【閃光のハサウェイ】ノアがクズで悪役!マフティーとは?メンバーについても

閃光のハサウェイ

ガンダム作品は数多くのあり、登場キャラクターも多く存在します。

その中でも主人公は視聴者やファンに色々な意見を言われています。

今作の主人公のハサウェイ•ノアは珍しくクズと言われ、悪役の様なポジションでいます。

それでは、なぜハサウェイが悪役を演じクズと言われるのか?

またマフティーという組織や、その主要メンバーについても紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

【閃光のハサウェイ】ノアがクズで悪役!

ここではハサウェイ・ノアが悪役と言われている理由と、秘密結社マフティーについて解説していきます。

ハサウェイノアは悪役

ハサウェイが悪役と言われるのは、所属しているマフティーという組織に理由があります。

マフティーは反連邦組織であると同時に、テロリストだからです。

さらに悪役と下記で書かせて頂く、クズと言われる理由には少し被る部分があります。

少しだけ説明しますと、逆襲のシャアでアムロのパートナーのチェーン・アギを打って殺してしまうからです。

恐らくその二つの理由だと思われます。

ハサウェイノアのクズと言われる理由

ハサウェイがクズと言われる原因は、逆襲のシャア時代にあります。

登場時はブライトの息子で、あまり目立った特徴のない子供でしたが、物語が進むにつれてクェスに好意を抱く自分の心に素直な少年です。

モビルスーツ体験ができるゲームのようなものに乗り込み、数機撃破しニュータイプとしての素質を出していました。

その後クェスはシャアについていき、2人は離れ離れになります。

そしてハサウェイはクェスを取り戻すと誓い、父のブライトが指揮をするラー・カイラムに乗りました。

話は進み、シャアから与えられた α・ジールに搭乗し出撃しているクェスが、壊れかけのジェガンに乗ったハサウェイと遭遇します。

クェスを助けようとしたハサウェイがα・ジールに取り付きますが、それをクェスは振り落とそうそしているところに、アムロを助けに行こうとしたリ・ガズィに搭乗したチェーン・アギと遭遇します。

ハサウェイを守ろうとしてチェーンはクェスを落とし、目の前でクェスを殺されハサウェイはチェーンにビームライフルを撃ちます。

それがチェーンに直撃し、チェーンは亡くなります。

チェーンを殺した事実こそ、ハサウェイがクズと言われる理由です。

これは賛否両論ありますが、クズと捉える方もいますしハサウェイに同情する方もいます。

【閃光のハサウェイ】マフティーとは?メンバーについても

ここでは秘密結社マフティーの紹介と、マフティーの主要メンバーについて解説していきます。

秘密結社マフティーとは?

宇宙世紀0103年頃から、活動が目立つようになった反連邦組織マフティー。

地球の環境再生を目的としている秘密結社で、全人類を地球から宇宙へ移民させる為の『宇宙移民計画』を地球連邦政府に要求しました。

他にも、世襲制の様相を呈するようになった連邦政府の官僚主義と、起因する差別政策を否定、粛清する事も目的としています。

さらにマフティーは、一年戦争時にコロニー落としで出たその残骸とクレーターを使い基地にしたり、鉱物運搬船を改造し支掩艦ヴァリアントなど、いくつもの活動拠点を持っています。

その姿勢からスペースノイドからの厚い支持を得ていて、指導者マフティーの本性や素顔が秘密にされているので、正体や素顔について様々な憶測や噂が流れたようです。

マフティー主要メンバーの紹介

マフティーには指揮官である、ブリンクス・ウェッジ(鉱物運搬船『ヴァリアント』の艦長)、イラム・マサム(作戦担当、副館長)、ローウェスト・ハインリッヒ(トレーラー隊の指揮官)。

 

次にパイロットのエメラルダ・ズービン(メッサー1号機のパイロット)、ガウマン・ノビル(メッサー2号機のパイロット、シャアの反乱時には連邦政府軍に所属していた、映画ではホテルに泊まっていたハサウェイを陽動する作戦を遂行した)

以下、メッサー部隊(フェンサー・メイン、ゴルフ、ウェッジ、ハーラ・モーリー、ロッド・ハイン、ビランテス・スエッケン、ドラブ・リッド、ドメステ)

以下、ギャルセゾン部隊(レイモンド・ケイン、シベット・アンハーン、ヘンドリックス・ハイヨー、カウッサリア・ゲース、リドリック)

他にもジュリア・スガ(メカニック担当)、チャチャイ・コールマン(通信担当)、マクシミリアン・ニコライ(整備担当)、ミツダ・ケンジ(連絡担当)、ミヘッシャ・ヘンス(連絡担当)、セリア・デース(地区支援要員、映画ではハサウェイがマフティーに入るきっかけになったとされている)

まとめ

今回はハサウェイがクズ、悪役、そして所属しているマフティーとはどんな組織なのかを解説させていただきました。

僕個人の意見ではありますが、ハサウェイの善悪は賛否両論あると思います。

本人は地球の環境を再生させたいという気持ちで、シャアの思想を引き継ぎ、治せるという人類の可能性を信じるアムロの思想も引き継いでいます。

逆シャアの時もそうでしたが、お互いに正しいと思って行動していることだからこそ、対立していました。

その二つの思想を持っていて、大切な人を失うことの辛さを目の前で実感しています。

やはり余計な被害は避けるように奇襲を仕掛けたり、狙う時間や場所などを考えています。

そんなハサウェイが世間ではテロリストと扱われ避難を浴びています。

だからこそ最後は処刑という道になってしまったんだと思います。

しかしハサウェイ側の人たちは、信頼し良い関係を築いています。

あとの2部作でその人間関係や、周りの人物からの対応などが変わっていくのか、また視聴者やファンの皆様がやはりまだクズや悪役と思うのかどうかそこも楽しみであります。

コメント

PAGE TOP