プラチナエンドヒロイン花籠咲の過去は?明日との結婚や最後についても

プラチナエンド

この記事では「プラチナエンドヒロイン花籠咲(はなかご さき)の過去は?明日との結婚や最後についても」といったテーマについて解説していきます。

プラチナエンドに登場する花籠咲は、とても人気のキャラクターですので花籠咲がどのような人物なのか気になる方も多いかと思います。

そんな花籠咲について詳しく知りたい方は、ぜひこの記事を最後までごらんになってくださいね。

スポンサーリンク

プラチナエンドヒロイン花籠咲の過去は?

ここではプラチナエンドのヒロインである花籠咲の過去と、彼女についている天使ルベルについて解説していきます。

ヒロイン花籠咲の過去について

ヒロインの花籠咲は、神候補(天使に選ばれた人間)になる前は、どのような人生を送ってきたのでしょうか?

ここでは、花籠咲が神候補になるまでの人生について解説していきますね。

花籠咲は主人公である架橋明日と小学校低学年まで家族ぐるみで付き合いがあり、友達でいることを約束するほど仲良しでした。

しかし、架橋明日の両親が亡くなってしまい親戚夫婦に虐待を受けている架橋明日は学校でいじめられてしまうことになります。

そして、花籠咲は本心では架橋明日のことをいじめたくはなかったものの周りに合わせていじめを行ってしまいます。

その数年後、架橋明日と花籠咲が中学を卒業する日にいじめてしまったことを後悔していた花籠咲は、謝ろうと架橋明日のところへ向かいます。

しかし、そこでちょうど架橋明日が飛び降り自殺をするところを目撃してしまいます。(主人公はこの時地面に激突する直前に天使に命を救われ神候補になります)

架橋明日の自殺を目撃してしまい恐怖を覚えた花籠咲は自身も入水自殺を図ります。

この時に花籠咲は天使に選ばれ神候補になり物語が始まります。

このことから、花籠咲は自殺を図ってしまうほど架橋明日の自殺にショックを受けていたことがわかりますね。

咲の天使ルベルは昇級する

ここでは花籠咲についている、天使ルベルについて解説していきます。

まず、天使ルベルについてですが、天使ルベルとは花籠咲が自殺を図ったときに花籠咲を神候補に選んだ2級の天使です。

簡単に天使の階級について解説しますが、天使には特級、1級、2級といった階級があり特級が最も位が高く1級、2級と位が下がっていきます。

この階級は、天使が神候補にどのような道具を与えることができるのかを決めるものでもあるためとても重要なものになります。

神候補が天使に与えられる道具や天使の階級については、他の記事で詳しく解説しておりますので興味がある方は、ぜひそちらもご覧になってみてくださいね。

>>>プラチナエンド赤の矢・白の矢・翼とは?難しいルールについても

天使の階級に関して簡単に理解していただいたところで早速、花籠咲についている天使ルベルは昇級するのか?といった疑問について解説していきます。

結論を言うと、花籠咲についている天使ルベルは2級の天使から1級の天使へと昇級を果たします。

天使が昇級するには様々な理由がありますが、天使ルベルの場合は「涙を流したこと」でした。

天使は涙を流すことはなく、他者の感情を理解して泣くのは人間だけだとなっていました。

しかし、天使ルベルは自身の無力さで花籠咲を助けることができできなかったことで涙を流します。

このことから天使ルベルは、人の気持ちを理解することができたということで「感情の天使」と名乗ることを許され、1級天使に昇級を果たします。

天使の中では涙を流したのは天使ルベルが初めてだったようなので、昇級ができたのかもしれませんね。

ヒロイン花籠咲は明日と結婚するのか?二人の最後についても

気になる咲と明日の関係ですが、二人は結婚するのか?そして最後はどうなってしまうのか?解説していきます。

二人は結婚し花屋を営む

花籠咲は架橋明日に対していじめてしまったことを後悔していると同時に、架橋明日のことがずっと好きだったことが作中で分かります。

このような恋愛要素を見てこの2人は結婚するのか?と疑問を持った方も多いかもしれません。

これについてはプラチナエンドの終盤でわかるのですが、架橋明日と花籠咲は結婚して花屋を共に営むことになります。

架橋明日と花籠咲はお互いが神候補になる前も神候補になった後も、ずっと両想いだったので結ばれるのは当然なのかもしれませんね。

最後は消滅する

花籠咲は架橋明日と結ばれて花屋を営み幸せに暮らしますが、最終的には架橋明日とともに花籠咲は消滅してしまいます。

プラチナエンドでは13人の神候補がいて、最終的には架橋明日でも花籠咲でもない中学生の少年が神に選ばれます。

そして、その少年が神になった後に自殺をしてしまったことにより天使や人間がすべてが消滅して消えてしまうといった終わり方になっています。

この衝撃的な終わり方によって、幸せに過ごしていた架橋明日と花籠咲も最後には他の人間や主な登場人物とともに消滅してしまいます。

とても幸せに過ごしていたのに最終的にはすべて消えてしまうなんて本当に衝撃的なラストですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、ヒロインの花籠咲について「プラチナエンドヒロイン花籠咲の過去は?明日との結婚や最後についても」といったテーマについて解説しました。

花籠咲が架橋明日と結婚し幸せに暮らすことができていましたが、その後消滅してしまうといった結末は衝撃的でしたね。

プラチナエンドの結末や主人公については他の記事で詳しく紹介していますので気になる方はぜひ他の記事もご覧になってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

PAGE TOP