うらみちお兄さんクマオ(くまお)君の熊谷みつ夫とは?弟のはち太についても

うらみちお兄さん

7月5日より放送が始まったアニメ『うらみちお兄さん』は、もうご覧になりましたか?

放送前から話題になっていただけに、毎週心待ちにしている人も多いのではないでしょうか。

今回はママンとトゥギャザーの愉快な仲間の一員『熊谷みつ夫』を紹介していきます。

普段は可愛いマスコットキャラクター『クマオ君』として登場していて、うらみちお兄さんの中では寡黙でクールなキャラクターです。

弟想いのお兄ちゃんな一面もある熊谷みつ夫と、溺愛されている弟はち太についてもみてきましょう。

スポンサーリンク

うらみちお兄さんクマオ(くまお)君の熊谷みつ夫とは?

ここではクマオ君とその中の人『熊谷みつ夫』について紹介していきます。

くまお君について

クマオ君とは、ママンとトゥギャザーのマスコットキャラクターです。

『とっても頼れるクマの男の子。よい子のみんなとはちみつが大好き』をキャッチコピーにしているよ!!

語尾は『クマ』。

良い子のお友達『クマオ君』『ウサオ君』と楽しく番組を盛り上げています。

番組内ではよきアシスタントとしてうらみちお兄さんたちを助けていたり、不意にやってくるうらみちお兄さんのパワハラには逆らいません。

熊谷みつ夫とは?

良い子のお友達『クマオ君』の中身は『熊谷みつ夫』28歳が入っています。

お酒が強い男の子で、ウサオ君の中身・兎原跳吉とは大学時代からの友人です。

マンガでは後ろ姿やクマオ君のシーンしか描かれていませんでしたが、8話にしてやっと素顔が公開されました。

アニメでは1話目からばっちり顔出ししていましたね。

いつもは無表情なのに、クマオ君の時はテンション高めなのが不思議。

何気に子供に好かれていて、子供の夢を守るためにクマオ君の中身とは決して明かしません。

いけてるお兄さんには負けますが、ポテンシャルが高め。

学生時代に弓道で鍛えた集中力とコントロールで難所を乗り切ったり、いけてるお兄さんの心のケアも得意(第11話参照)で、番組を支える大切なポジションを背負っています。

無茶なパワハラに耐え切れず、上司を殴ってクビになった過去を持ち何気に血の気が多い。

しかも、2回。

普段はとてもクールなキャラクターですが、猫と弟に弱い。

特に弟に対しては重度のブラコンなのでかなり可愛がっています。

熊谷みつ夫の弟はち太についても

熊谷みつ夫が溺愛しているたった1人の弟、『熊谷はち太』についても紹介していきます。

弟の熊谷はち太について

クールな兄・みつ夫と比べると、ちょっと臆病で内気な男の子・23歳です。

福井から上京し、しばらくははち太と一緒に暮らしています。

上京初日は都会の雰囲気にビビりまくって、捨てられた子犬のようにガタガタ震えていました。

いけてるお兄さんに拾われて兄のみつ夫まで届けられる様子がなんとも可愛らしい(笑)

料理が苦手なのに和食料理店に弟子入りして、魚が捌けなくて1度クビになります。

しかし、みつ夫の教えにより克服し無事に復帰しています。

ストイックさはありませんが、素直で真面目な男の子です。

はち太の幼少期

少しだけですが、福井での幼少時代が描かれていました。

兄のみつ夫がめちゃくちゃグレている時期なのですが、そんなことは全く気にせず無邪気に接する可愛い姿がありました。

熊谷家は『漁師の祖父』『板前の父』というガチガチの職人一家。

昔気質な家庭に窮屈さを感じ、反発からグレてしまったみつ夫が唯一心を許していた存在でした。

そんなみつ夫を変わらず兄と慕い、反抗期から脱出するきっかけをつくったのもはち太でした。

『部活やりねや』(福井の方言です)と、小学生のはち太が何気なくすすめるのですが、幼いなりに荒れる兄を心配していたのでしょう。

自分の部活は『あみだくじ』で決まると話す、天真爛漫な少年でした。

まとめ

今回はうらみちお兄さんクマオ(くまお)君の熊谷みつ夫とは?弟のはち太についてまとめました。

うらみちお兄さんの中では唯一まともな人間に見えましたが、内に秘めたパンチ力はピカイチでしたね!

今後のアニメ放送で隠れたヤバさが発揮されるのか、非常に楽しみです(笑)

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

PAGE TOP