うらみちお兄さん大学時代の過去編とは?彼女はいないが人気がありモテていた

うらみちお兄さん

テレビアニメが絶賛放送中の『うらみちお兄さん』はもうご覧になりましたか?

毎週繰り広げられるお兄さんの苦悩と葛藤を面白おかしく描いた、痛快なストーリーが話題になっています。

うらみちお兄さんの心の闇は一体いつから宿ってしまったのか、全くもって謎ですね。

そんなうらみちお兄さんは意外にも学生時代は女性人気があり、モテていたらしいのです。

今回は裏表の激しい主人公、うらみちお兄さんの大学時代についてみていきましょう。

スポンサーリンク

うらみちお兄さん大学時代の過去編とは?

本編では8割方病んでる系のうらみちお兄さんですが、一体いつからあんな風になってしまったのでしょうか。

ここではうらみちお兄さんの大学時代を紹介していきます。

社会の荒波に揉まれる前のお兄さんと、現在の同僚たちの過去編も合わせてみていきましょう。

大学時代の過去編の内容

うらみちお兄さんの大学時代のエピソードは、単行本の巻末にて楽しむことができます。

ストーリーは、熊谷みつ夫と兎原跳吉の登場から始まります。

学生寮で同室の熊谷と兎原の元に、表田裏道が加わり共同生活が始まるのです。

体操のエースであるうらみちお兄さんは学校内でも特に有名で、熊谷と兎原はちょっと緊張気味。

うらみちお兄さんの方が学年が上なこともあり、そこまで親しく触れ合う描写はありませんでした。

最初はそんなつかず離れずな関係でしたが、兎原が怪我をしたり、スーパーに買い物に行ったりして徐々に打ち解けてきます。

ママンとトゥギャザーの『うらみちお兄さん』になる前の、不器用で純粋な大学生・表田裏道が描かれています。

毒気の無い、うらみちお兄さんの本質がそこにあるような内容でした。

他のキャラも登場するのか?

うらみちお兄さん大学時代の過去編には、ママンとトゥギャザーの同僚たちも登場します。

大学では熊谷や兎原が登場し、その同級生の『猫田』というキャラクターも結構出てきます。

マンガの方だと第32話で登場するので、アニメでも会えるかもしれません。

他には、演歌歌手時代の詩乃お姉さんや、高校生の池照お兄さん、池照お兄さんの姉も登場します。

背景に見切れている程度だったり、うらみちお兄さんとの絡みはほぼ無し。

ですが、詩乃お姉さんの黒歴史や時計が読めないイケメン高校生に笑いがこぼれます。

なんと子犬時代の小百合さんも登場!

おそらくボルゾイであると判明しました!(笑)

うらみちお兄さん大学時代は彼女はいないが人気がありモテていた

学生時代のうらみちお兄さんは、まだ病んでいません!

ブラックではないのです!!

学生時代のうらみちお兄さんがどんな感じなのか、紹介していきます。

学生時代の裏道はブラックではない

うらみちお兄さんは、学校内ではかなりの有名人。

体操のエースとしてスーパースター扱いをされていますが、何故か常に無表情。

感情の起伏が無い感じでテンションが低いです。

他人に冷たいとかではなく、かと言って体操に打ち込んでいるスポーツマンを全面に出しているわけでもなく。

不思議な雰囲気を纏っています。

熊谷みつ夫に『割とすごく苦手だ』と断言させてしまう、危うさと隣り合わせのミステリアスボーイ。

しかし、本編でも垣間見せた父親との確執のようなものはありました。

冬休みの長期休暇は帰省せずに、自主練をして過ごしたようです。

熊谷の『真面目ですね』的な一言に『真面目って、人に言われたことをやるだけとは違うだろ』と返しました。

うらみちお兄さんの表情はやはり無表情で、一体どんな感情から出た言葉なのか分かりませんでした。

彼女はいないが人気者だった

ブラックなお兄さんではない表田裏道は、大学内でスーパースターのように囁かれ、女子からも人気がありました。

しかし、彼女はいないと断言。

無表情のためかチヤホヤされている感じはなく、みんな遠巻きに見ている印象があります。

同室になった兎原にうらみちお兄さんの様子を聞いたり、女子たちは気になっている様子はありました。

ママンとトゥギャザーではいけてるお兄さんがイケメンポジションなので、うらみちお兄さんが薄れ気味ですが、多分うらみちお兄さんもイケメンの部類に入るはず。

『真面目でストイックな体操のエース』という肩書きも加わり、学生時代は人気がありモテていました。

その人気のまま大人になれなかったのが残念です!!

まとめ

うらみちお兄さん大学時代の過去編とは?彼女はいないが人気がありモテていた、についてまとめてみました。

本編では見られない、まだ擦れていないうらみちお兄さんの姿がそこにはありました。

今みたいな感じになってしまったのは、社会に出てから余程苦労したのかもしれませんね。

ちょっと深イイ話的な大学時代過去編でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

PAGE TOP