おちょやん一平の父親(あまみてんかい役)は茂山宗彦!狂言師や俳優経歴についても

朝ドラ「おちょやん」では道頓堀を中心に主人公の千代がお茶子として走り回ります。

その道頓堀にある人気喜劇一座の息子、一平と千代は深い関係になり共に成長していきます。

今回は、その一平の父親、初代天海天海(あまみてんかい)を演じる役者さんが気になったので調べてみました。

天海を演じるのは、狂言師の茂山宗彦(しげやま・ともひこ)さんです。

それでは、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

おちょやん一平の父親役(天海役)は茂山宗彦!

狂言師の茂山宗彦さん、天海役では帽子がよくお似合いです。

ここでは茂山さんのプロフィールと天海の役柄について書いてみました。

茂山宗彦のプロフィール

名前:茂山 宗彦(しげやま・もとひこ)

愛称:もっぴー

生年月日:1975年6月4日(45歳)

出身:京都府京都市

血液型:O型

星座:ふたご座

職業:狂言方大蔵流の能楽師・俳優

大学:京都造形芸術大学卒業

趣味:釣り・自転車

1975年京都市生まれの茂山宗彦さんですが、祖父は大蔵流狂言師 四世茂山千作さん父は二世茂山 七五三さんです。

1979年、4歳の時に「以呂波」で初舞台を踏みます。

聖母学院幼稚園、東山高等学校、京都造形芸術大学卒業しました。

1994年に従弟の茂、弟の逸平 と「花形狂言少年隊」を結成します。

2000年には一門の若手と狂言の研修錬磨の会「TOPPA」を組織し狂言普及へ積極的な活動を続けています。

その一方、ミュージカルやNHKの朝の連続ドラマ出演、新作二人芝居

「宗彦、逸平の That’s Entertainment」

上演など幅広いジャンルで活躍 を続けています。

天海の役柄

道頓堀にある人気喜劇一座「天海天海一座」の初代。

天海一平の父親、酒好き・女好きで破天荒な性格のため息子からは嫌われています。

喜劇会のアドリブ王の須賀廼家千之助(ほっしゃん)と共に一座を率いています。

喜劇会の帝王である万太郎(板尾創路)一座を超えるために格闘するものの突然倒れ亡くなってしまいます。

茂山宗彦の狂言師や俳優経歴についても

茂山さんは狂言師の活動以外にもテレビドラマやドキメンタリー・ミュージカル等にも出演されています。

茂山宗彦の狂言師の経歴

茂山さんは、二世茂山七五三(にせいしげやましめ)さんの長男として1975年に生まれました。

祖父は四世茂山千作(よんせしげやませんさく)さんで、この方は狂言師初の文化勲章を受賞しています。

曽祖父である三世茂山千作(さんせ しげやま せんさく)さんは1976年、人間国宝に認定されています。

1979年、4歳の時に「以呂波」で初舞台を踏みます。

それからは弟さんの逸平さんや、いとこの千五郎さん・茂さん・千之丞さんと一緒に「花形狂言少年隊」を結成し、若い人へ狂言を発信しています。

1995年に東京で狂言小劇場の公開を開始し、フランス・イタリア・タイ・マレーシアで海外公演を始めました。

2012年に文化庁から「平成24年度文化庁文化交流使」に任命されました。

2014年には「平成25年度京都府文化賞奨励賞」を受賞しました。

また、2017年には日本能楽会会員(重要無形文化財保持者総合認定)に認定されました。

茂山宗彦の俳優経歴

○ドラマ
「京都発ぼくの旅立ち」(1996NHK)

京都の高校生役で主演しました。

1970年前後を舞台に、京都の平凡な高校生が家庭や地域の閉塞感に悩みながら、東京へ出るために東大を目指す青春ものでした。

 

「ふたりっ子」(1997NHK)

対戦相手の手の内を読むのが得意な21世紀編に登場する天才的な若手棋士、羽柴秀明役で出演。

 

「活動写真の女」(1997NHK)

医学部の清家役で出演しました。

 

「終のすみか」(1999NHK/芸術祭参加作品)

阪神・淡路大震災から3年後の自宅マンションが半壊した関係で神戸の仮設住宅に住んでいる、主人公一家を中心とした人間模様を描く作品に出演。

 

「ちりとてちん」(2007NHK)

 徒然亭小草若役で出演しました。「底抜けに…」の決め台詞が有名になりその際のポーズは、本人が考案したものです。

 

○ミュージカル
「アンネの日記」(1997・1998)
「ザ・近松」(1999)

○ドキュメンタリー

「男自転車ふたり旅〜チェコ ボヘミアの街道を行く〜」(2009年NHK)

 

「伝統芸能の若き獅子たち〜茂山宗彦 いまこそ狂言師の賭け時〜」(2010年NHK)

「チャリダー★」(NHK BS1)レポーター

まとめ

今回は一平の父親、初代天海天海を演じる茂山宗彦さんについて詳しく書いてみました。

天海一平の父親役は酒好き・女好きで破天荒な性格のため息子からは嫌われているという役柄。

須賀廼家千之助と共に一座を率いていて、万太郎一座を超えるために格闘するものの突然倒れ亡くなってしまいます。

父・祖父・曽祖父とも偉大な功績を上げており、茂山さん自身も重要無形文化財保持者総合認定に認定されました。

狂言師の活動以外にもテレビドラマやドキメンタリー・ミュージカル等にも出演されていて今後の活動も目が離せませんね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

↓↓↓関連記事こちらもオススメ!!!

>>おちょやん・わろてんかは同じ時代?かぶる原因・似ている理由を検証

>>おちょやんカタキン所長(片金平八)役は六角精児!モデルの池永浩久についても

>>おちょやん助監督・小暮新治役は若葉竜也!ごくせん出身の経歴や出演作品について

>>おちょやん撮影所の守衛もりや役は渋谷天外!父親は2代目渋谷天外

>>およちゃんの若崎洋子役は阿部純子!高学歴な経歴と出演作品についても

>>おちょやん山村千鳥一座の薮内清子役は映美くらら!宝塚時代やその後の経歴も

>>おちょやんの宇野真理役は吉川愛!子役引退の理由やドラマ出演作品についても

>>おちょやん富川福助役は井上拓哉!結婚相手は岡田みつえなのか考察

>>おちょやんオープニングの絵やイラスト・アニメ映像の制作者は?タイトルバック千代猫の物語の裏話も

>>おちょやん・人形の家の原作との内容の違いは?作家や日本上演はされた?

>>おちょやんえびす座支配人の熊田役は西川忠志!俳優経歴とプロフィールについて

>>おちょやん岡安お茶子の節子役は仁村紗和!太い眉毛の理由と女優の経歴についても

>>おちょやん岡安お茶子の富士子役は土居志央梨!女優の経歴と出演作品についても

>>おちょやん岡安の岡田みつえ役は東野絢香!舞台女優経歴や父親・家族についても

>>おちょやん高峰ルリ子役の女優は明日海りお!宝塚出身の経歴についても

>>おちょやん石田香里役の女優は松本妃代!経歴や出演作品についても

>>おちょやん語りナレーションの黒衣役は桂吉弥!朝ドラ出演の経歴についても

>>おちょやん千代の母親サエ役は三戸なつめ!ぱっつん前髪からイメチェン

>>おちょやん岡安のお家さん岡田ハナ役は宮田圭子!べっぴんさんなど朝ドラ常連

>>おちょやんの小林辰夫役は烏川耕一!顔面アルファードやひょっとこと言われる理由についても

コメント

PAGE TOP