最果てのパラディンの意味・ジャンルは異世界?無職転生に似ている件や設定についても

最果てのパラディン

この記事では、「最果てのパラディンの意味・ジャンルは異世界?無職転生に似ている件や設定についても」といったテーマについて解説していきます。

「最果てのパラディン」というタイトルの名前を聞いたことがある方は多いかもしれませんが、内容を知らない方はジャンルや設定については名前だけでは想像がつかないですよね。

また、最果てのパラディンを読んだことがない方やどのようなジャンルなのか知りたい方は、ぜひ最後までご覧になってみてくださいね。

スポンサーリンク

最果てのパラディンの意味・ジャンルは異世界?

ここでは「最果てのパラディン」のタイトルの意味と、ジャンルについて解説していきます。

最果てのパラディンのタイトルの意味は?

最果てのパラディンという作品のタイトルには、どのような意味があるのでしょうか?

最果てのパラディンのタイトルについて調べた結果、次のようなことがわかりました。

まず、タイトルの中にある「最果て」については、「これより先はない」という意味や「国の中央から最も離れた場所」という意味があります。

作中で主人公が育った場所は、数百年前に人が絶えており誰も住んでいない廃墟の町です。

そのため、タイトルの「最果て」は主人公が育った場所を指していると考えられますね。

次に、タイトルの「パラディン」については、役人や騎士を指すことばであり、ラテン語から派生していることばであることがわかっています。

主人公は親代わりのアンデッドたちに、優しくも厳しく育てられ剣術から魔法、祝祷といったすべての分野でとても高い力を持っています。

そのため、旅が始まる時点で主人公はとても強い戦士になっていました。

また、強い力をもった主人公は今後何かしらの役職に就く可能性もあります。

このため、タイトルの「パラディン」も主人公のことを指しているということがわかりますね。

ジャンルは異世界転生もの

「最果てのパラディン」のジャンルは異世界転生ものなのでしょうか?

これについて結論から言うと、最果てのパラディンのジャンルは異世界転生ものです。

最果てのパラディンの主人公は、前世の記憶がすべてはっきりとあるわけではありませんが、自分がどんな生活をしていたのかについては記憶があります。

その記憶とは、前世に無職で引きこもっており、後悔を抱えながら死んでしまうというものでした。

そのせいか、他の異世界転生もののように、前世の記憶を生かして戦ったり、知識が役にたったりといったことはあまりないようですね。

最果てのパラディンが無職転生に似ている件や設定についても

ここでは、無職転生との共通点や「最果てのパラディン」の設定について解説していきます。

無職転生との共通点

無職転生とは、最果てのパラディンと同じような「転生もの」の作品です。

ここでは、そんな無職転生と最果てのパラディンの共通点を2つ解説していきますね。

まず、共通点の1つ目は、どちらの作品も「引きこもりの男性」が転生しているという点です。

無職転生では、無職で引きこもりの34歳男性がトラックにひかれて事故死してしまった後に、新しい世界に転生しています。

一方、最果てのパラディンでは、前世は家に引きこもりで部屋でモニターをずっと見て過ごしていたこと、小食で偏食だった男性が転生しています。

また、どちらの主人公も前世の後悔から転生した後の世界で勉学に一生懸命取り組んだり、家族を大切にしようという意識を持っています。

このように、転生する前の状況や転生した後に前世での後悔をもとに家族を大切にしようとしているところが似ていましたね。

次に、共通点の2つ目は、どちらも元々はライトノベルだったということです。

無職転生と最果てのパラディンは、どちらも小説投稿サイト「小説家になろう」というサイトに投稿されていたライトノベルです。

そして、ライトノベルで注目を集めた後に漫画化しており無職転生はポスター化、最果てのパラディンはアニメ化の決定する程注目されています。

この2つの作品は、転生ものという設定や主人公の環境、作品が注目されたきっかけまで似ている部分が多かったですね。

最果てのパラディンの設定

ここまで解説してきた最果てのパラディンですが、大まかな設定はどのようになっているのでしょうか?

ここでは最果てのパラディンの設定について簡単に解説していきますね。

まず、最果てのパラディンは先ほどから紹介している通り「異世界ファンタジーもの」で、前世の記憶が残った主人公が前世の後悔を乗り越えて懸命に生きていく物語です。

そして、現代日本から転生した先の世界は、魔法が使うことができることや悪神や神といった人知を超えた存在が身近にあるといった違いがあります。

さらに、最果てのパラディンでは血のつながった親が登場するのではなく、アンデッドが主人公の親代わりとして育てています。

アンデッドが親代わりといった設定は、他にはない設定ですよね。

主人公の親代わりとなっているアンデッドについては、他の記事で解説していますので気になる方はそちらの記事もご覧になってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「最果てのパラディンの意味・ジャンルは異世界?無職転生に似ている件や設定についても」といったテーマについて解説していきました。

最果てのパラディンのタイトルの意味や、設定などについては理解していただけましたか?

最果てのパラディンについて他にも知りたいことがある方は、ぜひ他の記事もご覧になってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメント

PAGE TOP