プラチナエンド神に選ばれるのは誰?中海はクリーチャーになり何をした?

プラチナエンド

この記事では「プラチナエンド神に選ばれるのは誰?中海はクリーチャーになり何をした?」といったテーマについて解説していきます。

中海修滋(なかうみ しゅうじ)とはプラチナエンドの中でも神候補(天使に選ばれた人間)でありその中でも特に重要な人物です。

そんな中海修滋に関してこの記事では詳しく解説しますので、中海修滋に興味がある方はぜひ最後までご覧になってみてくださいね。

スポンサーリンク

プラチナエンド神に選ばれるのは誰?

ここでは神候補が神になるまでの経緯と、神になったのは誰なのか解説していきます。

神になるまでの経緯

中海修滋は13人いる神候補の1人であり最終的には神に選ばれる中学1年生の男の子です。

では、神に選ばれる中海修滋は神になるまではどのような経緯があったのでしょうか?

ここでは中海修滋が神になるまでの経緯について解説していきます。

中海修滋は神候補に選ばれた後は、死にたい人間が死ぬことができるように天使に与えられた道具を使って死ぬ手助けをしていました。

そして、生きる希望を失っていた中海修滋の兄を中海修滋が安楽死をさせようとしていたところで神候補を探していた主人公たちと出会います。

主人公たちと出会った後は誰が神になるかで話し合いが行われますが、その中で自分が神になったら死にたい人が安楽死できる世界にしたいといった意見を持っていました。

この話し合いの結果、神になったのは中海修滋でしたが、何が決め手になって神になることになったのでしょうか?

これについては次のテーマで詳しく解説しますね。

最終的に神になったのは中海

先ほど解説した中になったように、最終的に神になるのは中海修滋です。

ここでは神が中海修滋に決まった時に何が理由で神になることを決めたのか?について解説していきます。

まず、次の神についての話し合いの中では主に主人公を神にするといった意見と、新しい神を生み出さないようにするといった意見でわかれていました。

この新しい神を生み出さない意見については天才教授の米田我工教授(神候補から神を生み出さないことが正しいと思っている)の意見です。

途中までは中海修滋もこちらの意見でした。

しかし、最終的には米田我工教授は主人公が神になることを認めると同時に自らが死ぬことを決めます。

これを聞いた中海修滋は自らが神になり米田我工教授に神になった後に、すべてを伝えることを提案して他の神候補がそれに同意したため中海修滋が神になることが決まりました。

そして、最終的に神になった中海修滋は本来神が決まった段階で回収すべきだった神候補の道具を米田我工教授のもとに残して神になります。

中海修滋が神になった目的は、人を救いたかったといった感情よりも憧れていた米田我工教授に対して真実を伝えることだったようですね。

中海はクリーチャーになり何をした?

ここではクリーチャーの説明と中海はクリーチャーになった後、何をしたのか解説していきます。

クリーチャーとは

プラチナエンドの中では、登場人物のセリフの中でクリーチャーといったものも多く登場しますが、これは何なのでしょうか?

このクリーチャーについては、簡単にいうと神を言い換えたものです。

先ほどの解説の中に出てきた米田我工教授は神は存在せず、現在存在しているのは偽りの神(クリーチャー)であるという考えを持っています。

米田我工教授や中海修滋は、この考えから現在存在しているのは神ではなく化け物のような存在だといった捉え方をしているので神のことをクリーチャーと呼んでいるようですね。

この考えは中海修滋が神になった後も変わってはおらず、神(クリーチャー)を作ったのが人間であると信じています。

中海は神になり自殺する

中海修滋は神になった後、何をするのでしょうか?

これについて結論をいうと、中海修滋は神になった後に自殺をします。

しかし、なぜ神になった後に自殺をしたのかについて気になる方は多いかと思いますのでここでは中海修滋が自殺をした理由について解説していきますね。

中海修滋は神になったあと米田我工教授をはじめ、自分が関わった人間を見ていました。

中海修滋が関わった人間は、みんな幸せそうで安心しますが、次に中海修滋は自殺をしたがっている人間や苦しんでいる人間を見ることにします。

そして、数多くの自殺していく人間や苦しんでいる人間、何億もの神に祈り続ける人間を見ることで神の存在に絶望します。

その後、神である中海修滋は神の存在は不要なもので人間に任せることが正しいと結論付けます。

それと同時に、自らが自殺することで米田我工教授のもとにある神候補の道具が消え、神(クリーチャー)がいなくなったことを伝えられるといった考えを持ちます。

中海修滋は神が自殺をすることで天界には影響が出るが人間界には影響は出ないため、米田我工教授にメッセージを伝えることができるというに考えていましたが実際には違いました。

神である中海修滋が自殺をしてしまったことで、プラチナエンドに登場していた人物を含めたすべての天使や人間が消滅して消えてしまいます。

最終的には中海修滋の予想に反してメッセージを伝えるどころかすべての生き物が消えてしまうという終わり方は衝撃的でしたね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では「プラチナエンド神に選ばれるのは誰?中海はクリーチャーになり何をした?」といったテーマについて解説していきました。

神である中海修滋が自殺をするといった選択を選んだことも意外でしたが、それにより人間や天使がすべて消えてしまうといった終わり方も衝撃的でしたね。

プラチナエンドについては他の記事でも詳しく解説しておりますので、プラチナエンドに興味がある方はぜひそちらの記事もご覧になってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

PAGE TOP