エヴァq碇シンジくんに冷たい・かわいそう!説明しろよ・理不尽だとの批判の声も

 

エヴァンゲリオンエヴァンゲリオン新劇場版「Q」でシンジは、宇宙に凍結されていました。

序盤で葛城ミサト率いるヴィレがシンジと初号機を回収。

その後、14年ぶりに目を覚ましたシンジは元ネルフメンバーやヴィレメンバーと顔を合わせます。

ですが、周囲の反応はとても碇シンジに対して冷たいです。

そして新劇場版「破」の後に、何があったのか詳しい説明もありませんでした。

映画を観た方からは、「シンジに説明しろよ」「シンジくんがかわいそう」「理不尽だ」

との批判の声が聞かれました。

ということで今回は、碇シンジくんに対して冷たい理由と上記の意見について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

エヴァqシンジに冷たい・かわいいそう!

ここではシンジくんに冷たい理由とシンジくんがかわいそうという意見を見ていきましょう。

シンジに冷たい理由

みんながシンジに冷たい理由は、シンジが「ニア・サードインパクト」とのトリガーになってしまったからです。

「ニア・サードインパクト」とは「サードインパクト」が最後まで成されず途中で止まったことです。

しかし、地球は赤く染まり人類の大半は滅びたと言われています。

このことから、かなり悲惨な事態であったと想像できます。

特に葛城ミサトは、シンジに対する態度が明らかにキツく当たっているように感じました。

「もう何もしないで」

「エヴァに乗らないで」

と発言したり、挙句の果てには首にエヴァ覚醒時に爆発するDSSチョーカーを付けられていました。

このことから、映画を観た方からはシンジがかわいそうという意見が多く聞かれました。

ミサトの本心

極端にシンジに冷たく当たっていたミサトですが、これはあくまでも立場的にそうするしかなかったのではないでしょうか。

シンジがニア・サードインパクトを起こした手前、ミサトがシンジに甘い態度を見せてしまうとヴンダーの乗組員たちに不信感が高まりヴィレの士気が下がってしまう可能性があります。

その結果、あえて冷たく当たりDSSチョーカーまで付けたのではないでしょうか。

実際にミサトは、ネルフに連れて行かれそうになったシンジにDSSチョーカーを発動出来ませんでした。

ミサトは気を抜くとシンジに甘く接してしまいそうなので、あえてシンジとは距離をおき、目もろくに合わせず自分の感情を押し殺していたのではないでしょうか。

終盤のシーンでも、うつむきながら「シンジくん」とつぶやき、気にかけている描写がありました。

これは、今でもシンジの事を思っているからこそ出たセリフだと思われます。

また自分がシンジに対して行きなさいと言ったばかりに、このような事態を招いてしまったという後悔の念など様々な思いを想像することができます。

ですので本心はシンジの事を守りたいと思っていて、わざと冷たく接しエヴァに乗ることがないようにあのような態度をとったのだと考えられます。

シンジに対して説明しろよ・理不尽だとの批判の声も

ここでは、シンジに14年間の間に何があったのか説明がない。

そして、シンジに対して言っている事が理不尽だという批判の声について見ていきましょう。

なぜシンジに説明しないの?

14年間、眠りについていたシンジは世の中の事がどうなったのか全くわかりません。

誰も空白の14年間の事を詳しくシンジに教えません。

「いやいや、誰かシンジに寝ていた間に何があったのか教えてあげてよ!」

とツッコんだ方も多かったのではないでしょうか?

これには、様々な理由が考えられます。

1つはサルベージされた時点では、まだシンジが敵か味方か半信半疑であるということです。

「破」のラストで綾波レイが初号機と融合しましたが、サルベージした時にレイは発見されませんでした。

そしてレイは人間ではなかった上に、ネルフの手先だったということで信頼されていない。

また空白の14年の間に、アスカもサルベージされているが使徒と融合している様な描写もあります。

その事を考えると、碇シンジの形をじているものの本当に人類にとって危険な存在ではないか半信半疑であったと思われます。

ことからミサトはシンジとの最初の会話で「シンジ君よね?」確認口調で話しかけたとのではないでしょうか。

理不尽だとの批判の声も

ミサトの発言がシンジのに対して理不尽だという批判の声も多く聞かれました。

その原因は何だったのでしょうか?

それは「破」のラストで初号機が覚醒したときのミサトが叫んでいたセリフ。

行きなさい!シンジくん。

誰かのためじゃない!

あなた自信の願いのために!

とシンジの行動を全面的に肯定し応援していたミサトですが「Q」では、別人かと思うくらい豹変していました。

あなたはもう・・何もしないで。

この事が原因でミサトはシンジに対して理不尽な事を言っていると批判の声が上がったと思われます。

まとめ

今回は、14年ぶりに目を覚ましたシンジに対してなぜ冷たいのか?

また空白の14年間を説明しない理由となどについて詳しく解説してみました。

2021年の1月23日に「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開が予定されてします。

企画開始の1993年から27年間続けられてきたエヴァンゲリオンシリーズの制作も終了となる予定です。

どのようなラストになるのかも気になりますね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

↓↓↓こちらもオススメ!!!

コメント

PAGE TOP