ドラマ「いとしのニーナ」主人公の外山厚志の役は岡田健史!役柄や芸能活動の経歴について

ニーナ

2020年5月18日よりFODにて配信されているドラマ「いとしのニーナ」。

原作は、漫画家・いくえみ綾の「いとしのニーナ」(幻冬舎コミックス刊)を実写化したドラマです。

FODでは今作を春から、全8話の連続ドラマとして配信しています。

このドラマは、幼なじみが起こした拉致事件をきっかけに憧れの美少女・ニーナのボディーガードをすることになった高校生・外山厚志(とやま・あつし)の不器用だが純粋でまっすぐなラブストーリーです。

今回は、「いとしのニーナ」主人公の外山厚志の役柄と演じる岡田健史の経歴について深堀りしてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「いとしのニーナ」主人公の外山厚志の役は岡田健史!

「いとしのニーナ」あらすじ

ある日突然、幼なじみで親友のマサから、

「青田新名を拉致った」と告げられた厚志。

通称ニーナは、マサが通学電車の中で一目惚れした他校の女の子。

にわかには信じがたい厚志でしたがマサのアパートへ行くと、そのニーナが拘束されていました。

とっさに厚志は、ニーナを連れてアパートから逃げ出します。

主人公の外山厚志の役は岡田健史!

主人公の外山厚志の役を演じるのは岡田健史です。

外山厚志の役柄は、普通のヘタレな高校1年生。

しかし、自称がんばってるヘタレで愛称は「あっつ」。

幼なじみが起こした拉致事件がきっかけで、憧れの美少女・ニーナのボディーガードをすることになります。

その性格は不器用なのですが、恋愛にまっすぐな高校生です。

やがてニーナが、心から笑うところを見たいと思うようになり。

そして自分がニーナのことを好きになっていることに気付き、やがて二人は付き合うようになります。

ドラマ「いとしのニーナ」岡田健史の役柄や芸能活動の経歴について

岡田健史のプロフィール

名前:岡田 健史(おかだ けんし)

本名:水上恒司(みずかみ こうし)

生年月日:1999年5月12日

出身地:福岡

高校:創成館高等学校(長崎県諫早市)

身長:180cm

血液型:O型

星座:おうし座

趣味:筋トレ・映画鑑賞・絵を書くこと・写真を撮ること・ジブリ鑑賞

特技:野球

好きな食べ物:ラーメン

所属事務所:スウィートパワー

小学2年生で野球を始め、中学・高校と野球に没頭していた生粋の野球男子でした。

出身高校は長崎にある野球の強豪校で知られる創成館に入学、ポジションはキャッチャーとして活躍していたそうです。

ユニフォーム姿がとってもかっこいいです!

中学1年生の冬に初めて芸能事務所からスカウトされたそうです。

以降、5年に渡ってスカウトを受けていたそうですが、甲子園を目指し野球に没頭していたため断り続けていました。

岡田健史の芸能活動の経歴

高校卒業後は社会人野球に進もうと考えていたそうです。

しかし所属事務所からの熱烈なスカウトを受けて芸能界に入りました。

2018年のTVドラマ「中学聖日記」で、主人公(有村架純)の相手役として俳優デビューを果たします。

教師と恋に落ちる中学生役で、一躍注目されました。

このドラマで「週刊ザテレビジョン」が主催する、第99回ドラマアカデミー賞、助演男優賞を受賞しました。

その後、2019年に福岡放送開局50周年記念スペシャルドラマ「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」に初主演。

CM・広告に武田コンシューマーヘルスケア「アリナミンMEDICAL Balance」広告キャラクター、イオングループ「イオンのほけん相談」CMキャラクターがあります。

まとめ

今回は、「いとしのニーナ」主人公の外山厚志の役柄と演じる岡田健史の経歴について深堀りしてみました。

外山厚志はフツーのヘタレな高校1年生で、その性格は不器用でまっすぐな役柄でした。

しかし、演じる岡田健史さんは元高校球児で取材現場に現れると深々と一礼をするなどと礼儀正しい青年です。

今後の活躍も期待したいですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

PAGE TOP