プラチナエンド南河は神候補?生流奏との関係や死亡するのかについても

プラチナエンド

この記事では「プラチナエンド南河(みなみかわ)は神候補?生流奏との関係や死亡するのかについても」といったテーマについて解説していきたいと思います。

プラチナエンドに登場する南河水清(みなみかわ みずきよ)は、様々な人物に大きくかかわっているキャラクターですので気になる方も多いかと思います。

南河水清について詳しく知りたい方は、ぜひこの記事を最後までご覧になってみてくださいね。

スポンサーリンク

プラチナエンド南河は神候補?

ここではプラチナエンドに登場する南河は神候補なのか?そして彼はどういう人物なのか解説していきます。

南河は神候補?

南河水清は神候補なのでしょうか?

これについて結論を言うと、南河水清は神候補ではありません。

しかし、南河水清は主人公たちから神候補だと間違えられてしまいます。

これは、主人公たちがメトロポリマン(神候補の1人で主人公と敵対関係にある)を倒した後に神候補を決めるために話し合いを始めようとします。

この時主人公たちは、天使に与えられた道具が通常の人間に見えないことを利用して、神候補の疑いをかけられている人間を神候補なのか判断していました。

その中で、主人公が南河水清の前に現れた時に神候補の存在をある程度知っていた南河水清は身の危険を感じ神候補であるようなことを言ってしまいます。

その後、神候補が集まった場所で神候補であることが嘘だとばれてしまいますが、主人公に赤の矢(刺されると魅了してしまう)を刺されていたため行動を共にしていきます。

このように、南河水清は神候補ではありませんが神候補だと間違われたり神候補と深いかかわりがあるといったようにプラチナエンドの主な登場人物と多く関りがあります。

中海を説得した

作中で南河水清は、神候補の1人である中海修滋を説得している場面があります。

その前に、中海修滋について簡単に解説しますが、中海修滋とは神候補の1人で最終的には神に選ばれる中学1年生の少年です。

そんな、中海修滋は主人公や南河水清と会ったときに死にたがっている兄を殺した後に自らも自殺をしようとしていました。

しかし、そこで南河水清に「死ぬと必ず誰かが悲しんでしまう」といったことや「自殺は単純に迷惑だ」といったことを伝え自殺をやめるように説得します。

人に迷惑をかけたくなかった中海修滋は、これを聞いてすぐに兄を殺すことと自らが自殺することをやめます。

最終的には神になる中海修滋の自殺を止めるなんて、南河水清は重要な人物を説得していたことがわかりますね。

中海修滋は最終的に神になるといったとても重要な人物ですので、他の記事で中海修滋について詳しく解説しています。

興味がある方はぜひそちらの記事もご覧になってみてくださいね。

南河と生流奏の関係や最後は死亡するのかについても

ここでは、南河と生流の関係、そして彼は最後死亡してしまうのか解説していきます。

生流奏との関係は?

南河水清は主人公たち以外にも、メトロポリマンである生流奏とも関係があります。

これに関しては、南河水清が生流奏と同級生だということです。

作中では生流奏は同級生とあまり1対1で話すことはなかったのですが、南河水清とだけは話をする場面もありました。

このように、2人で話していたこともあったため南河水清は生流奏が世間を騒がせているメトロポリマンだと気づきます。

しかし、メトロポリマンの正体に関して気づいても真実を知ることを恐れたため南河水清は生流奏に真実を聞くことはありませんでした。

2人の関係性に関しては「同級生」だということ以外、特に深い関係があったわけではないのですが、そんな南河水清がメトロポリマンの正体に気づいたということは意外でしたね。

ここで多く登場したメトロポリマン(生流奏)については、他の記事で詳しくまとめていますのでメトロポリマンに興味がある方はぜひそちらの記事もご覧になってみてくださいね。

>>>プラチナエンドメトロポリタンうりゅう奏は死亡する?妹や目的についても

最後は死亡するのか?

南河水清はいつ死亡するのでしょうか?

これについては南河水清が死んでしまうのは、プラチナエンドの最終話だということになります。

最終話で南河水清が死んでしまう場面は描かれてはいませんが、最終話で死んでしまったということがわかる理由には次のようなものがあります。

プラチナエンドは最終話で神が自殺をしてしまったことにより、登場人物を含めた人間や天使はすべて消滅してしまうといった終わり方になっています。

このような終わり方になっているため神候補同士の戦いなどで死なずに生き残っていた南河水清は、最後に人間全員が消えてしまったところで一緒に消滅してしまったことがわかります。

南河水清は、神候補から神が決まった段階で記憶を消されており神が決まった後は、彼女もでき幸せに過ごしていたので最終的に消滅してしまうというのは少し残念でしたね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

南河水清は神候補でなないものの主人公やメトロポリマン、最終的に神になる中海修滋といった重要な登場人物と多くかかわっていることがわかりましたね。

この記事の中で紹介した人物についても他の記事では詳しく解説していますので、詳しく知りたい登場人物がいればぜひほかの記事もご覧になってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

PAGE TOP