【クロスシルエットジム製作記】合わせ目消しや肉抜き穴埋め改造方法について

SDガンダム・クロスシルエットで発売されたジム。

なんと3つの商品を購入しそれぞれのパーツを

抽出して組み立てるという

何とも贅沢な一品でした!(笑)

しかしながら完成したジムは各商品のパーツを

組み合わせているため色がチグハグで残念な感じになっています^^;

また、合わせ目消しや肉抜き穴が多く

改造しないとなんか気持ち悪くなりました。

なので今回は「クロスシルエット・ジム・改造編」

ということでジムの気になる部分の改造をやって行きたいと思います!

スポンサーリンク

「クロスシルエット」ジム製作記【改造編】合わせ目消し

脚部の合わせ目消し

脚部には前後と、ひざの青丸部分に合わせ目があります。

とても目立つ部分なので消していきましょう。

1

 

↓↓↓使うのはタミヤセメント流し込みタイプ!

極細の筆がキャップにセットされており

この筆で合わせ目の隙間に流し込みます。

2

コツは脚部の写真のようにパーツの間に少し隙間あけて流し込むことです。

また隙間は平行にするようにしましょう!

こうすることによって接着剤が均一に流れ込みます。

流し込んだ後にパーツをグッとはめ込むと

↓↓↓写真のように「ムニュ」っと接着面がはみ出してきます

6

接着剤がはみ出した状態で丸一日、乾燥させました。

乾燥させた後、デザインナイフではみ出した部分をカット

↓↓↓ペーパーヤスリで削り完成です!

7

左が成形後、右が成形前です。

ちなみに、膝部分のディティールはガンダムっぽいので削ってジムらしくしました!

頭部の合わせ目消し

↓↓↓頭部も青丸の部分に合わせ目がありますので消していきましょう!

接着剤を流し込みパーツをはめ込んで「ムニュ」としてあります!

8

赤丸で囲んだ部分はパーティングラインといって

金型で形成した際にどうしても出てしまいます。

↓↓↓このラインが残っているとおもちゃ感が出てしまうのでヤスリで削ります。

1

合わせ目とパーティングラインがキレイになくなりました。

「クロスシルエット」ジム製作記【改造編】肉抜き穴埋め

肉抜きパーツの抽出

SDガンダム全般ですが、肉抜き穴が多いですね〜^^;

手・足裏・ビーム・スプレーガン・ビームサーベル

を抽出しました!

8

ビーム・スプレーガンは特に目立ちますのでしっかり肉抜き穴を埋めていきましょう!

肉埋作業・パーツの成形

↓↓↓使うのはタミヤ・エポキシ造形パテ(速硬化タイプ)です。

白と黄色のパテを同量ハサミで切り練り合わせます。

とてもベタベタして手に付きやすいので

手袋をして練り合わせることをおすすめします!

20℃〜25℃で約6時間で完全に硬化します。

↓↓↓実際に肉抜きパーツに盛ってみました。

粘土みたいに簡単に出来そうですが

手に貼り付いて意外と大変です!

コツを掴むまで時間がかかりました。

 

↓↓↓乾燥して硬化したらデサインナイフである程度成形します。

その後は、ヤスリの400番で削り整えていきます。

 

↓↓↓キレイに肉抜き穴を埋めることができました!

この作業はかなり大変で3〜4時間くらいかかりました^^;

根気のある方は挑戦してみては!?

「クロスシルエット」ジム製作記【改造編】その他改修

バックパックの改修

ジム用のバックパック(ピンク色)はサーベルとバックパックが一体化しています。

サーベルが脱着出来るように、カンダムのバックパックを使ってジム仕様に改修していきます!

ジムは量産機なのでビームサーベルが1つしか付いていません。経費削減でしょうか?^^;

 

↓↓↓ビームサーベルとサヤの部分をカットしました!

カットしたサヤの部分を加工してフタをして接着します。

 

↓↓↓完成品がこちら純正のジムのバックパックとの比較です。

これでビームサーベルの脱着が可能になり、塗装時の色分けも可能になります!

また、サヤの部分でフタをすることによってパーツの情報量も増えます。

脚部の後ハメ処理

脚部は内部フレームと色分けして塗装したいので後ハメ処理を行いました。

↓↓↓赤丸の部分をカットすることによって後ハメ加工が可能になります!

モールドの彫り直し

BMCタガネを使ってモールドの彫り直しを行います。

↓↓↓使ったのは0,15mmのタガネです!

この作業をすることによって塗装後のスミ入れがとてもキレイに、そして楽に入ります。

コツは最初にかる~く、優しく引いてその後に何度か削ると上手くモールドを掘ることができます。

まとめ・完成

今回は「クロスシルエット」ジム製作記【改造編】

というこで合わせ目消し・肉抜き穴埋め・その他改修を行いました!

↓↓↓完成品を仮組みしてみました。

ビーム・スプレーガンの残念な肉抜き穴も埋めてあります!

 

頭部の合わせ目もキレイになくなっています。

 

手のパーツと足裏のパーツもしっかり肉埋しました。

この作業が一番大変でしたね!

最近は使いやすいパテもあるみたいなので色々試してみたいと思います!

 

ふくらはぎの合わせ目もキレイになくなりました!

合わせ目消しを少しハードルが高いと思われている方も多いようです。

しかし、やってみると以外に簡単で楽しいです!

やろうか迷っている人は、ぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか?^^

というわけで今回はここまでとします。

次回はパーツの表面処理を行い、塗装に入っていきます!

最後までご覧頂きありがとうございました。

↓↓↓こちらもオススメ!!!

コメント

PAGE TOP