東京リベンジャーズ稀咲とヒナの関係は?武道も昔出会っていた!

「東京リベンジャーズ」に登場する稀咲鉄太は、現代の東卍を犯罪組織にした悪の根源です。

その稀咲ですが、実は花垣武道の彼女である橘ヒナタと面識があったようです。

また武道にも、小学生時代に出会っていたそうなのです。

ということで今回は稀咲とヒナの関係、そして武道にも昔出会っていたことについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズ稀咲とヒナの関係は?

ここでは、稀咲とヒナの関係について見ていきましょう。

稀咲とヒナは塾が一緒だった

小学生だった頃の稀咲は、いわゆるガリ勉で全国統一模試でも1位になるなどの秀才でした。

そんな稀咲にヒナは、すごいねと明るく話しかけていました。

そんなヒナのことを友達は、よくあんなキモいやつに話しかけられるねと言っていました。

見た目は確かに暗い感じで、何を考えているのか分からない感じの子供です。

ヒナと稀咲は家が近所だったこともあり、よく塾の帰りに一緒に帰っていたそうです。

中学に上がって稀咲は市立の学校に行った為、その後は会っていないとのこと。

ただ、ヒナは稀咲のことをぶっきらぼうだけど根はいい子と話していました。

稀咲はヒナに好意を抱いていた

そんな誰にでも優しく接してしまうヒナに稀咲は、好意を抱いてしまいます。

しかし、ヒナが武道のことを好きになったことを知り、このことが一連の出来事の発端になります。

ヒナが武道と付き合っていたため、ヒナは不良が好きなんだと勘違いしてしまいます。

そして、不良のトップである東京卍會のリーダーであるマイキーを自分の都合の良いリーダーにするため裏で糸を引き周りを操っていました。

すべては、ヒナに対する間違った愛情からストーカー化してしまったのです。

そして挙句の果てにヒナは自分のものにならない腹いせにヒナ・武道、二人の命を狙うようになってしまったのではないでしょうか。

稀咲と武道も昔出会っていた!

ここでは、武道と稀咲の出会いについて見ていきましょう。

稀咲と武道も小学生の時に出会っていた

武道と稀咲も実は、小学生の時に出会っていました。

それはヒナと稀咲が塾の帰りにちょっとした事件が起こります。

中学生が、猫をイジメていたのをヒナが発見し止めようとして絡まれてしまいました。

そこにヒーローの様にマントを付けた武道がヒナの助けに入ります。

小学生が中学生の3人組に、かなうはずもなく返り討ちにあい泣いてしまいます。

ですが、その姿を見てヒナは武道のことが好きになります。

それは負けると分かっていて、助けに来てくれた武道の勇気に心を打たれたのではないでしょうか。

その場面を稀咲は目撃していたのです。

なので稀咲は武道のことを認識していましたが、武道自体は稀咲に出会っていたという記憶はないと思われます。

このことから、稀咲が武道のことを“ヒーロー”と呼んでいたこ事と繋がっていきます。

稀咲鉄太とは

「8・3抗争」の前の現在では、千堂あつしを脅し武道を線路に突き落とし殺害しようとするが失敗します。

その後、千堂あつしはビルから飛び降り自殺。

とても頭がよく計算高い性格で、自分の手を汚さず相手を陥れるという策略家です。

自分のことを“月”と表現しています。

数々の計画もタイムリープする武道に阻止され最後は、トラックにはねられ死亡。

稀咲自体はタイムリープを使うことができないことを告白します。

このことから、黒幕は他に存在することになります。

まとめ

今回は、東京リベンジャーズの元凶である稀咲とヒナの関係について詳しく調べてみました。

稀咲とヒナは小学生の時に塾が一緒で家が近所だったこともあり顔見知りでした。

またヒナが武道と付き合っていたため不良が好きだと勘違いしてしまったのがことの発端でした。

ヒナへの歪んだ愛情が大きくなりサイコパスな人物となってしまい周りを巻き込みました。

最後はトラックにはねられ死亡しますが、物語は終わらず黒幕は他に存在するようです。

一体誰が東京リベンジャーズの黒幕なのでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

PAGE TOP