オリエント黒曜の女神とは?前の器は小次郎の父自斎?

オリエント

鬼を倒す武士を描いた人気漫画「オリエント」。

そんな、オリエントでは黒曜の女神といった不思議な存在がたびたび現れるのですが、黒曜の女神とはいったい何なのでしょうか?

また、前の器は小次郎の自斎(じさい)だという情報がありますが、これはどういうことなのでしょうか?

オリエントの黒曜の女神について、興味がある方はぜひ最後までご覧になってみてくださいね。

スポンサーリンク

オリエント黒曜の女神とは?

ここでは黒曜の女神とは何なのか?また目的や能力について解説していきます。

黒曜の女神とは?

オリエントにたびたび登場する黒曜の女神とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

黒曜の女神については、刀神と呼ばれる鬼鉄刀を操ることができる存在であることがわかっています。

神とつくほどなので、何かの神様なのか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、黒曜の女神は神様ではなく過去に実在していた人間の女性でした。

黒曜の女神は昔、人間を襲う鬼に対して、反撃するすべがなかったときに突然現れて、鬼に対抗することができる鬼鉄刀を人間に与えていました。

そのため、黒曜の女神は神ではないものの人類を救った人物であることがわかりますね。

しかし、そんな黒曜の女神も人間であったため、最終的には死んでしまうことになってしまいます。

死んでしまった後は、黒曜の女神は体を持たないものですが、人間の体に宿り、体の中で眠っていたようです。

そして、黒曜の女神は主人公である武蔵の体に宿って眠っていたようですね。

黒曜の女神の目的と能力

 

死んでもなお、人間の体に宿っている黒曜の女神の目的はいったい何なのでしょうか?

また、黒曜の女神はどのような能力を持っているのでしょうか?

まず、黒曜の女神の目的については、鬼神に打ち勝つということが目的であるということがわかています。

鬼神は、とても大きな力を持っている鬼であるため、実力のある武士に宿って力を与えようとしたのかもしれませんね。

次に、黒曜の女神の能力については、主に2つあることがわかっています。

1つ目の能力は、光や音を止めることができるといった能力です。

また、黒曜の女神は時間求めることもできるため、とても強力な能力を持っていることがわかりますね。

2つ目の能力は、刀気を引き寄せるといった能力です。

これは、他のものの鬼鉄刀を奪うことができる能力になるので、こちらの能力も強力であることがわかりますね。

「黒曜の女神」前の器は小次郎の父自斎?

ここでは黒曜の女神の器の解説、そして前の器は小次郎の父自斎だったのか?見ていきましょう。

黒曜の女神の器とは?

黒曜の女神の器とは、何なのでしょうか?

これについては、黒曜の女神が宿っている人間のことを指しているということがわかっています。

オリエントでは、主人公の武蔵のことであるということがわかりますね。

現在は、武蔵の体に宿っているのですが、黒曜の女神は宿っている人間が死ぬと他の武士の体に移り変わるということになるんですね。

移り変わるということが本当であるならば、黒曜の女神は武蔵の前にも宿っていた人間がいたことになりますよね。

では、武蔵の前に黒曜の女神が宿っていた人間はいったい誰なのでしょうか?

これについては、次のテーマで解説していきますね。

前の器は小次郎の父自斎?

黒曜の女神が武蔵の前に宿っていた人物は、武蔵の親友、小次郎の父親である自斎である可能性が高いといわれています。

自斎とは、武蔵が子どものころから仲良くしている小次郎の父親で、武士であった人物です。

この時代には、武士は周りの人間から嫌われているような存在だったのですが、武蔵は小次郎の家族と仲良くしていたようなので、かかわりがあったようですね。

小次郎の父親は、武士の血を受け継いでいる人物で、武蔵の両親が亡くなった後には、武蔵を引き取った恩人でもある人物ですね。

オリエントでは、武蔵の体の中で眠っていた黒曜の女神が覚醒し、武蔵と会話をする場面があるのですが、その会話ではこのようなことを言っています。

「自斎はあの時志半ばで殺されてしまった」

と言っています。

この話を見た方からは、「黒曜の女神が自斎の体の中にいて、自斎のことを見ていたのではないか?」というように言われていたんですね。

また、「目に搔き傷がある人物が黒曜の女神を持ち出した」という発言も作中で見られていたため、自斎が黒曜の女神の器だと言われているようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、オリエントの黒曜の女神や前の器が小次郎の父親の自斎なのか?といったテーマについて解説していきました。

・黒曜の女神は昔に実在していた人間

・黒曜の女神は人間に鬼に対抗する力を与えた存在

・黒曜の女神は死んだ後も人間の体に宿っている

・黒曜の女神の目的は鬼神を倒すこと

・黒曜の女神の能力は、光や時間を止めたり、刀気を集めることができること

・黒曜の器とは、黒曜の女神が宿っている人間のこと

・武蔵の前の黒曜の器は、小次郎の父親である自斎である可能性が高い

オリエントについては、他の記事でも解説していますので、興味がある方はぜひ他の記事もご覧になってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
オリエント
スポンサーリンク
あなたにおすすめ

なっちゃんをフォローする
なっちゃんのブログ

コメント

PAGE TOP