エール30話もみじ階段がある駅のロケ地は明治村SL名古屋駅!他のドラマで撮影地となったことも

前回の放送で、音と鉄男の説得で東京行きを選ぶかのか、家族の幸せを選ぶのか苦渋の決断を迫られる祐一でした。

今回の放送では、茂兵衛に借りた傘を返しに行った時に偶然、茂兵衛と八重の話しを聞いてしまいます。

その話を聞き祐一は東京行きを決心します。

今回はエール30話で三郎が祐一を見送ったもみじ階段がある駅がとてもキレイで気になったのでこのロケ地について書いてみました。

調べていくうちに、このロケ地は他のドラマで撮影地にもなったこともあるようで、そのあたりも深堀りしてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エール30話もみじ階段がある駅のロケ地は明治村SL名古屋駅!

博物館明治村(はくぶつかん めいじむら)は、愛知県犬山市にある野外博物館、また明治時代をコンセプトとしたテーマパーク。 明治時代の建造物等を移築して公開し、また明治時代の歴史的資料をも収集し、社会文化の向上に寄与することを目的とする。通称「明治村」。管理運営は公益財団法人明治村。

非常に大規模であり、その敷地面積は日本のテーマパークでは、同じ名鉄インプレスが経営するリトルワールドに次ぐ、第3位を誇る。 歴史的建造物の多さやその広さからドラマの撮影やアニメのモチーフに頻繁に使われ、また明治東亰恋伽などゲームとのコラボレーションや、夏には世界コスプレサミットのサブ会場の提供なども実施。

引用元:ウィキペディア

とても広大な敷地に様々な明治時代の建物を収集・保管している場所でその明治村の中にSL名古屋駅があります。

明治村SL名古屋駅とは

音を見送った三郎が駅の階段から降りてくると、東京行きを決意し実家で荷物をまとめた祐一と階段の中央で話をします。

この雨で濡れた石畳みの階段がとてもキレイでした。

しかも、緑の木々に囲まれ少し赤くなった紅葉も風情がありましたね。

この階段のロケ地はというと

明治村のSL名古屋駅でした。

雨上がりのシーンでしたがとてもキレイでしたね!一度は行ってみたいと思います。

 

 明治村SL名古屋駅の地図・アクセス方法

◎電車でのアクセス

「名鉄名古屋駅」から「名鉄犬山駅」下車 バス約20分。

※犬山駅は東口です。「明治村行」にご乗車ください。

◎車でのアクセス

中央自動車道「小牧東IC」から3km。

国道41号上小口2丁目交差点から6kmまたは、兼清交差点から5km。

明治村は他のドラマの撮影地にもなった!

半分青い

2018年4月〜9月に放送された、永野芽郁と佐藤健が出演した半分青いでも明治村はロケ地として使われています。

鈴愛と鈴木君がデートした場所ですね。待ち合わせが三重県庁舎懐かしい…..

まんぷく

2018年10月〜2019年3月に放送された安藤サクラと長谷川博己のインスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者、安藤百福とその妻・仁子(まさこ)の半生をモデルした「まんぷく」でもロケ地に使用されています。

帝国ホテル玄関は、福ちゃんが働いていたホテルのフロントの撮影に使われていましたね。

西郷どん

撮影地ではないのですがNHK大河ドラマの「西郷どん」鈴木亮平演じる西郷隆盛の弟、錦戸亮演じる西郷従道(さいごうじゅうどう/つぐみち)の邸宅が明治村にあります。

もともとは目黒に有りましたが移設されました。明治村では「西郷どん」にまつわる建物やハイカラグルメ、明治時代を体感できます。

まとめ

今回はエール30話で三郎が祐一を見送ったもみじ階段がある駅のロケ地について書いてみました。

三郎が祐一を見送った駅の階段は、明治村のSL名古屋駅でした。

雨濡れた石畳みの階段がとてもキレイで、緑の木々に囲まれ少し赤くなった紅葉も風情がありましたね。

また明治村は「半分青い」「まんぷく」などの朝の撮影地にもなっていました。

他のテレビドラマのロケ地にもなっているようなので、ぜひ一度行ってみたい場所ですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

PAGE TOP