よう実メインヒロインが軽井沢に変更!佐藤の告白は何巻?

「ようこそ実力至上主義の教室へ」のメインヒロインは掘北鈴音だと思われていた方も多いかもしてません。

ですが「よう実」のメインヒロインは軽井沢恵に変更されました。

これは佐藤麻耶が綾小路に告白後に判明します。

今回はメインヒロインが軽井沢に変更になった経緯と、佐藤の告白は原作の何巻だったのか解説しています。

スポンサーリンク

「よう実」佐藤麻耶の基本情報を解説

まずはじめに佐藤麻耶の基本情報と、綾小路のことを好きになったきっかけについて解説していきます。

佐藤麻耶のとは?

佐藤麻耶は、1年Dクラスの女子生徒で軽井沢と同じグループです。

見た目がギャルっぽいので遊んでいるように見られがちですが、今まで男性と付き合ったことはなく恋愛経験はゼロです。

運動も勉強も苦手で総合評価はCー(44)と低く、自分がこの学校にいること自体に不安を感じています。

綾小路を好きになったきっかけ

佐藤が綾小路ことを好きになったのは体育祭の時でした。

綾小路はリレーで生徒会長の堀北学と勝負することなります。

佐藤は全力で走る綾小路の姿をみて、日頃とのギャップを感じ意識するようになりました。

完全に綾小路のことが好きになってしまった佐藤は体育祭あと綾小路を呼び出し電話番号を交換します。

その時、「体育祭の時の走りがカッコよかった!」と言って綾小路を褒めちぎりました。

Wデートをすることに

冬休みになり、佐藤は綾小路をデートに誘い告白をしようと考えていました。

軽井沢も佐藤の恋を応援するため、デートプランを考え軽井沢&平田カップルとWデートになります。

デート中も軽井沢は綾小路と佐藤がいい感じなるように、あの手この手を使いました。

そしてデートは終了し、佐藤は綾小路に告白。

残念ながら玉砕し、佐藤は泣きながら走り去りました。

「よう実」メインヒロインが軽井沢に変更!

ここからは、メインヒロンが掘北から軽井沢変更になったことについて解説していきます。

メインヒロイン変更

佐藤の告白を隠れて見ていた軽井沢。

佐藤を振ったのは、今まで本当に人を好きになったことがないと言っていました。

しかし、軽井沢と今の関係を続けることが最優先であると考えたからだそうです。

すなわち軽井沢は綾小路から完全に信頼できるパートナーとして認められたわけです。

続けて綾小路は「自分がAクラスを目指したり、生徒会との関係性を絶つことができれば、その時は友達・・・いや、それ以上の関係になれる気がする」と言いました。

メインヒロインは完全に変更ですね。堀北さんお疲れ様でした。

綾小路と軽井沢のその後の関係は?

軽井沢と綾小路のその後の関係ですが、二人は付き合うことになります。

しかも二人は深い関係になっており、あの恋愛ベタな綾小路もやるときゃやるんだと関心しました。

それかですが、二人が付き合っていることを佐藤は気付いてしまいます。

綾小路のことが忘れられない佐藤は、綾小路と付き合っているか軽井沢に確認しました。

自分を気持ちを知りながら、綾小路と付き合っていた軽井沢の顔を佐藤は平手打ち。

ですが佐藤は自分は一度、振られているのでそれ以上は何も語らず、これでチャラねと全てを終わらせました。

その後も佐藤の粋な計らいによって二人は友達の関係を続けています。

佐藤の告白は何巻?

佐藤の告白は、原作小説7.5巻です。

7.5巻は個人的にこの佐藤の告白がメインだと思います。

ちなみに原作漫画は現在12巻まで発売されていますが、体育祭の途中までしか描かれておらずまだ先の話になりそうですね。

まとめ

「ようこそ実力至上主義の教室へ」のメインヒロインが軽井沢恵に変更されたことについて解説しました。

また佐藤の告白は原作の何巻だったのかについても、説明しました。

佐藤は見た目はギャルっぽかったですが、一途な恋心を持つ純粋な女の子でしたね。

また軽井沢もとても可愛い回だったので、ぜひ原作小説を手にとって見ることをおすすめします。

綾小路も少しずつですが、恋心が分かって来たようなので今後の進展が楽しみですね。

「ようこそ実力至上主義の教室へ」については、他の記事でも解説していますので興味がある方はぜひ他の記事もご覧になってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

PAGE TOP