エール歌の先生のベルトーマス羽生役の女優は広岡由里子!経歴や出演作品についても

朝ドラ「エール」では祐一が慰問先のビルマから戻って来ました。

祐一は戦場で沢山の人が死んでいくのを目の当たりにし、音楽活動を再開できずにいました。

一方、音は音楽で祐一を支えるしかないと、再び歌の練習始めます。

そこで登場する歌の先生ベルトーマス羽生(はにゅう)の女優さんが気になったので調べてみました!

今回はベルトーマス羽生を演じる広岡由里子さんについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エール歌の先生のベルトーマス羽生役の女優は広岡由里子!

音の音楽の先生、ベルトーマス羽生!

名前からして、なにか癖のある感がしますが俳優と役柄はどうなっているのでしょう?

ベルトーマス羽生役の俳優は広岡由里子

名前:広岡由里子(ひろおか・ゆりこ)

生年月日:1965年5月31日

出身地:千葉県

身長:154cm

血液型:A型

星座:ふたご座

職業:女優

趣味:ボディーボード・テニス・登山・ウクレレ

特技:日本舞踊・フラダンス・テニス

ベルトーマス羽生の役柄

歌の練習を再開した音の先生で音にオーディションを受けるように勧めます。

バンブーの常連客で実は御手洗ミュージックティーチャーのお友達だそうです!

今後、音は歌のトレーニングを続け、オーディションを受けることになりそうですね。

もしかするとオーディションで音楽学校時代の良きライバル、夏目千鶴子と再開するかもしれません!?

千鶴子はアメリカの音楽大学に留学したはずですが、今後はどんな二人の関係が描かれるのか楽しみです。

広岡由里子の経歴や出演作品についても

広岡さんの経歴と出演作品ですが、舞台を中心にテレビドラマや映画でも活躍されているようです。

広岡由里子の経歴

1987年に劇団東京乾電池に入団し、女優としての道を進みます。

劇団東京乾電池は1987年に座長の柄本明とベンガル、綾田俊樹の3人によって旗揚げされた有名劇団です。

1999年に退団するまで、全ての定期公演に出演していた広岡さんは、劇団東京乾電池の看板女優と言える活躍をしていました。

現在も、座長の柄本明と同じ芸能事務所ノックアウトに所属しています。

広岡由里子の出演作品

NHK朝ドラ「半分、青い」

永野芽衣さんが主演、片耳が聞こえない少女が夢を追いかけていく姿を描いたドラマです。

広岡さんは主人公の幼少期のクラスメイト「ブッチャー」の母親を演じました。

その他にもNHKの朝ドラには「まんてん」「つばさ」にも出演されています。

 

ドラマ「相棒」

シーズン9の12話「招かれざる客」に出演、ホテルの元従業員・桑原修子役を演じました。

 

映画「家族はつらいよ」

脇役での出演ですが、夏川結衣さんとのやり取りなど重要なシーンに起用されています。

 

映画「母と暮せば」

 

舞台「川のほとりで3賢人」

 多摩川の河川敷 ホームレスの男を訪ねる福祉課の女。

行き場のない男2人と 謎の女が川辺で繰り広げる 哀しくもおかしな物語です。

綾田俊樹さん、ベンガルさん、 広岡由里子さん この3人のやりとりが絶妙です。

まとめ

今回はベルトーマス羽生を演じる広岡由里子さんについて詳しく調べてみました。

舞台経験の多いベテラン女優さんで実力はで素晴しい演技をされる方でした。

音の歌の先生ということで、どんな演技をしてくれるのか非常に楽しみです!

また、御手洗ミュージックティーチャーとお友達ということでどんな絡みをみせてくれるのでしょうか!?

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

PAGE TOP