バックトゥザフューチャー1・2ビフの仲間メンバーまとめ!俳優のその後についても

バックトゥザフューチャー

1985年に全米で公開されてから、今年で35年という月日が経とうとしている「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。略して「BTTF」「BTF」とも呼ばれて大ヒットした映画です。

映画の主題歌となった「パワー・オブ・ラブ」も全米1位を獲得しました。

今回は、そんなバックトゥザフューチャー1・2に登場した個性あふれるビフの仲間たちの紹介そして、演じた俳優のその後についても深堀りしてみました。

最後まで見ていたでければ嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バックトゥザフューチャー1・2ビフの仲間メンバーまとめ!

スキンヘッド(役J・J・コーエン)

スキンヘッドの特長は頭なのですが、スキンヘッドというよりは、坊主頭や短髪に近い髪型ではないでしょうか?

映画の中でもスキンヘッドと呼ばれることはなく、その愛称だけで名前はありません。

写真中央のスキンヘッド役には、J・J・コーエン(ジェフリー・ジェイ・コーエン)という役者さんが演じています。

1965年6月22日生まれで54歳(2020年時点で)です。

J・J・コーエンは1984年の映画「パラダイスモーテル」に初出演し、その後バックトゥザフューチャーのビフの仲間スキンヘッドと有名になります。

その後は、「パシフィックブルー」「Providence」「Almost Famous」 などのドラマに出演していたのですが、2000年以降は出演作がなく、もしかすると俳優はしていないのかもしれません。

3D(役ケイシー・シーマツコ)

当時流行っていた3D映画のメガネをかけているのが3Dです。

この人も3Dという愛称だけで呼ばれていて名前はありません。ずっと3Dメガネをかけているのですが、一度だけ外すシーンがありますので探してみても面白いかもしれません。

3D(スリーディー)役は、ケイシー・シーマツコで1961年3月17日生まれイリノイ州 シカゴ出身の59歳(2020年時点で)です。

ケイシー・シーマツコは「スタンド・バイ・ミー」や「ヤングガン」などの映画に出演しており、その後はテレビ「NYPDブルー」「LAW & ORDER」「ダメージ」などドラマを中心にして活躍しています。

マッチ(役ビリー・ゼイン)

この人の特徴は、よく見ないと分かりませんが、口にいつもマッチ棒をくわえているのでマッチ棒の愛称で呼ばれています。

PART1ではセリフがなくPART2でやっとセリフをもらえた苦労人でがこのビリー・ゼインが三人の中で一番出世しています。

マッチ役はビリー・ゼイン1966年2月24日生まれシカゴ出身の54歳(2020年時点で)です。

バックトゥザフューチャーが映画初デビューでした。

その後、名画「タイタニック」で、レオナルド・ディカプリオの恋敵を演じたことでかなり有名になり。その後もたくさんの映画に出演します、「山猫は眠らない」など出演作品は多数ありますが、なぜかビリー・ゼイン出演している映画は日本で公開される数が少ないです。

ちなみにPART1のカフェテリアのシーンでは、ビリー・ゼインが撮影に参加していないため、スキンヘッド役のコーエンがマッチをくわえています。

最近では「グレート・ウォー」(2019年)「俺たちホームズ&ワトソン」(2018年)などに出演しています。

プライベートでは、モデルのキャンディス・ニールと結婚されており、お子さんが二人いるそうです。

バックトゥザフューチャー2ビフの仲間たちの紹介

ビフの仲間はPART1と同じ

ビフ・ハワード・タネンの仲間はPART1と同じで、マッチ&3D&スキンヘッドです。

次はビフの孫のグリフ・タネンの仲間を紹介します。

グリフ・タネンの仲間

グリフ・タネンは、ビフの孫にあたります。

その仲間は。

データ:俳優(リッキー・ディーン・ローガン)

スパイク:俳優(ダーリーン・ヴォーゲル)

ホワイティー:俳優(ジェイソン・スコット・リー)

です。

データの特長は、胸に着けたプロテクターでそのスイッチを押すとなぜかニワトリの鳴き声がなります。

スパイクはタネンの仲間の中で唯一の女性なのですが言葉も悪く、その性格は男に負けず冷酷です。ちなみに、このスパイクを演じたダーリーン・ヴォーゲルは「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」の女性職員役も演じています。

ホワイティーは、日系人らしくその洋服とホバーボードには日の丸が描かれています。その他にも、この映画には日本にちなんだものが、チラホラ出てきます。

未来のマーティにクビを宣告した人の名前は「イトウ・フジツウ」です。おそらく日本の会社「富士通」から取られたと思われます。

まとめ

今回は、バックトゥザフューチャー1・2に登場した個性あふれるビフの仲間たちの紹介をしました。

中でもマッチ役はビリー・ゼインは名画「タイタニック」で、レオナルド・ディカプリオの恋敵を演じたことでかなり有名になり。その後もたくさんの映画に出演しています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

★こちらもオススメの関連記事↓↓↓

コメント

PAGE TOP