エール大きくなった華ちゃん役の俳優は古川琴音!経歴や出演作品について

朝ドラ「エール」も後半に差しかかり、日本は戦争に突入します。

そんな中、小さかった華ちゃんも物語が進むにつれてどんどん成長していきました!

幼少期のはなちゃんも可愛かったですが

今回は大きくなった華ちゃん役を演じる女優さんが誰なのか気になったので調べてみました。

ということで小山華(こやま・はな)役を演じる古川琴音(ふるかわ・ことね)さんの

プロフィール・役柄・経歴・出演作品

について調べてみました。

スポンサーリンク

エール大きくなった華ちゃん役の俳優は古川琴音!

 

華ちゃん役は古川琴音

名前:古川琴音(ふるかわ ことね)

生年月日:1996年10月25日

出身地:神奈川県

身長:161cm

星座:さそり座

趣味:散歩

特技:ダンス(バレエ・ヒップホップ)ジブリッシュ

所属事務所:ユマニテ

古川琴音は芸名ではなく本名なんだそうです。

特技に「ジブリッシュ」とあるのですが

調べてみると、「デタラメな言葉ではなし、意味のない言葉を口に出す」

ことだとか!

最近では演技の表現力を向上させるトレーニング法として使われているそうです。

↓↓↓実際にジブリッシュをしている動画がこちら。

その他にも

・気分を切り替えられる

・頭がリフレッシュする

・感性が高まる

などの効果があるそうですが、個人的には

古川さんが「ジブリッシュ」

をしている姿を見てみたいです!^^

大きくなった華ちゃんの役柄

裕一と音の娘。

やりたいことがなかなか見つからず、将来について思い悩んでいる。

とのことで、思春期真っ只中の少女から大人の女性に成長していくのではないでしょうか!?

↓↓↓古川琴音さんのコメント

裕一と音の一人娘という役を頂けて、とても嬉しいです。
現場に入る前に、自分の役が生まれて、周りの人に可愛がられている姿を見るのは不思議な気持ちで、視聴者の皆さんにも既にたくさんの愛情を注いでもらっている役だと実感しています。
これから大人になってゆく華がどんな人生を歩むのか、楽しんで頂けたら幸いです。そして、この作品が多くの方にエールを送ってきたように、私も華を通してエールを送れるよう、エールのバトンをしっかり繋げたいと思います。よろしくお願いします!

引用元:NHK朝ドラエール公式サイト

エール祐一と音の娘小山華役の古川琴音の経歴について

古川琴音の経歴

「ユマニテ」という事務所に所属している古川さんですが

ユマステに所属していた満島ひかりさんが大好きだったらしく

満島ひかりさんと同じ事務所のオーディションを受けて見事しました!

ただ満島ひかりさんは2018年にユマステを辞めてフリーになっています。

「ユマステ」は実力派俳優を育成するクリエイティブなマネージメントが業界からも高く評価されていて

・樋口可南子

・安藤サクラ

・門脇麦

・満島真之介

・東出昌大

などのタレントが所属しています!

 

古川さんのデビューは2018年で

デビュー作は沖縄県沖縄市(コザ)観光PR動画WEB「チムドンドンコザ」です!

歌ありダンスありの楽しいPR動画ですね!

古川琴音の出演作品

2018年 春 (映画)アミ役で出演。

この短編映画「春」は京都国際映画祭2018年クリエーターズ・ファクトリーエンターテイメント映像部門で最優秀賞を受賞しており話題の映画になりました!

 

2018年 部活、好きじゃなきゃダメですか? (ドラマ)小森役

 高校2年生の野球部マネージャー。

常識人だが、急にべらべら自論を話し出す小森役で出演しました。

 

2019年 世界は一人 (舞台)

世界は一人が初舞台の古川でしたが、大物俳優さんの囲まれても遜色ない演技だったそうです!

ホントに凄いですね!

 

2019年 十二人の死にたい子どもたち (映画)ミツエ役

この映画では大ファンのバンドマンを崇拝するゴスロリ少女・ミツエを演じました。

ちなみに「ゴスロリ」とは、ゴシック・アンド・ロリータ の略で、本来異なるゴシックとロリータの要素を結びつけた日本独自のファッションスタイルです。

このメイクだと本人と見分けがつかなくなりそうです^^;

まとめ

今回は大きくなった華ちゃん役を演じる古川琴音(ふるかわ・ことね)さんについて詳しく調べてみました!

今後の展開が楽しみですが、華ちゃんは「竹中 渉」という伊藤あさひさん演じる高校球児に思いを寄せるみたいですね!

二人の恋の行方も楽しみです!

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

コメント

PAGE TOP