ファブリーズナチュリス最新CMの女性・女優は仁村紗和!出演作品や太い眉毛の理由も

ファブリーズナチュリスの新CMが公開されています。

中に浮かびながらファブリーズをするキレイな女優さんは誰なのでしょう?

今回は「ただいまのナチュリス」篇30秒のCMに出演されている女性を紹介します。

CMに出演されているのは女優の仁村紗和(にむら・さわ)さんです。

太い眉毛が特徴的な見た目ですが、美人ということで話題になっています。

映画やドラマに多数出演されていますが、どういった経歴があるのか気になったので調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファブリーズナチュリス最新CMの女性は仁村紗和!

まずは、ファブリーズナチュリス新CMと仁村紗和さんのプロフィールを見ていきましょう。

ファブリーズナチュリスの最新CM

↓↓↓ファブリーズナチュリスの新CMがこちら!

100%自然由来の香り「ファブリーズ ナチュリス」シリーズ。

ナチュラル志向の女性たちのために開発し、誕生したのが「ファブリーズ ナチュリス」です。

香りは4種類あります。

特徴としては100%自然由来の香りのみを使用しています。

また、植物由来の消臭成分でしっかり消臭、ファブリーズの除菌力もそのままでお部屋のインテリアに溶け込む洗練されたパッケージになっています。

仁村紗和のプロフィール

名前:仁村 紗和(にむら・さわ)

生年月日:1994年10月13日(26歳)

出身:大阪府

血液型:O型

職業:女優・モデル

身長・体重:164cm・45kg

スリーサイズ:B77・W58・H82cm

靴のサイズ:25cm

趣味:カメラ・映画鑑賞・音楽鑑賞・ダンス

特技:ダンス(POP・LOCK・JAZZ)

得意なスポーツ:バスケットボール、バドミントン

大阪府出身の仁村紗和はモデルを経て高校卒業後に上京し、2014年に芸能界入りを果たします。

デビュー前には芸能事務所20社以上からスカウトされた伝説があります。

知名度はあまり高くありませんがデビュー以降、2年間で15社のCMに出演しています

東京急行電鉄のイメージキャラクターを長らく務めるなど、所属事務所サンミュージックから「安達祐実以来の本格派」と呼ばれています。

仁村紗和の太い眉毛の理由と女優の経歴についても

最近では太い眉毛の女性が増えて来ています。

芸能人でも、堀田茜さん・剛力彩芽さん・満島ひかりさんなどの有名人も太めの眉毛です。

仁村紗和の太い眉毛の理由

仁村さんの太い眉毛の理由ですが、昔は眉毛が濃いことをコンプレックスだったそうです。

小さい頃、友達によくいじられたそうで「太いよね〜」と、からかわれた経験があるのだとか。

昔は細い眉毛が流行っていたので剃っていたそうですが、本人は特にチャームポイントにしているつもりはないそうです。

しかし、自分でも生命力を感じるし、そういう部分も大事かなと思っているようで、周りからも「絶対に剃らないほうがいい」と言われているようです。

また、事務所からも「眉毛を自分で触らないで」と言われているんだそうです。

ナチュラルな眉毛が流行っていることもありますし、眉毛があった方が個性も出ますし彼女の雰囲気がより魅力的に映るといった理由なんでしょうね。

仁村紗和の女優経歴

2014年 NHK高校講座「ロンリのちから」

映像部の生徒役で出演しました。

 

2016年 映画「無伴奏」

成海璃子さん演じる響子の友人役ジュリーで映画初出演を果たしました。

 

2016年 テレビ「明日もきっと君に恋をする。」

新田真剣佑さんと共演、主人公のゆきを演じました。

 

2017年「BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~」

 比嘉ミカの同僚、福地景子役で出演しました。

 

舞台「エレクトラ」

高畑充希、白石加代子と初舞台共演に末妹クリュソテミスとして出演しました。

 

2016年 ドラマ「#声だけ天使」

AbemaTVで“陰”のあるヒロイン・安西さくら役を演じました。

 

映画「巫女っちゃけん。」

物語で広瀬アリスに「ブス!」と言われる巫女役で出演しました。

 

2020年NHK朝ドラ「おちょやん」

 芝居茶屋「岡安」で働くお茶子の節子役で出演しています。

まとめ

今回は、ファブリーズナチュリスの新CM「ただいまのナチュリス」篇に出演されている仁村紗和さんを紹介しました。

太い眉毛が特徴的な仁村さんですが、モデルを経て高校卒業後に上京し、芸能界入りを果たしますがデビュー前には芸能事務所20社以上からスカウトされた伝説がありました。

デビュー以降、2年間で15社のCMに出演されていて

所属事務所からは「安達祐実以来の本格派」と呼ばれていました。

今後も彼女の魅力的な眉毛で活動を続けていってほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

PAGE TOP