ヤシマ作戦の由来と元ネタは?エヴァの意味・いらないとの声も

エヴァンゲリオン

エヴァンゲリオン「序」の物語で有名な作戦の1つに「ヤシマ作戦」があります。

この作戦名の由来と元ネタをご存知でしょうか?

また、この作戦にエヴァが参加する意味はあったのでしょうか?

巷では、ヤシマ作戦にエヴァはいらないとの声も多く聞かれました。

ということで今回は、ヤシマ作戦について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヤシマ作戦の由来と元ネタは?

ここでは、ヤシマ作戦(作戦名)の由来と元ネタについて見ていきましょう。

日本は大八島国と呼ばれていた

実は「ヤシマ作戦」という作戦名は古来、日本の神話をモチーフに名付けられています。

日本は、古事記では8つの島から出来ており「大八島国(おおやしまくに)」と言われていました。

8つの島とは、淡路・四国・隠岐・九州・壱岐・対馬・佐渡・本州のことです。

「大八島国」というのは、神話に由来する古い日本の呼び方になります。

このことから「ヤシマ作戦」とは日本全体で遂行する作戦という意味です。

これは日本全土から電力を集め、その膨大なエネルギーを使い使徒を殲滅する作戦になります。

ヤシマ作戦のもう一つの意味

ヤシマという言葉には、まだもう一つの意味が隠されています。

それは平家物語の「扇の的」です。

源氏と平家の合戦において、休戦中に小舟の先に立てられた扇の的を射抜いてみよ。

という平家の挑発を受けた義経は、自分の部下である「那須与一」に的を射抜くように命令します。

そして見事、那須与一は扇の的を射抜くという物語です。

この話が、エヴァが使用したポジトロンライフルで使徒のコア一点を射抜くと言う作戦にかけていると考えられます。

この那須与一の物語が語られている合戦が「屋島の戦い(やしまのたたかい)」です。

「八島」と「屋島」ということでカタカナ「ヤシマ作戦」という作戦名になりました。

ヤシマ作戦でのエヴァの意味・いらないとの声も

ヤシマ作戦において、ポジトロンライフルのトリガーを引くだけならエヴァが作戦に参加する意味があったのか?

といった疑問が浮かび上がります。

それでは、なぜ「ヤシマ作戦」にエヴァは必要だったのでしょうか。

ヤシマ作戦でエヴァのいらないとの声も

その「ヤシマ作戦」の内容は、要約すると使徒に気づかれない遠く離れた場所からポジトロンライフルと呼ばれる高エネルギー砲で使徒のコアを撃ち抜く作戦です。

なのでエヴァ自体は、直接的に使徒と交戦することはありません。

あくまでスナイパーのように、トリガーを引くだけであれば他の機械でもできそうな気がします。

SNSでもこんな意見が!

この様にヤシマ作戦で、エヴァがポジトロンライフルを打つ意味があったのかと疑問に思う方が多いようでした。

それでは、なぜヤシマ作戦にはエヴァの力が必要だっだのでしょうか?

そこには様々な理由がありました。

ヤシマ作戦のエヴァの意味は?

赤木リツコが劇中で

「陽電子は、地球の自転・磁場・重力の影響を受け直進しません。〜〜〜〜〜〜後は、すべて機械がやってくれるわ。」

との発言があり後半の「後は、すべて機械がやってくれるわ。」

という言い回しだけが頭に残り、シンジはただトリガーを引くだけでいいと勘違いしがちです。

ですが射撃には、エヴァの力が必要であるという節が劇中で何度か見ることができます。

1つは、ポジトロンライフルはまだ未完成で急造品ということ。

そのため、自律調節できないため、エヴァにより精密狙撃させると赤木リツコが発言しています。

陽電子は地球の引力に引かれるので、パイロットがマニュアルで照準を定めないといけない事になります。

つまり、人間の判断による補正が必要になるのです。

分かりやすく言うと、エヴァは射撃台のような役割をしたのではないでしょうか?

未完成のポジトロンライフルの制御機能だけでは、照準が100%とは言えません。

イメージとしては、重力の影響で若干下にさがってしまうビームをエヴァ(射撃台)で上にあげる(補正)感じです。

また、万が一に備えて相手から攻撃を受けた場合にライフルを持って移動できます。

そして、次の2発目発射に移れるように準備ができるのもエヴァの方がスムーズに作業できるのではないでしょうか。

ですから、スナイパー役が初号機、護衛役を零号機が務めるという形にしたと思われます。

まとめ

今回は、エヴァンゲリオンの劇中で実行される「ヤシマ作戦」について詳しく解説してみました。

この作戦は日本全土から電力を集め、その膨大なエネルギーを使い使徒を殲滅することが目的です。

この作戦名に由来は、神話に登場する古い日本の呼び方「大八島の国(おおやしまのくに)」

そして、平家物語の那須与一の物語で語られている合戦「屋島の戦い(やしまのたたかい)」にかけられていまいした。

また、ヤシマ作戦にエヴァは必要だったのか?と言う疑問がありました。

ポジトロンライフルはまだ未完成で急造品ため、自律調節機能がなくエヴァにより精密狙撃しなければ使徒のコアを撃ち抜くことは不可能だったと考えられます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この他にも、様々なエヴァの疑問に関する記事を書いていますのでぜひご覧ください。

 

>>>関連記事こちらもオススメ!

エヴァ真希波マリはいらない!不人気で嫌いな理由についても

エヴァ・マリのあだ名はなぜ骨メガネ?コネメガネの意味についても

エヴァンゲリオンマリの機体・搭乗機は8号機!二号機に乗れる理由についても

エヴァンゲリオンq黒き月・白き月とは?謎の球体や月面の血についても

エヴァゼーレ・ネルフ・ヴィレの関係と目的は?NERVとWILLEの違いと対立関係についても

エヴァ使徒がネルフに来る理由と目的は?なぜ戦う時1体ずつしか来ないのか

エヴァqシンジに冷たい・かわいそう!説明しろよ・理不尽だとの批判の声も

エヴァ新劇場版赤い色の海はLCL化・コア化?海洋研究所は生命の樹に酷似

エヴァqイライラする・ひどいしがっかり!わからない人にわかりやすい解説

エヴァ破でアスカはなぜ3号機に乗った?バルディエルは積乱雲で使徒化!

エヴァqピアノの意味は?碇シンジは天才なぜ弾ける上達が早すぎる理由

エヴァマリがかわいいと人気の理由は?qで歌っていた曲の紹介

エヴァl結界密度(濃度)とは?コア化やシンジが平気な理由についても

アスカは惣流・式波で別人・違いは?名前が変わった理由についても

エヴァ破とqの間に何があった?空白の14年間について解説

ヴンダーとn-ノーチラス号の発進BGMは同じ!輪と糸(ピアノ線)についても

aaaヴンダーの元ネタと本来の主の意味は?神殺しの力や方舟と呼ばれる理由についても

コメント

PAGE TOP