よう実龍園の目的は8億Pr?綾小路と仲間になる?

「ようこそ実力至上主義の教室へ」に登場するCクラスのリーダー龍園翔。

頭の回転が早く、様々な奇策を思いつき標的を陥れていきます。

そんな龍園翔の目的は8億プライベートポイントを集めること。

今回は龍園翔は8億プライベートポイントで何がしたいのか?また集めるには綾小路と仲間になる必要があるようです。

龍園翔の目的や、綾小路との関係について気になる方はぜひ最後までご覧になったくださいね。

スポンサーリンク

「よう実」龍園の目的は8億プライベートポイント?

まずはじめに綾小路が龍園を利用しいと思う一方、龍園も綾小路の助けがないと8億プライベートポイントを獲得することができません。

ここでは綾小路の策略と龍園の目的について解説しています。

綾小路は龍園を駒にしたい

4体1の戦いで龍園たちを圧勝した綾小路。

綾小路は龍園を利用し他のクラスを潰すことを考えます。

前提として綾小路が他のクラスの動向をどのように考えているかというと

「AクラスのはBクラスを潰そうと考えている、Aクラスの目がBクラスに向いている時にCクラスがAクラスを一気に潰す。」

現Dクラスの綾小路たちは3楽器からCクラスになるので、A・Bが崩れると何もしないでもAクラスに上がることになります。

ですがDクラスには、綾小路や掘北を退学させようとしている櫛田桔梗の存在があり綾小路は櫛田を退学させようと目論んでいます。

龍園の目的は8億プライベートポイント

綾小路との戦いに完敗した龍園は、もう戦うことをやめたと思われました。

ですが龍園は、Aクラスに上がることをまだ諦めていないと考えられます。

龍園の目的は、クラスアップのルールである2,000万ポイントでAクラスに上がるという考えでした。

なのでクラス全員分だと8億プライベートポイントになりますね。

綾小路に負けた時はプライベートポイントを全て捨てようとしました。

しかしその時は責任をとり退学をしようとしていたためであって、再び在学を決めてから龍園はポイントを集めている可能性が高いです。

当初、綾小路は龍園の8億ポイント貯める計画に不可能であると言っていました。

ですがその後、綾小路は8億ポイント貯める現実にする方法を思いついたのです。

「よう実」龍園と綾小路は友達になるのか?

ここからは綾小路と龍園が交わした契約と二人の仲はどうなるのか解説しています。

綾小路と龍園は契約を交わす

綾小路と龍園はある契約を結びます。

それは綾小路のクラスにAクラスを攻撃させる代わりに、綾小路クラスには手を出さないよう根回し。

その後、綾小路がAクラスに上がり龍園の目的である8億ポイントを貯める計画に綾小路が手助けすることです。

8億ポイントを貯める具体的な方法の解説はありませんでした。

ですが8億ポイントを貯めるには綾小路がAクラスにならなければ、不可能とのこと。

綾小路は龍園ぐらい頭が切れる人物でなければ、8億ポイント貯めることはかなり難しいという見解でした。

ですが龍園は同じクラスの参謀役、金田たちにそのチャンスを与え自分は何もしていような言い草。

龍園は今まで暴力で支配してきた償いだと言っており、全てはクラスメイトをAクラスに上げて卒業させたいという気持ちだそうです。

綾小路と龍園は仲間になる?

綾小路と龍園は契約の後、堀北鈴音の兄である堀北学を呼んでいました。

堀北学は綾小路と龍園に、今の生徒会長である南雲雅のことについて話します。

堀北学が生徒会長だった時の考えは、全員揃って卒業することを目的としていました。

南雲雅はそれとは違い、いらない人間は即退学をいう考えを持っており退学者の数も増えています。

そんな南雲雅を止めて欲しい堀北学は綾小路に頼みました。

龍園にも話を聞かせた理由は、綾小路が1年生のクラス争いに参加しないことアピールするためです。

 

堀北学は綾小路に、「一度拳を交えた龍園は、お前の良き友人になるかもしれない」と言っていました。

確かに綾小路には、本当に理解し合える友人が必要かもしれません。

龍園はどちらかと言うと綾小路よりな考え方であり、綾小路の裏の顔も知っています。

そういう意味では二人は友人になってもおかしくないかもしれませんね。

まとめ

今回は龍園翔は8億プライベートポイントで何がしたいのか?

また集めるには綾小路と仲間になる必要があり仲間になったのか解説しました。

  • 綾小路はAクラスに上がるために龍園を駒にしたかった
  • 龍園は8億PPを獲得するためには綾小路の助けが必要だと考えた
  • 8億PPの目的はクラスメイトをAクラスにするため
  • 龍園と綾小路は協力関係になり今後、友人になる可能性が高い

「ようこそ実力至上主義の教室へ」については、他の記事でも解説していますので興味がある方はぜひ他の記事もご覧になってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

PAGE TOP