王様ランキングアピスとは?ミランジョとの関係についても

王様ランキング

「王様ランキング」は原作、十日草輔(とおかそうすけ)先生の漫画作品。

2021年10月から、フジテレビでの放送も予定されている注目作品です。

今回はその「王様ランキング」に登場する四天王の1人アピスというキャラクターをご紹介します。

また、合わせて魔法の鏡ミランジョとの関係についても詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

王様ランキングアピスとは?

ここではアピスの紹介と、主人公のボッジとの関係についても見ていきましょう。

王様ランキングアピスとは?

ボッス王国四天王のアピスは「王の槍」と呼ばれており、長尺の槍の使い手でボッス王の側近です。

名前の由来は、槍(スピア)からきている推測されます。

アピスは、ボッス王を崇拝しておりボッジのこともとてもきにかけています。

それは、ボッジとダイダが剣の試合をしたときに、ボッジがボコボコにされ防戦一方だった試合を止めたことでも分かります。

また新国王を決める多数決でも、ボッジに投じていました。

さらには、ベビンに暗殺されかけ返り討ちにした際には、ボッジを王にすると発言していました。

そんなアピスですが若い頃、才能もあり将来も期待されていました。

ですが性格が臆病だったため、なかなか能力が開花せずにいました。

ボッス王は、そんなアピスの才能をかって側近としました。

ボッス王自ら稽古をつけている思われましたが、アピスには魔獣の爪でひっかかれたような傷が出来ていました。

それからアピスは一切表情を出さないようになり、異様な迫力も出てきました。

また、アピスの後ろに死神がいるのを見たものもいるそうです。

実は、アピスは魔獣と戦い稽古をしていたのです。

そして、その臆病な性格を変えてくれたのは魔法の鏡ミランジョだっだのです。

このことがきっかけで、四天王にまで登りつめることができたためアピスはミランジョのことを崇拝しているのでした。

ちなみにアピスはバイオリンを引くことができます。

ボッス王とミランジョが、ダンスを踊るときに演奏しており意外に器用な一面も見られます。

アピスとボッジの関係

アピスは、ボッジのことを陰でずっと見守っていました。

ミツマタと特訓していたことも知っていましたし、ダイダとの戦いではすぐにでも止めに入りたかったはずです。

ずっと一人で多くの悲しみに耐えてきたボッジを見て、アピス自身もたくさんの勇気をもらっていたのです。 

冥府の国でデスパーに鍛えられ、自分を信じる力そしてそれを信じさせてくれる存在と出会い強くなったボッジ。

その姿を見てアピスは、ボッジは王国の希望になるかもしれないと思ったのでした。

アピスとミランジョとの関係についても

ここではアピスとミランジョとの関係、そして二人の過去についても紐解いていきます。

アピスとミランジョとの関係についても

数年ぶりにミランジョに会ったアピスは、鏡になっている姿を見て驚愕しました。

おそらく魔神と契約し、鏡に魂を移したことを知らなかったのでしょう。

ボッス王とミランジョに忠誠を誓っているアピスは、ミランジョからボッス王がダイダの体を器にすることで復活できるという話を聞きます。

アピスはミランジョの命令でダイダを気絶させ、秘薬を飲ませボッス王の復活に加担しました。

アピスとミランジョの過去

上記でも少しふれましたがアピスは、昔とても臆病で涙を流すこともしばしば。

現在の堂々とした姿からは、想像もできません。

そんなアピスのことを強くしたのは、ミランジョです。

ミランジョはアピスに自信がないのは、身近な人に否定され続けた結果だと見抜きました。

感受性が強いため傷つきやすい性格のアピス、しかしだからこそ他人の痛みがわかる人物なのです。

そんなアピスの事をミランジョは、そういうお前が好きだからお前の弱さも全て受け止めるので夢を見て一生懸命取り組もうと話をしていました。

そして二人は少しずつ前に進み特訓を重ね、その結果アピスは「王の槍」まで上り詰めたのです。

まとめ

今回は、「王様ランキング」に登場するアピスについて詳しく解説しました。

「王の槍」というポジションでいつも沈着冷静なアピスでしたが、昔は臆病な性格で自信のない人間でした。

しかし、ミランジョという信頼できる人物と出会いアピスは強くなりました。

このように「王様ランキング」には、ギャップのあるキャラクターが多く存在しそのギャップが物語を面白くさせます。

2021年10月からテレビアニメの放送も開始されますが、是非その前に原作漫画を手に取って読んで頂くことをお勧めします。

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント

PAGE TOP