閃光のハサウェイクェスパラヤとは?声優の川村万梨阿についても

閃光のハサウェイ

今作、閃光のハサウェイではメインヒロインとしてギギ・アンダルシアという女性キャラクターが登場します。

主人公のハサウェイはギギを、クェス・パラヤという女性に重ねるシーンが劇中であります。

今回はそのクェスとは何者なのか?またその声優の川村万梨阿(かわむら まりあ)さんについても紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

閃光のハサウェイクェスパラヤとは?

ここではクェス・パラヤの紹介と、彼女とハサウェイ・ノアの関係について解説していきます。

クェス・パラヤとは?

第二次ネオ・ジオン抗争(逆襲のシャア)の劇中に登場する13歳の少女で、髪型を左右で長さの異なるツインテールをしています。

アデナウアー・パラヤの娘で民間人という設定ですが、ニュータイプとしての素質を持っています。

ロンデニオンで、アムロとハサウェイの3人でドライブをしている最中にシャアと遭遇して、クェスはシャアの言葉に唆されてしまい、誘いに応じてネオ・ジオン側へと身を寄せてしまいます。

その後ニュータイプ研究所で訓練を受け、ファンネルを使いこなし才能を見せつけます。

そして彼女はニュータイプ専用機ヤクト・ドーガやα・アジールの性能を申し分なく発揮していきます。

初陣となるルナツーで、自らが攻撃した巡洋艦に実の父親ががいたことに気付かないまま、手にかけてしまいます。

このことがトラウマとなり、感情のバランスを失っていきます。

地球がなくなれば、人は誰もがニュータイプとなって分かり合えるというシャアの思想を信じて、戦場に出てきます。

しかし、チェーンと交戦しグレネードが直撃してしまい帰らぬ人となってしまいます。

クェス・パラヤとハサウェイ・ノアの関係

クェスとハサウェイは、宇宙世紀0093年にシャア・アズナブルの地球寒冷化作戦を受けて、地球から宇宙へと上がるシャトル内で出会います。

その後は、クェスとハサウェイは2人で行動するようになります。

ハサウェイはクェスに想いを寄せる一方、愛のない家庭で育ったクェスは父親的な愛情を求めアムロやシャアに気持ちを寄せるようになります。

しかしハサウェイはクェスを大事に思っており、シャアの元に身を寄せてしまってからも取り戻そうと力を尽くしていました。

仲の良い男女という形でしたが、最後はハサウェイの片想いになってしまいました。

ハサウェイは目の前で亡くなったクェスのことが忘れられず、ギギが『大佐!』と言った時には、その時のことを思い出すというシーンがありました。

クェス・パラヤの声優の川村万梨阿についても

ここではクェス・パラヤの声優である川村万梨阿さんの紹介と、代表作品について解説していきます。

クェス・パラヤの声優は川村万梨阿

川村万梨阿さんは、1961年11月21日、東京都世田谷区に生まれた声優や、女優、歌手をされていた方です。

とても人柄が良い人みたいで、交友関係では富野由悠季さんや、漫画家の新谷かおるとは高校時代からの仲だそうです。

デビュー作で共演した主演の中原茂とはずっと仲良しだそうです。

川村万梨阿の代表作品

聖戦士ダンバイン(チャム・ファウ)

機動戦士Ζガンダム(ベルトーチカ・イルマ)

 おそ松くん(クミコ)

シティーハンター2(ユリ子)

それいけ!アンパンマン(1989年 – 2012年、みずうみ姫、アコヤちゃん、チンクル、風鈴くん、シャンプーちゃん、紙風船ポンポン)

少年アシベ(ノリコ、スガオのママ、両々、諸々)

美少女戦士セーラームーンS(ユージアル)

幽☆遊☆白書(氷菜)

新世紀エヴァンゲリオン(アスカの母〈惣流・キョウコ・ツェッペリン〉)

ポケットモンスター(カンナ)

名探偵コナン(2003年 – 2015年、江崎幸子、船本兼世、佐倉真悠子、羽根木りょう)

ポケットモンスター アドバンスジェネレーション(ユマ)

ポケットモンスター ダイヤモンド&パール(モミ)

ポケットモンスター ベストウイッシュ(マコモ博士)

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(クェス・パラヤ)

機動戦士ΖガンダムII A New Translation -恋人たち-(2005年、ベルトーチカ・イルマ)

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年、クェス・パラヤ)

まとめ

今回は以前の逆襲のシャアに登場したクェスと、その声優の川村万梨阿さんについて紹介しました。

このクェスの登場がなければ、今作の閃光のハサウェイはなかったのではないかと思います。

このクェスはそのニュータイプのような発言や行動、素直すぎる性格が登場するギギに似ています。

ギギもクェスと同じように、ニュータイプと思われるような発言や行動をします。

そして振る舞いなどが似ていることにより回想シーンが登場し、大切な人をもう失いたくないという気持ちで守ろうとする強い意志も感じます。

クェスを亡くなってしまった後悔や、ギギと重なってしまう性格やその振る舞い。

ハサウェイにとってはとても大きな存在だったのではないかと思います。

アムロやシャアの思想も引き継ぎ、大切な人を亡くした悲しみを力にして地球環境の再生と、人類の粛清を誓います。

次回作もこのクェスの回想シーンは登場し、ギギと重ねてしまうシーンが登場すると思います。

この先それが、どのように影響してくるのかそれも注目しながら次回の【サン・オブ・ブライト】に期待を込めています。

コメント

PAGE TOP