エヴァンゲリオンq黒き月・白き月とは?謎の球体や月面の血についても

エヴァンゲリオン

エヴァンゲリオン新劇場版Qは、新劇場版の3部目の作品です。

次回作シン・エヴァンゲリオンでとうとう物語も完結します。

ですが、Qでは少し分かりづらいところや専門用語なども多く感じます。

ということで、今回はエヴァQで気になった「黒き月」「白き月」の解説。

また終盤で出てきた謎の球体月面の血についても詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

エヴァンゲリオンq黒き月・白き月とは?

まずは、「黒き月」と「白き月」についてわかりやすく解説したいと思います。

黒き月とは?

「黒き月」とは、まだ生命が存在しない時代に地球に落ちた隕石の中に入っていた球体(リリスの卵)です。

隕石自体は地球に衝突後、跳ね返り地球の周りを回る衛星(月)になったと言われています。

その隕石の中に入っていた球体「黒き月」だけが地球に残りました。

ちなみに、この隕石が落ちた事をファーストインパクト(ジャイアントインパクト)といいます。

その「黒き月」中には、リリスが入っていました。

リリスとは「第二の使徒」と呼ばれていますが、他の使徒とは全く違うものと考えた方が分かりやすいです。

リリスは、すべての生命の源でリリスから出たLCL(生命のスープ)が海に流れ生命が生まれました。(他の使徒を除く)

そして人類が誕生し地球は、人間が支配する星になったのです。

なのでリリスは「人間の生みの親」になるわけです。

その「黒き月」が落下したのは、後の日本の箱根で地下に埋もれていました。

その後、発見され「黒き月」の上部に特務機関ネルフが建造されます。

更に、その上にあるのが第3新東京市になります。

新劇場版「Q」では、フォースインパクトが始まる前兆時に地中から現れました。

両サイドには月の表面の様な模様と螺旋模様の様に削られた様な跡があります。

形はりんごの心の様な形状をしていました。

「食べれられた知識の実」を表現したのかもしれませんね。

横たわった時の大きさは、富士山をかるく凌駕するほどのものです。

白き月とは?

「白き月」とは、ファーストインパクトより前に地球に落ちた隕石の中の球体(アダムの卵)です。

隕石は砕け散りその中の球体が後に南極大陸になる場所に落下しました。

その中には、数十メートルはある巨大な生命体「第一の使徒アダム」が入っていました。

その他にも「ロンギヌスの槍」「裏死海文書」が入っていました。

アダムとは、使徒の生みの親であり十数体の使徒を生み出し世界にバラまきました。

その後、地球を征服しようと活動を開始しようします。

ですがファーストインパクトが起きてしまいます。

その衝撃は凄まじくアダムと使徒は長い間、眠りについてしまいました。

その後、長い月日を経て生命が誕生しアダムとその使徒たちより先に、人間が地球に繁栄していきました。

その「白き月」の中にあった「第一の使徒アダム」はゼーレの出資より派遣された葛城(ミサトの父)調査隊により発見されます。

ゼーレは「白き月」の近くに研究基地を作り、アダムと使徒の接触を防ぐためアダムを卵の状態まで戻して隠す計画を立てました。

しかし、研究は失敗しアダムは大爆発を起こしてしまいます。

これを、セカンドインパクトといいます。

その結果、「白き月」は南極大陸ごと消滅してしまいました。

新劇場版では、「白き月」登場していません。

謎の球体や月面の血についても

ここでは謎の球体と月面についた血について解説したいと思います。

謎の球体は何?

シンジが渚カヲルから連れられて階段を降りた所で見た謎の球体は何だったのでしょう?

雲がかかっていて、血が飛び散った後のある惑星みたいな星です。

とても早い速度で回転している様に見えました。

あの球体は「月」というのが有力な説です。

雲らしき物が見えたり青い感じが地球に見え、分かりづらいですね。

ですが、よく見ると実際の月の表面の模様と一致しておりクレーターも本物の月と同じ位置にあります。

月面の血は何?

その月には血が飛び散った様な跡と、格子状の模様がありました。

サードインパクトが起こると④の現象が起こるため月に血が飛び散った様なあとが現れると考えられます。

まとめ

今回はエヴァQで気になった「黒き月」と「白き月」の解説。

そして、終盤で出てきた謎の球体や月面の血についても詳しく調べてみました。

エヴァはとても奥が深く謎の多い作品です。

そんなところも、この作品のいい部分ですし、色々な考察ができるのもファンにとっては楽しいところです。

2021年の1月23日に「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開が予定されてします。

企画開始の1993年から27年間続けられてきたエヴァンゲリオンシリーズの制作も終了となる予定です。

どのようなラストになるのかも気になりますね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

↓↓↓こちらもオススメ!!!

コメント

PAGE TOP