エール従軍記者の大倉憲三役の俳優は片桐仁!経歴や出演作品について

朝ドラ「エール」で、とうとう祐一にも「召集令状」が届いてしまいました。

これから出征することになるのでしょうか!?

祐一は戦地ビルマで従軍記者の大倉憲三という男に出会ます。

大倉は藤堂先生が同地の駐屯地にいることを教えてるのですが…..

そして後に甲子園の大会歌「栄冠は君に輝く」誕生に深く関わることになります!

今回は従軍記者の大倉憲三役を演じるの俳優さんが誰なのか気になったので調べてみました!

ということで大倉憲三役を演じる片桐仁(かたぎり・じん)さんのプロフィール・役柄・経歴・出演作品

について調べてみました。

スポンサーリンク

エール従軍記者の大倉憲三役の俳優と役柄は?

大倉憲三役の俳優は片桐仁

名前:片桐仁(かたぎり・じん)

生年月日:1973年11月27日

出身地:埼玉県南埼玉

高校:埼玉県春日部高等学校

専門学校:多摩美術大学卒業

身長:176cm

血液型:B型

星座:いて座

職業:お笑いタレント・俳優・声優・彫刻家

配偶者:村山ゆき(元モデル・タレント)

趣味:ガンダム・ガンプラ・パトレイバー・粘土

片桐さんといえば「ラーメンズ」というお笑いコンビを相方の小林賢太郎さんと組んでいます。

結成は大学生時代です。

1999年のNHK爆笑オンエアバトルに第1回から参加をしており知名度を上げました。

ですがラーメンズとしての舞台本公演は2009年を最後に行われておらず事実上は活動休止中です。

奥さんの村山ゆきさんとは当時、同じ芸能事務所に所属していました。

馴れ初めはラーメンズの公演を観に行き、挨拶がてら楽屋によって片桐さんに出会い片桐さんが一目惚れしたそうです!

大倉憲三の役柄

従軍記者で裕一と戦地で出会います。

戦後、全国高校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」の作曲を祐一に依頼します。

片桐仁さんのコメント

後半になって登場する役なので、とても緊張しながらスタジオに入ったのですが、窪田さんや二階堂さん始め、スタッフの皆さんがとても自然体で受け入れてくださって、すんなりとその世界に入ることが出来ました! 窪田さんと一緒に行った野球場のロケは暑かったけど、「ついにあの歌が誕生する!」というシーンは感動してしまいました!
素晴らしい作品に関わることができて幸せでした!オンエアが楽しみ!!

野球場のロケがあったんですね!

そういえば窪田さんが甲子園じゃないけど打席に立ってエールのお知らせしてましたよね。

その時ですかね!?

エール従軍記者の大倉憲三役を演じる片桐仁の経歴について

片桐仁の経歴

多摩美術大学在学中に小林賢太郎と共にコントユニット「ラーメンズ」を結成しました。

以後舞台を中心にテレビ、ラジオなど、様々な分野で活動しています。

代表作は、舞台「ダブリンの鐘つきカビ人間」「BOB」映画「UDON」などです。

俳優業のかたわら、1999年より粘土を用いた造形作家としても活躍しています。

2013年4月に渋谷パルコにて個展を開催、18日間で1万3000人を動員。

彫刻家やアーティストとして2016年NHK「にっぽんの芸能」に出演しました。

現在NHK Eテレ「シャキーン」、TBSラジオ「エレ片のコント太郎」にレギュラー出演中。

片桐仁の出演作品

2005年に舞台「ダブリンの鐘つきカビ人間」に主演。

カビ人間役で出演。

 

2006年映画「UDON」

三島憲治郎役で出演。

 

2010年堀辰雄原作映画「聖家族 大和路」で主演。

河野扁理役。

2010年NHKドラマ「ゲゲゲの女房」

貧乏神 / 大蔵省の男 / 只野 役

 

2014年「玉川区役所 OF THE DEAD」

田之倉圭 役

 

2016年「99.9 刑事専門弁護士」

明石達也役で出演、松本潤さんと共演しました!

松本さんの相方役を演じ、このドラマで俳優の地位を完全に確立しました。

 

2016年映画「アイアムアヒーロー」

個性的な役の中田コロリ役を演じました。

 

2017年には2006年に自身が主演した舞台の映画化「泥棒役者」

 ユーチューバーの高梨仁役で出演しました。

 

2008年からはNHK Eテレの教育番組「シャキーン!」にて

 ジュモクさんの声を担当しています。

片桐さんの声だったんですね!知らなかった^^;

まとめ

今回は従軍記者の大倉憲三役を演じる片桐仁さんについて詳しく調べてみました。

コメディアン・俳優・声優また粘土造形作家として活動するなど、マルチな才能を発揮している片桐さんでした。

今後、裕一とは戦地で出会います。

そして戦後、全国高校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」の誕生に関わることになるのですが、どのようにしてこの名曲が生まれたのか放送が待ち遠しいですね!

最後までご覧いただきあがとうございました。

 

コメント

PAGE TOP