王様ランキング四天王とは?ボッス王国についても

王様ランキング

「王様ランキング」は原作、十日草輔(とおか そうすけ)先生の漫画作品です。

2021年10月からTVアニメの放送も開始される予定です。

今回は、そんな「王様ランキング」に登場するボッス王国とその四天王を紹介します。

4人とも個性豊かで味のあるキャラクターばかりです。

最後まで見て頂けるとうれしいです。

スポンサーリンク

王様ランキング四天王とは?ボッス王国についても

ここでは、「王様ランキング」に登場する四天王を1人ずつ紹介していきます。

「ソードマスター」ドーマス

まず始めに紹介するのが「ソードマスター」 のドーマス。

名前の由来は、おそらく「ソードマスター」をもじっているのではないでしょうか?

ドーマスはボッジの剣術指南役、ボッス王の力に憧れ国に仕える身となりました 。

毎日1万回の素振りを行い鍛錬されたトーマスは剣の才能に溢れメキメキと頭角を現し、いつしか剣で彼の右に出る者はいなくなりました。

そんなドーマスは、ボッス王に認められボッジの剣術指南役に任命されます。

ドーマスは、とても喜び自分の剣を全てボッジに教えようと意気込んでいました。

ですが実際、ボッジに剣術を教えても一向に上達しません。

ボッジも真面目に練習し、強くなりたいと思っているですが全く強くなる兆しがないのです。

何年経っても、短い剣ですら持てない非力なボッジにドーマスは呆然とします。

ボッシ王に憧れて剣を磨いてきたドーマスの剣は「力の剣」でした。

「力の剣」教えてたいドーマスは「力がないボッジ」にどのような指導をしたらいいのか分からなくなってしまいます。

いつしかトーマスはボッジに剣を教える情熱がなくなり、自分が強くなりボッチオ守ればいいのだと思うようになってしまいました。

最終的には、ボッジを裏切りそのことを後悔してしまいます。

「蛇使い」べビン

「蛇つかい」のべビンは第2王子ダイダの剣術指南役です。

名前の由来は「ヘビ」で間違いないでしょう。

王国では、ヘビを使い密かに裏の情報を探っていました。

悪人面でいつも不敵な笑みを浮かべていますが、 実は情に厚くダイダと同じぐらいボッジのことを気にかけています。

実際に冥府の国のデスパーに推薦状を書き、剣の腕を磨いて欲しいと頼んでいました 。

ちなみにべビンの師匠もデスパーです 。

デスパーはベビンに「蛇払剣」を授け、必殺技を伝授しました。

それは、鋼鉄をも切り裂く技で何度も負けていたアピスに試合で勝つことができたのです。 

また、いつもニヤニヤしているのはデスパーの教えで、いつも悲壮感が漂っているので嫌でも笑顔にすることで状況は変わると教えられたからです。

 ボッス王の死後、ダイダの命令でアピスを殺害しようとしますが返り討ちに瀕死状態。

蛇(ミツマタ) に救助され一命を取り留めます。 

「王の槍」アピス

「王の槍」アピスはロングスピアの使い手でボッス王の側近です。

名前の由来は、槍(スピア)からだと推測されます。

若い頃は才能もあり将来も期待されたのですが、性格が臆病だったためなかなか能力が開花せずにいました。

ボッス王はそんなアピスの才能をかって側近としました。

ボッス王自ら稽古をつけている思われましたが、アピスには爪でひっかかれたような傷が出来ていました。

それからアピスは一切表情を出さないようになり、異様な迫力も出てきました。

またアピスの後ろに死神がいるのを見たものもいるそうです。

実はアピスは魔獣と戦い稽古をしていたのです。

そして、その臆病な性格を変えてくれたのは魔法の鏡ミランジョだっだのです。

このことがきっかけで、四天王にまで登りつめることができたためアピスはミランジョのことを崇拝しているのでした。

「王妃の盾」ドルーシ

「王妃の盾」ドルーシは、四天王最強の男です。 

名前の由来は、盾(シールド)からきていると推測されます。

分厚い鎧に身を包み、大柄な男のため足は遅いです。 

元「王の槍」でボッシ王の側近でしたが、冷静沈着なアピスが「王の槍」になりました。

ドルーシは優しい性格なので、アピスの方が側近に向いていると宰相のソリーから言われたのです。

ですが、ドルーシはボッシ王から信頼をなくしたと思い込んでいました。

でも実際は力もあり優しい性格のドルーシは「王妃の盾」が適材適所だったのです。 

おそらくボッス王は、後々ミランジョがヒリング王妃を暗殺することを見越して「王妃の盾」に配置換えしたのではないでしょうか?

実際にミランジョによって魔物を送り込まれましたが、一人でその魔物倒し見事ヒリング王妃を守ったのです。

王様ランキングボッス王国についても

ここでは、王様ランキングの主な舞台にもなっているボッス王国についてふれていきます。

ボッス王国のはじまり

ボッス王国とは、国王のボッスの名前で元々は小さな村でした。

ある日、その村に数匹の魔物が攻めてきました。

村の人たちは、なんとか魔物を追い出しましたが、それは最悪の事態の始まりに過ぎなかったのです 。

その後再び魔物が大勢で現れ、その魔物の多さに村の人達はすっかり意気消沈してしまいました。

戦うことを諦めた村の人たちの前に現れたのが、若き時のボッスです。

ボッスは巨大な棍棒と斧を振り回し、次々と魔物を倒して行ったのです。

その姿は圧巻で、まるで狂戦士のようで魔物達はその姿を見て恐怖に怯えました 。

大将首を取り見事勝利したボッスは 、村の人たちに感謝され絶大な信頼を得ます。

これがボッス王国の始まりです。 

国を作ったのはボッジが生まれた為

その後のボッスは、その村を拠点に強さを求め旅を続けます。

ですが、その追い求めていた力に限界を感じていたボッスは、ミランジョの勧めで魔神と契約を交わしてしまいます。

魔神との契約は、子供を作ればその子供の力をボッスに与えるというものでした。

その後、ボッスは巨人族の女シーナと結婚しシーナは子供を宿します 。

その生まれた子供がボッジなのですが、巨人族の子供なのに体は小さく、その力は全てボッスに引き継がれたと思われます。 

そこでボッスある決断をします。

この村に国を作り、ボッジに何不自由ない生活を送ることができる国を作ることが自分の使命だと語っていました。

これがボッス王国誕生秘話です。

まとめ

今回は王様ランキングに登場する、四天王4人の紹介とボッシ国について詳しく解説しました。 

それぞれのキャラクターに、面白い個性と物語があり面白い作品です。

2021年10月からテレビアニメの放送も予定されています。

その前にぜひ原作漫画を手に取ってみてはいかがでしょうか?

アニメとは違う面白さがありますので、まだ見ていない方は原作漫画を見ることをお勧めします。

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

コメント

PAGE TOP