惑星のさみだれその後の結末は?最終話をネタバレ解説

「惑星のさみだれ」は第10巻で完結し、最終話では獣の騎士団の10年後が描かれました。

今回は最終話「終わるものと続くもの」の内容をネタバレ解説してきます。

はじめに、最終決戦アニムスとさみだれとの戦いについても解説していますので、気になる方は先に見てみてください。

獣の騎士団のその後の結末が気になる方は、ぜひ最後までご覧になったくださいね。

スポンサーリンク

「惑星のさみだれ」最終決戦の結果

まずはじめにアニムスとの最終決戦、そしてさみだれのVS夕日の戦いについて解説していきます。

アニムスとの戦い

アニムスとの最後の戦いについてですが、結論からいうと獣の騎士団の勝利で幕を閉じます。

アニムスはさみだれにビスケットハンマーを破壊され、獣の騎士達との戦いでサイキックを使い果たしてしまいます。

そこに現れたアニマが槍でアニムスの心臓を貫きました。

アニムスは死にたくない、まだ知りたいことがある、次はすべてを知るものになりたいと言って死んでいきました。

そして次の場所(転生先)は、随分昔でアニムスの今までの行いを償うためには500年かかるといいます。

そしてゆっくりとアニムスの体は土に帰っていきました。

さみだれVS夕日

アニムスを見事撃破した獣の騎士団でしたが、最後に魔王さみだれが地球を破壊すると発言。

幻獣の騎士、南雲と白道がさみだれを止めるため攻撃を仕掛けますが、二人の前に夕日が現れこれを阻止します。

夕日は天の庭バビロンを使い、南雲と白道を退け自分がさみだれを止めると宣言。

二人を倒したことや、様々な要因が重なりノイが幻獣インビジブルに変化し、夕日の能力も飛躍的に上昇しました。

ですが圧倒的な力を持つさみだれには歯が立ちません。

それを見ていた獣の騎士団は、最後の力を夕日に与え、その力はさみだれに届きました。

夕日は「僕がついてる。一緒に行きて一緒に死のう」とさみだれに言うと「この星よりゆーくんが好き」とはなし、さみだれの地球破壊を止めることができました。

最終話「終わるものと続くもの」の内容をネタバレ解説

ここからは最終話「終わるものと続くもの」についての内容をネタバレで解説しています。

指輪の従者はどのような基準で選ばれたのか

10年後、大人になった雨宮夕日の前にアニマが「何か聞きたいことはないか?」と言って現れました。

夕日は指輪の従者の数は12体で数字は意味がありげなのに、星座や干支ではないのはなぜなのか質問しました。

アニマは幼い頃に病院の窓から見た月の模様が何に見えるかアニムスと夜通し語り合い、出てきた動物だったそうです。

アニマの正体は?

アニマとアムニスは未来人ですが、どのくらいの未来から来たのでしょうか?

二人は32世紀の未来人であることがアニマの口から告げられました。

驚いた夕日は、火星に住めるようになってたりするのか?と聞くとあまり覚えていないようでしたが、火星行きの便もあったような気がする言いました。

しかし、もうアニマがいた未来とは歴史が変わっていて、どうなったかは分からないとのこと。

アニマが戦いを持ち込んだせいで、この時代の優秀な科学者の人生を大幅に変えてしまったそうです。

実はさみだれの姉である朝日奈氷雨と東雲半月はアニマの子孫でした。

東雲半月は死亡しているのでこの歴史には、もうアニマとアニムスは生まれて来ないのです。

以前、アニマが朝日奈氷雨と病院ですれ違った時に「こんにちはご先祖様」と言ったのは伏線でしたね。

獣の騎士団その後の結末は?

獣の騎士団が10年後どうなったのかを表にまとめました。

名前年齢職業備考
南雲宗一朗52探偵10年前、願いで宝くじを当てる
星川昴24探偵助手三日月と仲がいいが付き合っていない?
東雲三日月30裏警備会社犯罪者にお灸をすえたりしてる
宙野花子28飲食店経営実家の1階を自分で改装し食堂を経営
茜太陽22大学生宙野花子の食堂でアルバイトをしている
風巻豹37大学助教授八宵と結婚し絵に書いたようないい夫婦
風巻八宵(旧姓:白道)33専業主婦豹にお重に入った弁当を届けていた
月代雪待24中学教師茜太陽と付き合っている
雨宮夕日30刑事火渡刑事にこき使われている
朝日奈さみだれ27術後フランスで2年療養し日本に帰る

三日月と昴は、二人で映画に行くなど仲は良いようですが、付き合ってはいないようで曖昧な関係のようです。

さみだれも8年間の闘病生活後2年間療養し、元気になって日本に帰国しました。

毎日、10kmも走れるほど回復しており、オリンピック出場を目標にしていくるそうです。

一番衝撃的だったのが、風巻と白道の結婚ですね。

二人の結婚の裏話については、下記の記事で詳しく解説しています↓↓↓

まとめ

今回は「惑星のさみだれ」最終話“終わるものと続くもの”の内容をネタバレ解説しました。

「星のさみだれ」は第10巻で完結し、最終話では獣の騎士団の10年後が描かれていましたね。

あんなに暗かった太陽は、明るく元気になりました。

花子も太郎の意思をついで食堂を経営。

白道さんも幸せになって良かったですね〜

さみだれの病気も完治しハッピーエンドで終わった「惑星のさみだれ」はとてもに面白かったです。

「惑星のさみだれ」については、他の記事でも解説していますので興味がある方はぜひ他の記事もご覧になってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
惑星のさみだれ
スポンサーリンク
あなたにおすすめ

なっちゃんをフォローする
なっちゃんのブログ

コメント

PAGE TOP