入間くん口なしナフラの正体は?かわいいって本当?

「魔入ました入間くん」に収穫祭から登場するアンプシーナフラ。

口なしナフラの異名を持ち、もっとも近寄ってはいけない1年生と言われています。

また収穫祭時のナフラの姿は本当の姿ではなく、実はかわいい女子生徒であることが発覚。

今回はナフラの正体をネタバレ解説していきますので、興味のある方はぜひ最後までご覧になってくださいね。

スポンサーリンク

「魔入ました入間くん」口なしナフラとは?

はじめに口なしナフラの基本情報と収穫祭での入間との出会いについて解説していきます。

アンプシーナフラの基本情報

アンプシー・ナフラの初登場は原作12巻の第102話タイトル「ビフォー・アフター」

黒いローブをまとい不気味な風貌を漂わせていました。

体から異臭を放ち匂いもひどいのですが、なぜかナフラに近づいた者は意識を失い倒れてしまうとの噂も。

そのせいか、もっとも近寄ってはいけない1年生「口なしナラフ」と呼ばれています。

ナフラのランクは3のギメルなので、収穫祭時での実力は入間と同じ位階ですね。

入間と行動を共にする

収穫祭でレジェンドリーフを探していた入間は、タネの試練でナフラと出会います。

ナラフは地下迷宮でニギニギ草の罠にかかっており、身動きが取れない状況でした。

普通ならスルーするところですが、お人好し入間はナフラをニギニギ草から救出。

一緒にレジェンドリーフを探すことになり、ナフラの匂いのおかげで魔獣と出くわすことなく“始まりのタネ”がある神殿にたどり着くことができました。

それ以降もナフラは収穫祭で入間と行動を共にすることになるのですが、これには理由がありました。

「入間くん」アンプシーナフラの正体は?

ここからはアンプシーナフラの正体について解説していきますが、ナフラは収穫祭のキーアイテムを所持している運営側ということが発覚。

詳しく解説していきます。

ナフラは虹如露(にじじょうろ)の持ち主

レジェンドリーフは“始まりのタネ”“終わりの鉢”を入手し合体させる必要があります。

ですがレジェンドリーフはそれだけでは開花しません。

実はナフラが所持している虹如露(にじじょうろ)で水をあげることが一つの条件になっていました。

開花させる条件は他にもあるのですが、生徒であるはずのナフラがなぜ虹如露を持っていたのかについては疑問が残ります。

それでは次の項目でナフラの正体を解説していきます。

レジェンドリーフが開花する条件については、下記の記事で詳しく解説しています↓↓↓

ナフラの正体は生徒会1年役員

ナフラの正体は生徒会の1年役員でした。

実はナフラは、生徒会長のアメリが新しくスカウトした生徒。

収穫祭では運営側として参加、その存在は秘密にされていた隠しキャラだったのです。

そして先程も解説しましたが、ナフラはレジェンドリーフを開花させる条件の一つである虹如露の所持者。

ここで重要だったのが、ナフラを助け行動を共にするということだっだのです。

なぜナフラを助けなければいけなかった?

ではどうしてナフラを助け行動を共にする必要があったのでしょうか?

それは虹如露を使用する以外にも“助ける”ことも条件に含まれていたからです。

開花後のレジェンドリーフは急に喋りだし、なぜ開花の条件を複雑にしたのか説明しました。

それは

「もっとも悪魔らしくない悪魔に会いたかったから」

でした。

他人を思いやり理不尽を受け入れ、それでも自分の野心に従い挑んでいくような悪魔との会うために複雑な条件にしたようです。

なので他人を思いやる心がある悪魔ということで、ナフラを助けことが重要だったのです

「入間くん」アンプシー・ナフラはかわいいって本当?

収穫祭でのナフラは、黒いローブをまとい不気味な風貌でしたが実はかわいい女子生徒でした。

詳しく解説していきます。

ナフラのローブは魔具

ナフラは普段、入間の半分も満たない身長で小柄なイメージがあります。

ですがそれはナフラが身につけているローブのせいで、本来は普通の悪魔と変わらない背丈です。

このローブは身の丈を自由に変えることのできる面白い魔具。

ローブを脱ぐと別人の女子生徒で、普通の悪魔はナフラと気づかないのですが、入間は廊下ですれ違った時に雰囲気で気付いてしまいます。

気づかれたナフラはビックリし赤面してしまいました。

ナフラ実はかわいい

ナフラの素顔がお目見えしたのは第209話の「新メンバー」。

表紙にタンクトップ姿の美少女が登場しましたが、これがナフラの素顔です。

喋れなかったり、なぜか臭いという謎の塊のようなキャラクターで、美人という属性も追加されもう無敵状態。

何となく鬼滅の伊之助にも似ているような気もしますが、かなりの美少女ですね。

フードの時とのギャップがありすぎて、ビックリした方も多いかもしれません。

第209話ではエリザベッタから女子悪魔のおしゃれコーデについて学んでいたようで、頭に花の髪飾りを付けるようになります。

まとめ

今回はアンプシー・ナフラの正体と実は可愛かったことについて解説しました。

  • ナフラはもっとも近寄ってはいけない1年生で「口なしナラフ」と呼ばれていた
  • ナフラは収穫祭で入間と行動を共にすることになる
  • ナフラはアメリにスカウトされた生徒会の1年役員
  • ナフラが所持している虹如露で水をあげることが開花条件のひとつ
  • ナフラを“助ける”ことも開花の条件に含まれていた
  • ナフラのローブは魔具で身の丈を自由に変えることのできる面白い魔具
  • ナフラは美少女で喋れなかったりなぜか臭いという謎の塊のようなキャラクター

最後までご覧頂きありがとうございました。

当ブログでは「魔入ました入間くん」に関する気になる情報を下記にまとめています。

 

コメント

PAGE TOP