう/

「東京リベンジャーズ」漫画を安くまとめ買いする方法!電子書籍のおすすめサイト

コメント

PAGE TOP