プラチナエンド題名タイトルの意味・由来は?終わり方がエヴァに似てる?

プラチナエンド

この記事ではプラチナエンドについて「プラチナエンド題名タイトルの意味(由来)は?終わり方がエヴァににてる?」といったテーマについて解説していきますね。

プラチナエンドは「デスノート」や「バクマン」と同じく大場つぐみさんと小畑健さんがタッグで作り上げた作品ですね。

プラチナエンドのタイトルや内容、終わり方について気になる方はぜひ最後までご覧になってみてくださいね。

スポンサーリンク

プラチナエンド題名タイトルの意味・由来は?

ここではプラチナエンドの物語の概要と、タイトルの由来(意味)ついて解説していきます。

プラチナエンドの物語の概要

ここではプラチナエンドの大まかな内容について解説しますね。

主人公の架橋明日(かけはし みらい)は事故で両親をなくし、引き取られた叔母と叔父に虐待を受けたことで飛び降り自殺を図ります。

しかし、地面に激突する直前に天使ナッセに命を救われて特殊な力を与えられたことで次の神の候補になります。

天使に力を与えられた架橋明日は天使ナッセから両親の死には叔母がかかわっていることを告げられます。

それに加えてナッセは「神の候補になっている人間は他に12人の人間が選ばれており、その中から999日以内に神を選ぶ」といったことも告げられます。

そんな中、神候補の1人がメトロポリマンといったヒーローの姿をして他の神候補を次々と排除していく。

そんなメトロポリマンと主人公の架橋明日やヒロインの花籠咲は戦っていくことを決める。

以上がプラチナエンドの大まかな内容になります。

タイトルの意味は?

プラチナエンドのタイトルの意味はいったいどのようになっているのでしょうか?

このような疑問に答えるためにプラチナエンドのタイトルの意味について調べた結果、タイトルの意味には2つの考察がありました。

1つ目の考察は、物語の結末を表したといったものです。

プラチナエンドは最後に神の自死によって、神とともにすべての人間が消えてしまいます。

このように、すべての人間が消えてなくなってしまうことを表したものが「プラチナエンド」だという考察です。

2つ目の考察は、主人公の終わり方を表したものだといった考察です。

主人公の架橋明日は先ほども解説したように、神の自死によって消えてなくなってしまいます。

しかし、架橋明日は消えてしまう際にヒロインの花籠咲に対して幸せだったことを告げて消えていきます。

結果的には、主人公もヒロインも消えてしまうといった結末にはなっていますが主人公は幸せを感じたまま終わることができています。

この幸せを感じたまま終わることができることを表している物が「プラチナエンド」といったタイトルになっているといった考察です。

プラチナエンドの終わり方がエヴァに似てる?

ここではプラチナエンドの終わり方が、エヴァに似ているということで比較検証してみました。

TVアニメ版のエヴァの終わり方は?

プラチナエンドはエヴァンゲリオンと同じような終わり方だという声がありますが、エヴァンゲリオンの終わり方はどのようなものになっているのでしょうか?

エヴァンゲリオンの終わり方(最終回)については次のようになっています。

エヴァンゲリオンの最終回はすべての使徒(敵)を倒し人類補完計画が始まることになります。

人類補完計画とは簡単に言うと「不完全な存在である人類を1つの生命体にしてしまおう」といった計画のことです。

他の人間とかかわることを避けていた主人公は、その計画の中で世の中を変えることができるかは自分次第だといったことに気づきます。

そして、自分を受け入れた主人公の周りにエヴァンゲリオンに登場したキャラクターが現れ、主人公に対して「おめでとう」と言います。

主人公はそれに対して「ありがとう」といってエヴァンゲリオンは終わります。

ちなみにエヴァ旧劇の人類補完計画で全人類達が1つに還元され、LCL化し洋服だけになるシーンも似ていますね。

シーンだけでいうと、この描写が似ていると感じる方が多かったのではないでしょうか。

エヴァとの比較

エヴァンゲリオンの終わり方については大体理解していただけたと思いますが、プラチナエンドと似ているのでしょうか?

テレビ版のエヴァンゲリオンとプラチナエンドを比較してみた結果、次のようになっていることがわかりました。

エヴァンゲリオンの終わり方:人類補完計画によって主人公が心を開き世の中を変えることができることに気づく。

そして、他の登場人物に対して「ありがとう」と言って終わる。

プラチナエンドの終わり方:神候補の1人である少年(主人公やヒロインではない)が神になった後、自死を選ぶ。

神が死んだことで人間もすべて消えてしまうことになるのですが、主人公の架橋明日は消えるときにヒロインに幸せだったことを告げて消える。

エヴァンゲリオンの終わり方とプラチナエンドの終わり方を比較した結果、終わり方の共通点は「大切な人に感謝を伝える」といった共通点がありました。

しかし、他の共通点は似ているような気がしますが、個人的には終わり方に共通点が多いとは感じませんでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事ではプラチナエンド題名タイトルの意味(由来)は?終わり方がエヴァににてる?といったテーマについて解説していきました。

プラチナエンドのタイトルの意味や終わり方について理解していただけましたか?

終わり方に関してはエヴァンゲリオンもプラチナエンドもとても衝撃的なものでしたね。

プラチナエンドの最終話を見てみたい方は、ぜひ漫画を購入してみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

PAGE TOP