朝ドラエール佐藤久志少年がチコちゃんに似てる説?子役の山口太幹についても

6月17日の朝ドラエールの放送ではバンブー店主、野間口徹(梶取保 かとりたもつ)と仲里依紗(恵 めぐみ)が、どの様に出会い結ばれたのかというお話です。

 

梶取保が営んでいた、古本屋の常連客、井上順(木下一)と一緒にいた佐藤久志少年がツイッターで「チコちゃんみたいだ!」

と話題になっています。

今回は、なぜチコちゃんみたいと騒がれているのでしょうか?

その理由と、久志少年を演じる子役の山口太幹についても深堀りしてみたいと思います。

スポンサーリンク

朝ドラエール佐藤久志少年にチコちゃん説!?

久志少年がチコちゃんに似ていると話題になった理由

6月17日の朝ドラエールの放送後に、佐藤久志少年がチコちゃんみたいだと、ツイッターで話題になっていました。

話題になった理由は、エール放送後の「あさイチ」にあったようで。

近江アナの「ひさしは小さい頃チコちゃんみたいな子供でしたね」というコメントがきっかけのようです。

その他のツイッターの意見でも

久志を例えるのにチコちゃんを選ぶとは… さすがNHKアナ!!!

近江さんの言う通り、確かにチコちゃんみたい(笑)。 今日は笑いすぎて立てない(笑)。

などの声が上がり上手い例えだ、という意見が多く寄せられました。

久志少年のどこがチコちゃんに似ていたの?

幼い頃の久志は、保と恵の恋のキューピットになるのですが。

どんな所がチコちゃんに似ていたのでしょうか?

それは、ズバリなんでも知っているということです。

例えば、久志少年のセリフのひとつに

「ある本に書いてありました。

人は行動することで自分を変えられると。

言い換えれば、人は考えていても自分を変えることはできないということです。

すべては行動です。

まずは食事に誘ってみましょう!」

などと言って、子供とは思えない恋愛指南を示してくれました。

これが近江アナが言っていた

「ひさしは小さい頃チコちゃんみたいな子供でしたね」

という理由でした。

朝ドラエール佐藤久志少年の子役山口太幹についても

佐藤久志の役柄

佐藤久志の役柄は、主人公の古山祐一の小学校の同級生です。

父親が議員さんで、裕福な家庭で育ちます、そのせいか周りとは違う雰囲気を持っていてナルシストっぽい感じもします。

蝶ネクタイがチャームポイントで、逃げ足が速いのが特長。

自分いわく、「危機回避能力に長けている!」のだとか。

後に久志は音と同じ東京の音楽学校に通い歌手を目指します。

祐一・鉄男と共に「福島三羽ガラス」を結成し、今後の日本音楽に影響を与えそうです。

ちなみに、佐藤久志は福島出身の歌手、伊藤久男がモデルで成人した久志役は山崎三郎が演じキザな役柄に拍車がかかります。

子役を演じるのは山口太幹

その久志少年を演じるのは、宮崎県出身の山口太幹(やまぐち たいき)10歳です。

現在は、東京の芸能事務所「アービング」に所属していて事務所には、橋本マナミ・松井珠理奈・奈緒などの芸能人が所属しています。

彼が、小学校1年生の時に福岡で行われた「劇場映画新人子役発掘オーディション」で500人の中から選ばれました。

2018年2月公開の劇場映画「巫女っちゃけん。」で初準主演を務め俳優デビューを果たします。

その「巫女っちゃけん。」では主演の広瀬アリスと共演し、突然神社に現れる口を聞かないイタズラ好きの少年役、健太を演じました。

「巫女っちゃけん。」は2017年のアジアフォーカス・福岡国際映画祭にクロージング作品、また第30回東京国際映画祭に特別招待作品として出展され、俳優陣とともに参加しました。

この時、舞台挨拶なども経験しこの映画出演をキッカケに俳優としての道を目指すことになったそうです。

まとめ

今回、久志少年が

「チコちゃんみたいだ!」

「チコちゃんに似ていいる!」

とツイッターで話題になった理由は、

エール放送後の「あさイチ」 で近江アナの

「ひさしは小さい頃チコちゃんみたいな子供でしたね」

というコメントがきっかけのようで、上手い例えだという声が多く寄せられました。

その久志少年を演じたのは、宮崎県出身の山口太幹(やまぐち たいき)という俳優で、

映画「巫女っちゃけん。」で主演の広瀬アリスらを相手に見事な演技を見せました。

今後の活躍も期待したいですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

PAGE TOP