王様ランキングダイダの体でボッスが復活した目的は?理由と過去についても

この記事では「王様ランキングダイダの体でボッスが復活?目的や過去についても」といったテーマについて解説していきたいと思います。

王様ランキングは現在、累計発行部数130万部を突破している人気の漫画なので知っている方や気になっている方も多いかと思います。

そんな人気の「王様ランキング」についてこの記事では、ボッス王国の国王「ボッス」について解説していきますので、気になる方はぜひ最後までご覧になってみてくださいね。

スポンサーリンク

王様ランキングダイダの体でボッスが復活?

ここではボッスの死因と、息子ダイダの体を使って復活したことについて解説していきます。

ボッス王は死亡する

王様ランキングに登場するボッス王は、死亡してしまうのでしょうか?

この疑問について、結論を言うとボッス王は作中で死亡してしまいます。

しかし、そもそもボッス王とはどのような登場人物なのでしょうか?

ボッス王の死について紹介する前に簡単にボッス王について解説しておきますね。

ボッス王とは王様ランキングの主人公である「ボッジ」の父親であり巨人族の戦士で、ボッス王国を1代で築き上げた初代国王です。

そんな、すさまじい力を持っているボッス王ですが、なぜ死んでしまったのでしょうか?

ボッス王が死んでしまった理由には、ボッス王が過去に行ったある「契約」が理由にあったことがわかっています。

ボッス王は、若い時に魔神に力を求め、力と引き換えに自らの寿命を差し出します。

これによってボッス王はすさまじい力を手に入れますが、寿命を差し出してしまったため、作中でボッジを次の国王にすることを告げて早くに死んでしまいます。

とても大きな力を持っているボッス王が、契約の副作用で死んでしまうというのはすこし意外でしたね。

なぜダイダの体で復活?理由は?

先ほどボッスが過去に行った契約によって命を落としたことについて解説しましたが、そんなボッスは息子であるダイダの体を乗っ取り復活することがわかっています。

では、どのようにしてボッスは蘇ることができたのでしょうか?

これは、ボッスが若いころから関りがあった登場人物「ミランジョ」が深く関係しています。

先ほどの解説の中でボッス王は魔神と契約したとありましたが、ボッスに魔神を紹介した人物がミランジョということになります。

ミランジョはボッスが力を引き換えに、寿命を差し出したことを知っていたため、ボッスが早く死んでしまうことはわかっていました。

そこで、ミランジョはボッスが生きている時からボッスを生き返らせるために動いていました。

ミランジョは1人しか子どもを生めないシーナ王妃(ボッスの1人目の妻)を子どもを生んだ後に殺害し、ヒリング王妃(ボッスの2人目の妻)と再婚させ2人目の子どもを産ませました。

そして、ボッスが死んだあと、ミランジョはダイダにボッス復活のための秘薬を飲ませます。

秘薬を飲んだダイダはボッスに体を乗っ取られてしまい、事実上ボッスが復活したことになります。

しかし、ここで復活のための秘薬をボッジに飲ませれば、シーナ王妃を暗殺をして他の女性と結婚させる必要はなかったのではないのか?

と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

これについては、先ほど紹介した「契約」に関係があります。

ボッス王は契約の中で自らの寿命の他に、のちに生まれる子どもの力も差し出していました。

そのため、ボッジは強いボッスの息子でありながら小柄で短剣も持てない程の弱さでした。

このように、1人目の息子であるボッジが極端に弱いことがわかっていたため、ミランジョは強い器を求めてシーナ王妃を暗殺しヒリング王妃に子どもを産ませたことになります。

ボッスが復活までの経緯は、このように少し複雑で暗殺などの怖いものもありましたね。

ボッス王復活の目的や理由は?

ここでは、ボッスの目的や過去について解説していきます。

ボッス王復活の目的や理由

ボッスの復活までには複雑な経緯や犠牲があったことがわかりましたが、ボッスがそこまでして復活した目的は何だったのでしょうか?

これについて結論を言うと、ボッス自身には復活の理由は特にありませんでした。

なぜなら、ボッスの復活を誰よりも望んでいたのは、ミランジョだったからです。

しかし、生き返る目的が特になかったボッスでしたが悪役のような立ち振る舞いをしながら王国やヒリング王妃、ボッジを守るように動きます。

ミランジョの計画によって復活したボッス王でしたが、個人的な考えを述べさせて頂くとボッスは「ボッス王国のすべての人を守りたかった」のではないでしょうか?

特にミランジョとの業は深く、彼女のことを最後はダイダに託しました。

ミランジョを最後まで守り、ボッス王国のすべての人々の幸せを願っていたのがボッスの目的や理由だったと考えられます。

最終的にはボッジと戦い敗れたことで魂になってあの世に行きます。

ボッスには生き返る目的は特になかったようでしたが、生き返った後には王国やボッジのために行動していた素晴らしい父親でしたね。

ボッスの過去

ボッスの過去については先ほどまでの解説の中で少しづつ紹介しましたが、ここではボッスの過去についてもう少し詳しく解説します。

ボッスは若いころ、強くなるために修行をしていました(修行の途中でミランジョと出会う)。

そして、自分の力を試すためにチャビ神という神々の一人と対決することになりますが、完敗してしまいます。

戦いに完敗してしまったことで己の力の限界を感じて絶望しますが、ここで先ほど紹介した魔神との契約を行います。

この契約によってボッス王は「強さだけなら1位」といわれる程の力を手に入れ、完敗しているチャビ王を倒すことに成功します。

ここでボッス王が、自分の寿命だけでなく子どもの力を差し出したことに関しては、良くないと思うかもしれません。

しかし、これを見るとボッス王の過去はとても力に執着していたことがわかりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では「王様ランキングダイダの体でボッスが復活?目的や過去についても」といったテーマについて解説していきました。

王様ランキングについては、他のテーマについて解説している記事もあります。

王様ランキングに興味がある方や詳しく知りたい方は、ぜひそちらもご覧になってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

PAGE TOP